テーマ:

 

 

今朝起きた時、

シータヒーリングの恩師の笑顔が

思い浮かびました。

 

そういえば、

もうすぐ4年目の命日になることに

気づきました。

 

2013年5月13日午前、
シータヒーリングを

2003年から最初に

日本にもたらしてくださった
大久保恵先生が旅立ちました。

 

今朝、大久保先生が、

元気だった頃の満面の

輝く笑顔のイメージがありました。

キラキラしていました。

 

そしていつか

お伝えできる時が来たら、

と思っていたことを、

いくらかお伝えしても良い時期に

来たことを感じました。

 

私が初めてシータヒーリングの
セミナーを受講したのは、

10年以上前の2006年10月でした。

 

その前に学んでいたある

ヒーリングスクールで出会った友人から

シータヒーリングのセッションの

練習を受けた後、

すぐホームページを探しました。

 

そして、

思考や感情が体に影響するという

15日間のセミナーを見つけ、

とても興味を持ち、

 

当時日本で一人しかいなかった

インストラクターの

大久保恵さんのセミナーを見つけ、

最初のコースを申し込みました。

 

初めて出会った時の恵さんは、

とてもキラキラと輝いていました。
 

シータヒーリングが大好きで、

心から愛していて、

その素晴らしさを伝えることに

喜びを感じておられました。

 

私も大久保先生のセミナーや

当時のシータヒーリング代表で

オーストラリアの大学におられた
赤松瞳さん(心理・認知科学者)から

15日間のインチュイティブ・アナトミー

セミナーを2回受け、

 

どんどんシータヒーリングが

好きになりました。

 

2007年末、

大久保さんはそれまで
海が見えるとても眺めの良い

神戸三宮の貿易センタービルで

セミナーを開催していましたが、

 

神戸の六甲道駅近くに

サロンを借りられ、
コスミックハーモニーという会社を

立ち上げられました。

 

2007年2月の2度目のセミナーや

何度かの実践会を、

そこで開催させていただきました。

 

その後事情があって、

自分でセミナーを開催する方向になりました。

 

私は大阪でセミナーを開催することになり、

大久保先生は神戸でセミナーを開催され、

神戸のみならず東京や各地に呼ばれ、

大きく活躍しておられました。

 

2008年12月、

私のセミナーを受けてくださった

受講生さんが大久保先生のセミナーに

ご参加され、私もアシスタントに

参加させていただく機会がありました。

 

その時には、体調が

少しお悪い状態だったようですが、

私もそれは感じていました。

 

2009年夏、

アメリカのシータヒーリング本部で

初めてのシータヒーリングサイエンス取得

のためのセミナーが開催され、

私も大久保先生も参加していました。

 

私は医療者でもあり、

その視点で人を見ることも

習慣となっていて、

 

大久保先生のお顔の色が

すぐれない感じであることを

感じていました。

 

2010年2月、

大久保先生は緊急入院され、

夜にもう一人の友人とかけつけました。

私が過去勤務していた病院で、

同じ病棟で当時の先輩もいました。

 

その時のお話を

ここで書くことはできませんが、

大久保先生が本気で

シータヒーリングに向き合って

おられたことは確かです。

 

私はしばらく休養された方が

良いと思っていましたが、

時代の要請か、

多くの人々のニーズか、

早期に活動を再開されました。

 

大久保先生のセミナーは、

いつも20人以上の人が来られ、

満席の状態が続いていました。

 

2010年、2011年は、

シータヒーリングのインストラクターが

一気に増え、スピリチュアル界では

ブームとなりました。

 

その反面、

インストラクターセミナーを受ければ

誰でもセミナーが開催できる状態で、

様々な質のセミナーが提供されるようになり、

一時はシータ難民という言葉もありました。

 

そんな中大久保先生は、

できるだけ純粋なシータヒーリングを

伝えようと様々な努力をされていました。

 

私も実践会を多く開催し、

一部セミナー情報の更新のなど際は

特別価格にしていましたが、

通常は1日3000~5000円で、

練習する機会を作っていました。

 

大きく活躍されていた大久保先生は、

人のネガティブなエネルギーも

受けていたようでした。

 

そばにはスタッフの方々や

サポートしている方々がおられましたが、

もしかしたら孤独を感じていた部分も

あったかもしれません。

 

身体的にもかなり無理をなさって

いたかもしれません。

 

私は2013年3月位から、

離れていても

大久保先生の辛さやしんどさを

エネルギー的に感じるようになりました。

 

そして、5月に旅立たれました。

 

大久保先生は、

シータヒーリングを社会に

日本に広めたいと思っておられました。

 

私はいつも、

大久保先生が応援してくれている

ような気がしていました。

 

2014年10月法人化した時、

とても喜んでくださっているように

感じました。

 

初めて大きなオフィスを借りてまで

しようとしたことは、

 

シータヒーリングをより多くの方々に

届けるために、

シータヒーリングを学んでくださった方々が

活躍できるように、

それを形にするためでした。

 

その思いは、昨年のホリスティック

ヒューマンサポートセンターの閉鎖と

大きな体調ダウンで、

終わることになりました。

 

顕在意識ではそんなつもりは

ありませんでしたが、

私はいつしか大久保先生の意志を

引き継ごうとしていたのかもしれません。

 

この一年で私は、

様々な体験をして大きく変化しました。

 

今振り返ると、

それ位大きなことがなければ、

その思いを手放すことが

できなかったのかもしれません。

 

私は来てくださった皆さんが

大好きでした。

シータヒーリングを学んでくださった

皆さんがそれを生かせるように

お手伝いしたいと思っていました。

 

2015年春の癒しフェアも、

そんな思いでチームを作り、

皆さんと出展しました。

 

皆さんと出会えたこと、

体験したことは、

私にとってかけがえのない思い出です。

心から感謝しています。

 

そして、今、次のようなメッセージを

感じています。

 

「 〇○ちゃん、ありがとう! 

  これからは、

    自由に、軽やかに、あなたらしく、

  自分の人生を生きてね!」

 

そう笑顔の大久保先生から。

 

医療や介護の現場を体験した

私がやっていきたいこと、

現在も友人達が支えている

その現場への思い。

 

人の心と体を整え、

エネルギーを高める方法を

より多くの方々に

わかりやすくお伝えすること。

 

様々な療法、セラピーの

それぞれの良いところを認め、

お互いに生かし合い、協力すること。

 

同じ思いを持ち、

未来を目指す方々とつながること。

 

今日あらためて、自分の中に

明確な思いとなりました。

 

シータヒーリングを教えてくださった

ヴァイアナ・スタイバルさんに、

心から感謝しています。

 

シータヒーリングは素晴らしい方法の一つです。

どんなヒーリングもセラピーも

深い大切なところは同じで、

それぞれ素晴らしいと思います。

 

客観性を持ち、
それがただ一つの方法と思うことなく、

お互いが尊重し合い、協力し合えることを

心から祈りながら、

私自身も進んでいきたいと思います。

 

これからも、

統合医療、ホリスティック医療を

目指して一歩ずつ進んでいきます。

 

今日も読んでくださって、ありがとうございます。(#^^#)

 

-------------

『あなたの最高の可能性と未来を開く
 個人セッション、直感コンサルティング』
の詳細は下記URLへ

呼吸瞑想アカデミー 天毛絵美子公式サイト

http://kokyu-meiso-academy.com/
「呼吸と共に、日々生まれ変わる」

☆現在公開準備中のページもございます。

天毛絵美子プロフィール⇒  http://kokyu-meiso-academy.com/info.php

 

★シータヒーリングセミナーは、リクエスト開催を行っております。
   下記ホームページのお問合せフォームより、お問合せください。

  お問い合わせはこちら    

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

呼吸瞑想アカデミー代表 天毛絵美子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります