テモナ社長ブログ

テモナ株式会社 代表取締役社長 佐川隼人のブログです。


テーマ:
2016年という人生で集大成となるであろう1年を迎えるにあたって、この1年の最後になっていたい姿をイメージしながらこの文章を作っている。


社員数も増え、新たな事業を始め、会社の組織化が不可欠なフェーズでまさに激動の1年となるだろう。
自分はこの1年、とにかく考え抜き、やりぬき、できることは全てやる。
会社のこの先の未来を決定づけるという大事な1年で、今やらなくていつやるのだ、と。


目的を達成するための手段はたくさんある、それを考え抜きベストな手段を導き出す。
手段が導き出されたのであれば、それを徹底的にやり切る。そして結果が出なければその原因を考え、突き止め、改善し、またやり切る。結果が出るまで一生これを繰り返す。


この2016年の最後に思っていたいこと。
「自分の人生において、最も悔いのない1年だった・・・」
泥にまみれても、どんな試練が訪れようとも、前に進む。
人の道に外れない限り、目的の為には手段を選ばない。


2016年、この1年に注力すべきことは、「育成」


事業を育てる。
市場とお客様から目を離さず、
今の事業を、もっと価値のあるものに改善する。
そして、未来の事業を創造する。
自分はものづくりの人間だ。新たなサービスで世の中を良くしていくことに、お客様がサービスに価値を感じていただき、喜んでもらえることに最も喜びを感じる。
それを体現したい。もっとたくさんの方に喜んで頂けるように、事業を育てる。


人を育てる。
従業員の満足がない会社に顧客満足はありえない。
社員の自己実現を可能にし、もっと社員が輝く組織に育てる。
社員が増え、組織化が進み、仕事の形が変わっていく。
これまでにない仕事、これまでにない部署、これまでにないルール。変化に適応するために、教育の機会、コミュニケーションの機会、気付きの機会を圧倒的に増加させ、人の成長を促進する場作りを行う。
日々のルーティン作業では決して得られることのできない、
人間的な本当の成長を実感できるように。


大掃除でたまたま見つけた10年以上前に書いていた自分の日記にこう書いてあった。
「10年後、20年後の自分が、過去の自分に負けているというような生き方をするな。
過去の栄光を語るようなことはするな。未来を語れ。
常にチャレンジし、ヒリヒリする生き方を続けていることを望んでいる」



大丈夫!まだまだお前には負けてないぞ!


2016年の自分が、この先一生抜けないくらいの自分になりたい。そのくらい、この1年にはワクワクドキドキしている。同じようなことを毎年言っている気がするが、今年は本当にすごい1年になりそうだ。

皆様にとっても2016年が自分史上最高で、この先一生抜けないような、最高の1年となりますように。。。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



2016年1月1日

いいね!した人  |  リブログ(0)

佐川隼人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります