テモナ社長ブログ

テモナ株式会社 代表取締役社長 佐川隼人のブログです。


テーマ:
早いもので、元旦にブログを更新してからもう3ヶ月も経ってしまった。本当に早い。
もう今年は4分の1が終わってしまったなんて。

前回のブログではこの1年は自分の人生で集大成の1年になると書いた。

そして走りだした3ヶ月。

早速この3ヶ月で、良いこと悪いことが交互に、毎週のように、数えきれない程、色々な事が起きた。

そしてその度に、テモナとしてどうあるべきかを悩み、解決してきた。
その中で、いつも根っこにある課題のキーワードは、「組織」である。

成長していく会社や変わっていくマーケット。常に変化していく状況に組織がどう適応するか。

適応できなければすぐさま課題や問題となって顕在化してトラブルに発展する。

社長が全ての問題を解決し、ガンガン会社を引っ張っていく。
そうしなければ会社が生き残れないから。問題が解決しないから。今までそうしてきたから。

がしかし、組織が一定のフェーズを超えると出る社長の自問。

「会社が大きくなり、問題が多様化するなかで、いつまでどこまで一人で解決できる/すべきなのか?」

「社長が解決することで、部下や組織の成長を阻んでいるのではないか?」

「社長として今やるべきことはこれでいいのだろうか?」


そして社長1人で会社を回していくことに限界を感じる。

もっと強い組織を創るため、さらに採用を強化し優秀な人材をリクルーティングする。
権限委譲が行われ、やがて組織が組織として自走を始める。

勝負できる組織になり、チャレンジの幅も広がる。社長の時間も増えてきて、未来を創る仕事や戦略策定ができるようになる。

しかし、まだ解決しない。なぜか?

社長としてやりたい仕事がある程度できるようになった。
こうすれば解決できると思った組織強化も順調に進んでいる。なのに、なぜ????

この1年くらい悩んでやっとちょっと分かってきた。
「組織が変わっていても、自分が変わりきれていない」から。

これまで数々の問題、試練を乗り越えてきて、
「この組織は俺なしではやっていけない!」という過信。

創業期からのスタイルを捨てきれない、過去にすがりつく自分。なぜなら創業期はこのスタイルが正しかったから。

我慢できずガンガン現場に率先して出て、課題解決をしまくって、短期的に成果が出る。
目先の問題は解決されても、組織の問題は解決されていない。むしろ悪化している。

社長は成果を出して当たり前なのに、組織で成果を出さず、社長個人で成果を出すこと。
「試合に勝って、勝負に負けている状態である」
監督がでしゃばって打ちまくって、投げまくって勝ったチーム。草野球か!と突っ込みたくなる。

組織の成長を願い、行動し、理想の組織を実現追求する傍ら、自分がでしゃばって組織の成長を阻み、自ら組織成長に逆行してしまう社長の心理。


社長がこのパラドックスに気付き、改善できなければ社長はその組織にとって「老害」となる。

ではなぜそれに気づくことができるか?
「理念」の存在である。

会社の業績が良くても悪くても、組織が成長していてもしていなくても、逆境だろうが順境だろうが、理念をベースに思い描くビジョンの実現を追求するとき、現状と理想のギャップが生まれる。

そのギャップの正体を追求すると、組織のあり方を変えなければいけないと考えが至り、やがて自分自身がそれを阻んでいることを理解する。

自分の在り方を正してくれ、向きあわせてくれる、成長させてくれる理念。

絶対に成し遂げたいこと、寝食忘れて夢中になれること、それを言語化した理念。

「世の中のフロービジネスをストックビジネスへ転換させる」
「お客様の事業の運営と成長をてもなく※する」
※てもなく:古い日本語で便利にする。の意味。テモナの社名の由来

先のブログにて、「今年は一生負けない自分になる」と宣言したが、過去に自分が理念を言語化してくれたことに感謝している。

そういう理念に出会えたこともラッキーで、感謝している。

一生負けない自分になるためには、己に打ち克ち勝負に勝つことが必要である。

組織には50人の壁というものが本当に存在して、自分なりにそれは、

・組織の成長に全力でコミットすべきとき(人財採用と人財教育)
・理念に向き合い己に打ち克ち、自らの欲望の源泉を利己ではなく大義より抽出するべきとき(理念と大義)


つまり、社長が親分から経営者になるべきときであると感じる。

この2つが咬み合って始めて組織は次のフェーズに行けると信じている。

それを自ら実証したい。

壁
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

佐川隼人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります