アンチエイジングにINFINITE

☆ただ今「ミセン」で韓国語お勉強中☆



INFINITE BTOB 応援中・韓ドラ リアル視聴中
新しいドラマ見ては気になるナンジャ祭りしています
韓ドラ・K-POP全般 気になること気ままに書いてます


テーマ:

ここのところ 何故「モンスター」検索でおいでになる方が多いかと思いきや
明日から Mnetで日本放送開始だったのね

自分でドラマお薦めしておきながら 全くのノーマークミヤネヨ 
そして たいしたこと書いてないのにおいで頂きコマスミダおじぎ


でも 日本タイトルが…「モンスター~私のラブスター~」だって 
ちょっとこそばゆい感じ


明日金曜0時放送開始…って?今夜のことよね 詳しいドラマの見どころは「Mnet」番組紹介 



重複しちゃうけど…マネージャーさんによく飼いならされたBEASTの話が面白かったんで
 酒井美恵子さん記事も紹介しちゃいますね

BEASTヨン・ジュンヒョン主演ドラマ「モンスター」【酒井美絵子の韓流お仕事日記 37】

ドラマ「モンスター」制作発表会 (c)K-fan.me

(2013年07月22日)

BEASTのラッパー、ヨン・ジュンヒョンさんが主演中のドラマ「モンスター」が9月、日本でもMnetで放送が開始されます
(日本でのタイトルは「モンスター~私だけのラブスター~」)。

 「モンスター~私だけのラブスター~」は、「トキメキ☆成均館スキャンダル」「シンデレラのお姉さん」を手がけた
キム・ウォンソク監督の新作。売れっ子アイドルが謹慎処分とイメージアップの一環として通うことになった高校で、
自身の存在を知らない少女に出会い、音楽サークルの仲間として活動する中で恋心が芽生えていくというストーリ
ーです。様々な事情を抱えた10代の若者が、音楽を通じて夢や希望を育てていく成長物語でもあります。

 劇中で人気アイドル役を演じているのがヨン・ジュンヒョンさんです。彼と恋愛模様を繰り広げるのは、“韓国の
蒼井優”と言われる新人女優のハ・ヨンスさんが起用されました。ヒロインに一目惚れし、ヨン・ジュンヒョンさん演じ
るスターと三角関係を繰り広げる男子学生には、イケメンミュージカル俳優のカン・ハヌルさんが抜擢と、フレッシュ
な面々が勢ぞろいしています。
 
 このドラマの見どころは、なんといっても、キャストたちが奏でる演奏と歌声。「韓国版『レ・ミゼラブル』を作りたい」
という監督のこだわりで、楽器は俳優自身が全て直接演奏しているそう。そのため、例えば『夜想曲』を演奏する
シーンの撮影には、7時間も費やしたんだとか!スタッフの皆さんも俳優の皆さんも、いいシーンを作るために
それほどまでの努力をしているんですね。
 
 中でも、楽器演奏に人並外れた情熱を燃やしていたというのが、カン・ハヌルさん。劇中でチェロやギター、コン
トラバス、キーボードなどあらゆる楽器が得意という役を演じるために、毎日1時間睡眠で、手にタコを作りながら
楽器練習をしたんだとか。ちなみに、カン・ハヌルさんは、プライベートでも楽器演奏が趣味。ハーモニカやギター、
ウクレレなどが得意だそうで、最近では、アフリカ楽器のカズーを購入し、インターネット動画を見ながら独学で
練習しているそうですよ。いつか、その演奏も聞いてみたいですよね。
 
  また、劇中には人気のK-POP楽曲はもちろん、1970~2000年代の韓国の不朽の名曲を斬新なアレンジを加
えたオリジナルリメイク版で披露されています。自分のお気に入りの見つけるという楽しみ方もできるかもしれません。
 
 ちなみに、こちらは、劇中音楽サークルのみんなが初めて一緒に披露した曲。シン・スンフンさんの
「僕を泣かせないで」を明るくフレッシュにアレンジした名演奏。GLAMのダヒちゃんが、パワフルな歌声を披露しています!





まだまだ見どころはありますよ!それはヨン・ジュンヒョンさんのキスシーン!!ジュンヒョンさんファンにとっては
見たいような見たくないような……という複雑なシーンだと思いますが、1話の冒頭から出てきますので、心の
準備を(笑)。あとは○話とか、○話とか……。こちらは見てのお楽しみです!


ドラマ「モンスター~私のラブスター~」<放送情報>
9月13日(金)スタート! 
初回放送:毎週(金)深夜0:00~ 
再放送:毎週(月)午後3:00~、毎週(金)朝5:30~
 
BEASTヨン・ジュンヒョン初主演ドラマ「モンスター」直前スペシャル<放送情報>
2013年8月31日(土)放送
日本初放送
2013年 Mnet Korea・tvN / 全1回/ 60分/ 字幕放送 / HD
 

 余談ですが、先日、韓国でBEASTの出演するイベントの舞台裏にはいらせていただきました。BEASTの
みなさんは、舞台裏でも本当に明るくて、わちゃわちゃしていて、男子校の放課後のような感じです。出番直前、
構成作家の方に呼ばれ、ステージ裏に行く時。その光景は見られました。

 メンバーたちは、とにかくまっすぐ歩きません(笑)作家さんがふと後ろをみると、メンバーが二人しかついて
いってない。ステージの時間が迫っているため、作家さんはパニックに!

 探してみると、ず~~~っと後方でなにやらふざけているメンバーたち。すると!マネージャーさんが、手を
二回叩きました。それも言葉もなく、ただパンパン。その音に、残りのメンバーが走ってくるではありませんか。
マネージャーさんのカリスマ力たるや!!!!なんだか主人とペットのような光景に、微笑ましくなりました。
もちろん、ステージでは、キメキメでカッコよく歌って踊るメンバーの姿。こんなオンとオフのギャップも、BEAST
の魅力なのかもしれません。


文 / 酒井美絵子

AD
いいね!した人  |  コメント(7)

[PR]気になるキーワード