命名

テーマ:



心はいつも SUNNY MARK-mucar


名前  : シローラモ


由来 ・ 白いから

      ・ temperの誕生日がジローラモと一緒だから


車種  : カローラルミオン(1.8s エアロツアラー)


運転者: temper


助手席: 募集中


納車日: 今日(12/20)


金額  : かなり高い


財布の中: かなりイタイ


俺の頭 : かなりイタイ









以上になります

AD

シューティングスター

テーマ:
今、仕事帰りです。

ドンマイ俺。

でも嬉しいことが1つ。

道中、クロ彦にまたがりトロトロ夜道を走っていると、一筋の流れ星。

慌てて心の中で
『結婚出来ますyoaquAひでぶmenheraちゃwegjwmdw』
…。

まぁ、願い事3回なんて土台無理です(笑)

それを見越して、昔の人はこんなジンクスを作ったのかもしれませんね。

自分の中で無理だと分かっているから、でも、叶えたい願いがあるから、星に想いを託したのでしょう。

素敵です、えいしゃんとぴーぽー。

ちょっと方向転換。

我がねぐら、ではなく河川敷へ。

寝転がると空に瞬く無数の星星。

そして流れるたくさんの星屑。

今日はオリオン座流星群が本当によく見えます。

虫の音が心地よいです。

この肌寒さが眠気を吹き飛ばし、澄んだ空気が星をより一層瞬かせてます。


それにしても、『星屑』なんてどこの誰が命名したんでしょう?

屑と呼ぶには余りにも綺麗です。

『流れ星』…なんと捻りのない言葉でしょう?

いや、宇宙規模で考えれば、あれはあれで間違いなく屑ではあるけれど、弾丸のように撃ち抜く星(shooting star)と捉えた英語圏の某さんに比べれば、『flow』として例えた日本人は幾分か風流なのかしらん?

だけど天の川に挙げられるように、日本人は風土柄、夜空を水(川)と密接なものとして考えていたのであれば、これは決して言葉の由来として不思議なものではないのかもしれませんね。

でもどうでしょう?

『流れる』にしては何ぶん短い。

肉眼ではホンの一瞬。

呆気ない程一瞬です。

そしてとても儚い。

これからは『儚星(はかなぼし)』、等と読んではどうでしょう?

ちょっと、おセンチで素敵ではないですか?

どうやら、わたくしの心も幾分おセンチの様です。

朝になって読み返せば、きっと赤面ものなのでしょうが、せっかくなので日記として上げてみました。





あなたに幸あれ



☆ミ









以上になります。
AD

タンコブ

テーマ:
仕事中の話。




座って雑務



俺:ちょっと休憩しよかな



立ち上がる



ん???



目の前ぐにゃ~



を!?



ドンガラガッシャーン!!





約10秒後





先輩ポカーン…
(゜_゜)…



俺ポカーン…
(゜_゜)??



俺『え?』



先輩一同「え??」



俺『んん~?』



先輩一同「え~~!(汗)」



俺『はい???』



先輩一同「いやいやいや(汗)」



俺『おぉ!?』



自分の視線が急に低くなったことに気付く



後頭部が若干痛いことに気付く



先輩A「大丈夫か!?」



先輩B「アッハッハッハ」



俺『へ???』



徐々に状況把握



~以上回想終わり~



つまりどうなったかってぇと…
ぶっ倒れました(笑)


自分でもよくわからんうちに
床にへたってました
(´Д`)


倒れた瞬間は余り覚えておらず、
後ろの方で大袈裟な音がしてるのを
確認できたくらい。

あとはよく覚えてません。

気付いたら目の前で呆然とする先輩方。

本当に、何が起きたのかサッパリ。


笑ってる先輩もいたけれど(笑)

約10秒くらいはみんな
(o・v・o)?
↑こんな顔してたらしい(笑)

んで、俺はと言うと、
後頭部にタンコブできてました。

タンコブって響きも懐かしいくらい
久しぶりにタンコブなんて作ってしまった(笑)

正直ビックラこいた!!
(゜_゜)

明日はガッカリ仕事だ!

日が変わる前に帰れますように♪







以上になります。
AD

たいふー

テーマ:
近づいてますね~。

直撃しそうっすね~。

でも仕事は関係なくあるんですね~。


でもでも風、強くなってきて…











テwンwシwョwンw上wがwっwてwきwたwwwwwwww









以上になります。

頭文字K

テーマ:
どうも僕です。

今日は彦根に来てます。

ある施設である運動会のお手伝いです。

タダ昼飯に釣られ、
豪華なディナーが食べられる程の
運賃出して滋賀まできました。

あれ…あれれれ??

さて、タイトルは昨日のお話についてです。

まぁ、分かる人は分かると思うけれど、
イニシャル・ナントカをモジってます。



※以下、変態成分が含まれております。十分にお気をつけ下さい。


♪挿入歌『around the world』m.o.v.e♪


滋賀に用があったから鞍掛峠を攻めてみたぜ…

鞍掛峠…三重と滋賀を結ぶ
有名な走り屋の巣窟…

モチロン愛車はクロ彦…

5歳になったリトルカブ…

急な上り坂は30km…

でも俺たち…峠を翔る風になったんだ…

そう…ハチロクなんてメじゃないぜ…

ギャラリーも目を丸くしてやがる…

クックック…

せいぜい俺とクロ彦の走りに
肝を冷やすがいいさ…


目の前を走るデミオ…

上り坂で俺を離せんとは…

フッ…スポーティータイプが聞いて呆れるぜ…





だが俺は抜かないぜ?

後ろからジワジワプレッシャーをかけて…

その見てくれだけの薄っぺらいプライドを…


ズタズタになるまで引き剥がしてくれる!!!!!!!!

フッフッフッフッ…

アッハッハッハッ…

アーッハッハッハッ!!

あぁ…愉快だ…

実に愉快だ…

そうは思わないか?

なぁ…?

クロ彦…?

俺とお前が…

この峠を征する日も…

そう遠い話じゃなさそうだ…






あれ…??

イニシャル・ナントカって
こんなんやったっけ??


まいいや。

俺よくワカランし(笑)





近頃嬉しい話も悲しい話もいっぱいありすぎて
頭パンパンの僕でした。


以上になります。

拉麺一考

テーマ:
福岡を離れて久しいですが、
『本場博多ラーメン!』
と謳う九州外のラーメン屋程
胡散臭いもんはないのです。



とりあえず豚骨煮込めばいいんやろー
( ̄^ ̄)y-~~

とか

濃くすりゃいいんやろー
( ̄ω ̄)

みたいな甘い考えで博多ラーメンの名を
語らないで欲しいです。

はい。

もうね、ホントーにガッカリ。

福岡人ホイホイってことで、
ついつい引き寄せられてしまうんだけど、
コレハウマイ!って
思わずフィリピン訛りが出てしまうような
うまかラーメンに出会った試しがありません。

(そういや最近、東南アジア系の顔だね、と言われました。東南アジア…東南アジ…orz)


もうね…

お前はなんば知って博多ラーメン語りよっとかー!!

とりあえず今すぐ福岡行って
ラーメン屋100件回ってこんか~!!

って叫びたくなります。


昨日食べたラーメン屋のそれは、
醤油臭いせいか豚骨の良さがまるっきり
出ていませんでした。

良い意味での豚臭さがありません。

醤油豚骨?

なにそれオイシ(略



連休中、先輩の結婚式で福岡に帰ったのですが、
やっぱり地元のラーメンに勝る味なし。

豚骨ラーメンにはやっぱり細麺です。

堅さはバリカタ…?

んなもんハリガネに決まっとろーもん!


豚骨スープに絡み付く
細麺とスープのバランスが
も~たまらん。


福岡の豚骨ラーメンの中でも
自分の地元にあるラーメン屋は、
食べ終えて暫くすると
スープの表面に油膜が張るほどの
コッテリスープなのですが、
飲んでも思った程のドギツさはありません。

コッテリ、でものど越しはサッパリです。

ちなみに、一緒に行った福岡離れの
先輩、同輩の中には替え玉4杯、
なんて猛者も居ました。

いくらなんでもこれは食べ過ぎ(笑)

結婚式で魚介類のマリネから、
フォアグラの乗ったフィレステーキ、
甘く切ない(?)ドルチェまで、
そりゃあもう、
垂唾モンのフルコース頂いて尚、
『こげなうまかモン食ってしもた後に
これ以上なんの入んね』状態で
お腹パンパンであるにも関わらず、
胃袋と脳、九州人魂が
『なんばよっとね、まだラーメンば
食っとらんやろもん』
信号をこれ見よがしに身体へ
送信してくるもんだからさぁ大変。

そんならラーメン食わんといかんね、
という具合になるわけです。

それ程、九州を離れた人間は
豚骨ラーメンを欲しています。

そんな健気な九州人を
ホイホイと看板で釣ろうだなんて…
そげんかニヤがった魂に絶望ばい!!

その悪どい商売人の片隅にも置けん
卑小な魂、この私が未来永劫忘却の彼方へ葬り去ってぇぇぇえぇ~…

と邪気眼発動したいトコロですが、
やはり好みは人それぞれ。
(邪気眼を知らない人はGoogle先生に聞いて下さい)

それを好んで足繁く通う方も
いるわけなんですね、これが。

関西人が好むトンコツ、
東海人、関東人が好むトンコツ、
好みは千差万別あるわけです。

まぁでも、九州から出店してる
有名店のトンコツラーメンが
そのまま本場の豚骨ラーメンとは
思わないで頂きたいです。

その土地の嗜好に合わせた豚骨ラーメン、
それも一興ではありますが、
出来るなら是非、福岡本店へも
足を運んで頂き、
本場の味、というものを是非是非
味わってみて下さい。

ラーメンの新たな世界が広がること
請け合いで御座います。








最近、『空気人形』って映画が
公開されましたよね。

無茶苦茶観に行きたいのですが、
近場の映画館ではやってないので
ヒジョーに残念です。




それとそれと、10月発売になる
くるりのコンピレーションアルバム、
これは要チェックですぞ。

メンツが激ヤヴァです。


それと次の週末は、
彦根にちょっとお出掛けです。

用事がありましてね。

お金ないからモチロン原チャですけど。




では次回、
『temperの珈琲学概論』
『temper、フィリピーナに逆ナンされる』
『temper、ラララ孤独、眠れぬ夜の独り言』
でお会いしましょう。


観れば~?
(臼井さん…(´・ω・`)ウッ)






以上になります。

滋賀にサヨナラ

テーマ:
もう何人かには言いましたが、
仕事の関係で三重県のほうへ
引っ越すこととなりました。

現在、
荷造りに余念がないtemperです。

みなさん如何お過ごしですか?

俺はまぁ、元気です(笑)


本来ならば最悪でも年中は
滋賀に勤務という形だったのですが
突然の人事異動に面食らってる次第です。

皆様一人一人にご挨拶したいのですが、
なかなかそういうわけにもいかず、
このようにブログという形で
(しかも携帯からの投稿)
知ることになった皆さんには
先ずはごめんなさいと言わせて下さい。

三重の方にも、
近くに友がいるそうなので、
それが唯一の救いではありますが、
関西の友達とはちょっと距離が
出来てしまうことが、
チュルチュルの後ろ髪に絡まる…
もとい、後ろ髪引かれる思いであります。



思えば滋賀に来て5年半、
たくさんの素敵な人と出会い、
その温かさに触れ、
たくさんの素敵な思い出を
作ることが出来ました。

無論、
中には辛い経験もありましたが、
思い返して見てみれば、
それら全てが、
今ではキラキラと輝く素敵な思い出です。

ご迷惑をお掛けしてばかりで、
変なヤツってイメージしかない、
なんて方もいるでしょうが、
まぁ、そのまんまの変なヤツです。

隠し事とかは余り得意ではないので、
衝撃の打ち明け話をいきなりする、
なんてことも多々あり、
本当に変わったやつだなと思う方も、
いらっしゃるでしょうが、
その通り、
変な人間です。


変人です。


変人バンザイ!!
\(^O^)/


…。


このブログはこれからも
続けて参ります。


実は一時期、
1日1000件を超える
アクセス数を稼がせて頂いてた
このブログなんですが、
更新が不定期になった今でも、
そこそこ多くの方に見て頂き、
感謝感謝です。

あの頃は
『外は雨』なんていう
聞くからに鬱になりそうな
タイトルでしたが、
内容は吉本の音楽が流れてきそうな
ドタバタ珍劇場だったかな(笑)

更新が不定期になり、
更新回数も極端に
減ってしまいましたが、
自分自身、
根本的には何ら変わってません。

ヘタレでチュルチュルで、
泣き虫の天然パーマ、
雨の日にはバッハになり、
晴れの日は前から見れば大泉洋、
でも後ろ姿は赤西クンだと、
今でも頑なに信じています。

しかし最近、
赤鼻のナンタラってドラマの主人公が
まるで自分見てるようで嫌になります(笑)

性格はあんなイイモンではありませんが
(-_-;)



交流が少なくなっても、
みなさん、これからもずっと
仲良くして下さい♪


あ、あと、彼女さんとは正式に
お別れしました(笑)

ちょっと前に
(^_^;)

振った振られたではなく、お別れしました。


彼女からはたくさんのことを
学ばせてもらいました。

弁護するわけではなく、
心から思うことは、
非常に魅力的で、
でもとても繊細な心を持つ
芯の通った素敵な女性です。

自分にはもったいない位、
素晴らしい女性。

もし変な男がまとわりついたら、
全力で振り払いに行きます。

関係者各位、
連絡の程、よろしくお願いします(爆)

ま!

俺が一番変わってると言われたら、
何も言い返せませんけど
(´Д`)

しばらくは仕事に生きようかな?

あ、今お前になんてもう
彼女出来るわけないって
思いませんでしたか!?













気にしてるんだから
言っちゃメ☆です。



そんなわけで、
滋賀バイバイ。







以上になります。
の曲は…絶対音階違うのに、
文字でこう書くと大抵の人がアノ曲を思い浮かべる不思議。



今年も泣きました。
号泣。
子供可愛すぎ。

きっと誰かが見たらドン引きな位、泣いた(笑)

ドンマイ俺。




今日も夜は眠れず。
困った。
最近、夜眠れません。
ん~…困った。




以上になります。

アレ

テーマ:
遂に恐れていたアレが発生。

家に帰り、流し台を覗くと
世にも恐ろしいアレが…。

草津住まい時代には
どんなに汚い部屋になろうとも、
1匹たりとも発生しなかったアレ。

引越ししてから早3ヶ月。

今日遂に来たかとばかりに発生。

入居前にこれやっとけば安心的な
駆除依頼をして高い金払ったんだ…。

絶対クレームつけてやるんだぜ。


コックロ~~チ!!!







以上になります。

幸せ × 幸せ = ∞

テーマ:

最近なにかと暗い話題の俺なんやけど、

先日嬉しいニュースを一気に2つも聞きました。


なななんと・・・

































2組の

結婚が

決定!!!

\(^o^)/


2組とも、昔やってたスーパーのバイト先の人。


1組目は社員さんカッポー。


2人ともたくさんお世話になった人なんですが、

いつの間にやら愛を育み、

今年の9月に晴れて結婚式を挙げるそうです。


飲み会の席にて、

女性のほうが結婚式を挙げるという話を聞いて、

それだけでビックリだったというのに、

なんとお相手は自分もよく知っていて、

しかもとってもお世話になった人だよ~と

バイトの後輩君から問題を出されたのですが、

その女性の隣に座っていた男性がニヤニヤ。


・・・・!!!

(゜o゜)



左手の薬指に光るその指輪は・・・・!!???


ま・・・まさか・・・!?


その指輪を発見した瞬間、思わず

「あああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

と指差して叫んでました。


周囲のみんなは既に知っていたらしく、

俺がウンウン悩む姿を見てニヤニヤ・・・


みんな人が悪いっすわぁ・・・




んで、もう1組はバイトの仲間。


こっちのほうは絶対結婚するんやろなって

思ってたからそんなに驚くでもなく、

まぁでも遂に結婚かってことで

とっても幸せな気持ちに包まれました。


男性のほうも同じスーパーで

バイトしてたらしいのですが、

俺が入った時には既に就職して

そこにはいませんでした。


知ったのはバイトを始めてしばらくしてから。


お相手の女性を含めた数人で遊んだ時、

この人がそうだよ~って紹介されました。


ほっそりしていかにも優しそうな人。


一瞬で俺はその人の虜(笑)


まぁでも、

その女性が好きになりそうな人だなって

見た瞬間に思いました。


とってもお似合いのカッポーです。


女性のほうは、

テンションが俺とよく似てます。


いや、テンションというよりもノリが、かな。


カラオケなんかにバイトのみんなと行った時は

みんな俺のアホみたいなテンションに

付いていけずポカーンとしてる中、

「いえぇぇ~い♪」とノリノリ。


最終的には

2人を止められなくなった一同が

コラコラと止めに入る始末です。


まぁでも、とにかく一途です。


その男性と一緒にいるときは

終始ニヤニヤしてるイメージがあります。


一度、彼氏とメールでケンカをしてしまい、

しかもそのときちょうど

その女性プラス1名でカラオケに来ていたんですが、

いきなりポロポロと泣き始めたその女性。


メンツは、その女性、

その女性の親友(女性で同じバイトの仲間)、

それと俺(当時フリー)。


おっんなっのなっかに~

おっとこ~がひっとり~

笑ってあっげまっしょワッハッハ~


なんて歌が小学生の頃ありましたが、

俺にとっては特に不自然な状況ではありません。


昔から女友達は多い気がします。


でも・・・・


































いっつも

いっつも

そっから先へ

進まない

(*´Д`)=з



どの女性も口を揃えて言うのは

「もとからその対象に入らない」

です。


なんとも残念な男、temperです。



おっと、脱線しましたが話を元に戻します。


彼氏とメールでケンカしてしまい、

「もうダメかもしれへ~ん」と

ポロポロ泣き出したその女性。


慌てる友人。


テンパる俺。

髪の毛はもとか(ry


そっからが大変。


きっと大丈夫!

ちょっとした彼氏さんの勘違いだ!等々

散々励ますものの泣きやまずに

塞ぎこんでしまうその女性。


困った俺と友人は、

『負けないで』

『愛は勝つ』

『ガッツだぜ』その他諸々。


応援ソングのヘビーローテ。


なにやってんだかというカンジですが、

当時の俺らの最大限の励ましでした。


ま、結果として仲直りして

今に至るんですけどね~。


今ではいい思い出です。


結婚式には

たくさんのバイト仲間も参加予定らしく、

本当に楽しみ。


いや~・・・




























本当に

おめでとう!


どうぞ

末永く

お幸せに!









以上になります。