アイリッシュ・ハープ奏者、研究者 寺本圭佑

アイリッシュハープ研究者、演奏家、教育者寺本圭佑の演奏会情報や日々思ったことを書いています。

イベント情報



日時:7月17日(日)13:30-16:30
題名:「はじめての金属弦アイリッシュ・ハープ」
会場:大倉山記念館 第10集会室
アクセス:東急東横線「大倉山」駅徒歩7分
所在地:横浜市港北区大倉山2-10-1
会費:3000円(資料代、楽器レンタル代含む)
講師:寺本圭佑
要予約:queenmaryharp@gmail.com (寺本)



日時:7月18日(月・祝)12:35~12:55
題名:音楽礼拝「寺本圭佑 金属弦ハープ独奏」
会場:明治学院記念館
アクセス:「白金台」「白金高輪」「高輪台」駅、徒歩7分
所在地:東京都港区白金台1-2-37
主催:明治学院大学宗教部
どなたでもご参加いただけます。


日時:7月22日(金)23日(土)24日(日)
題名:「寺本圭佑 金属弦ハープ京都教室」
会場:アトリエリンデン
アクセス:京都市地下鉄「北大路」駅、徒歩7分
所在地:京都市北区小山南上総町43-2
会費:5000円(資料代、楽器レンタル代含む)
楽器貸出制度あり。(1か月更新の有償)
要予約。
queenmaryharp@gmail.com (寺本)



日時:7月23日(土)19:30~20:30~
題名:「寺本圭佑 金属弦アイリッシュ・ハープ ソロ」
会場:Irish PUB field
アクセス:阪急電車「烏丸」駅 、地下鉄「四条」駅より、
21番出口より地上へ出て右折、初めての路地(錦小路通 )を右折、左側2階
所在地:京都市中京区烏丸錦東入ル 烏丸錦ビル2F
投げ銭制。予約不要。


日時:8月12日(金)13日(土)14日(日)
基礎編10:00-12:30
応用編14:00-16:30
題名:京都金属弦ハープサマースクール2016
会場:薬師山美術研究所
アクセス:地下鉄「北大路」駅下車、
市バス1系統「玄琢下(げんたくした)」停留所より徒歩3分
講師:寺本圭佑
会費:1コマ4000円(全6コマ)
ご予約、お問い合わせ:queenmaryharp@gmail.com (寺本)



日時:8月15日(月)1st 14:00~14:30、2nd 15:30~16:00
題名:「寺本圭佑、山口亮志 CD Dochas リリース コンサート」
会場:浜松市楽器博物館
アクセス:JR浜松駅北口より徒歩10分
所在地:静岡県浜松市中区中央3-9-1
主催:浜松市楽器博物館
演奏:寺本圭佑、山口亮志
予約不要


日時:8月17日(水)18:30開場19:00開演
題名:「寺本圭佑、山口亮志 CD Dochas リリース コンサート」
会場:アートステージ567
アクセス:烏丸・夷川交差点を西へ40 m 南側
地下鉄丸太町駅 6 番出口より徒歩1分
所在地:京都市中京区夷川通烏丸西入
前売り3000円 当日3500円(要予約)
演奏:寺本圭佑、山口亮志
ご予約:queenmaryharp@gmail.com (寺本)


日時:8月19日(金)20日(土)21日(日)
題名:「寺本圭佑 金属弦ハープ京都教室」
会場:アトリエリンデン
アクセス:京都市地下鉄「北大路」駅、徒歩7分
所在地:京都市北区小山南上総町43-2
会費:5000円(資料代、楽器レンタル代含む)
楽器貸出制度あり。(1か月更新の有償)
要予約。
queenmaryharp@gmail.com (寺本)



日時:9月16日(金)17日(土)18日(日)19日(月・祝)
題名:「寺本圭佑 金属弦ハープ京都教室」
会場:アトリエリンデン
アクセス:京都市地下鉄「北大路」駅、徒歩7分
所在地:京都市北区小山南上総町43-2
会費:5000円(資料代、楽器レンタル代含む)
楽器貸出制度あり。(1か月更新の有償)
要予約。
queenmaryharp@gmail.com (寺本)


日時:10月1日(土)14:00~16:00
題名:キリスト教研究所白金文学文化研究プロジェクト公開研究会
レクチャーコンサート「アイリッシュ・ハープの歴史と音楽」
会場:明治学院大学白金校舎 アートホール
アクセス:「白金台」「白金高輪」「高輪台」駅、徒歩7分
所在地:東京都港区白金台1-2-37
主催:明治学院大学キリスト教研究所
入場無料、予約不要。


日時:10月8日(土)18:30開場19:00開演
題名:「カロランアカデミーコンサート 2016」
会場:大倉山記念館 ホール
アクセス:東急東横線「大倉山」駅徒歩7分
所在地:横浜市港北区大倉山2-10-1
入場無料。予約不要。
ハープ教室の発表会です。


日時:10月14日(金)
題名:名古屋外国語大学現代国際学部特殊講義
「アイリッシュ・ハープの歴史と音楽」(仮)
会場:名古屋外国語大学


日時:10月16日(日)13:30開場 14:00開演 16:00頃 終演予定 
題名:「寺本圭佑 金属弦アイリッシュ・ハープ独奏」(仮)
会場:心斎橋 国際楽器4Fホール
アクセス:大阪地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅下車。
大丸デパート南東を東へ30m
所在地:大阪市中央区心斎橋筋1-5-28
会費:500円(ハープ協会関西支部会員)1500円(非会員)
主催:日本ハープ協会関西支部
ご予約・お問い合わせ
harp_kansai@yahoo.co.jp  (日本ハープ協会関西支部)



日時:10月15日(土)17日(月)
題名:「寺本圭佑 金属弦ハープ京都教室」
会場:アトリエリンデン
アクセス:京都市地下鉄「北大路」駅、徒歩7分
所在地:京都市北区小山南上総町43-2
会費:5000円(資料代、楽器レンタル代含む)
楽器貸出制度あり。(1か月更新の有償)
要予約。
queenmaryharp@gmail.com (寺本)



演奏会、講演、レクチャーコンサート、体験ワークショップ、
個人レッスン、小型金属弦ハープ製作等に関する、
ご依頼、お問い合わせはこちらです。
手作りハープを手にとってみたいという方も
お気軽にご連絡ください。
queenmaryharp@gmail.com (寺本) 





アイリッシュ・ハープ演奏・研究 寺本圭佑 https://sites.google.com/site/dririshharp/home



Keisuke Teramoto

バナーを作成


演奏会、講演、レクチャーコンサート、体験ワークショップ、レッスン等に関する、
ご依頼、お問い合わせはこちらです。ご予算等相談に応じますのでお気軽にご連絡ください。
queenmaryharp@gmail.com(寺本) 
070-5656-2993 (カロランアカデミー)

過去の活動履歴はこちらに掲載しております。
https://sites.google.com/site/dririshharp/kenkyuu-rireki

テーマ:
55代目となる24弦の金属弦ハープが完成しました。(54代目は調整中)

現在37代目の24弦ケヤキハープをメインの楽器として使用していて、同じ音域のハープが京都でのライブ用にほしいと思って同じ設計で作ったものです。

6月のフィールドでのライブでは50代目の21弦ハープを使用しました。これもなかなか良い響きがする楽器です。実は今回作ったハープの共鳴胴は50代目と同じ1本の木から作ったので、兄弟のような関係です。

37代目のケヤキハープは低音の3弦が少しぼんやりした響きがしていたので、今回はその辺の弦長を少し長めにとってみました。案の定、響きが改善されました。

塗装は今までのブライワックスではなく、セラックを初めて使用してみました。少し明るめの色です。

共鳴穴は松の模様とひょうたんの形にしました。

全体的にとても良い響きで気に入っています。ヴィオラのCまで出るので心地よいです。今月から京都に持ち帰るので、よい音楽を京都の方にお届けできればと思います。

7月23日(土)の19:30からと20:30から、京都のアイリッシュ・パブ・フィールドで初お披露目できるように調整しています。お時間のある方はぜひお越しください。予約不要、投げ銭制です!

☆小型金属弦ハープの製作承っております。手作りハープを見てみたい、弾いてみたい方もご相談ください。

☆演奏会、講演、レクチャーコンサート、体験ワークショップ、レッスン等に関する、ご依頼、お問い合わせはこちらです。お気軽にご連絡ください。
queenmaryharp@gmail.com (寺本)


音域:C3-E6 (A=440Hz)
弦間:11mm
総重量:2300g
共鳴胴:ユリノキ(高さ525mm,幅280mm,厚さ50mm)
寝かせた時の高さ:415mm
ネック:ホワイトオーク
支柱:ヒノキ
裏板:セドロ

{DAC8AB1C-39E5-4EE2-BE0A-C942E26F5D61}

{DB1F736C-9495-4AED-A52B-489D083FDDB3}

{632D136D-85FD-4069-A998-06F066D2AEA3}
松の模様

{8E137816-21DC-41B5-B779-55408EAD38ED}

{AD750CC3-F81A-472C-AD20-50B79C803567}
美しいセドロの裏板

{529DEE88-C39C-4975-BD80-FA8AC4C2DAC9}
ほぼ同じ設計です

{C9FF03CB-37AE-4E4D-A760-F4EBE483034E}
ケヤキより低音弦が長い

{5CF7294B-FB65-434C-BA3A-9300D0B79B27}
CとFだけピンの色を変えてみました。できれば金色のピンがあればいいのですが。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
梅雨の京都の日々を過ごすのはかれこれ10年以上前のことで、関東と京の梅雨の趣の違いを感じております。皆様お変わりなく、お過ごしでしょうか。

5月から始めた金属弦ハープ京都教室、毎回熱心な生徒さんにお越しいただき、ハープ教師冥利に尽きるとはこのことかと実感しております。皆様の熱い気持ちにお応えできるよう、全力投球したいです。

この教室では、19世紀末に伝統が途絶えた幻の楽器「金属弦アイリッシュ・ハープ」を教えています。膝に乗せられる小さなハープで、アイルランドやスコットランドの親しみやすい伝統音楽を楽しく学びます。

経験者の方はもちろんのこと、楽器が初めての方、楽譜を読むのが苦手な方にもやさしく教えます。個人レッスンですので、ご自身のペースで安心して受講いただけます。

伝統的な奏法は爪を用いますが、爪を伸ばせない方でも演奏可能。

入会金無料!楽器の貸出制度もあり、ご自宅で練習していただけます(1か月更新の有償)。

講師は横浜市在住のため、基本的に毎月一回の開講となります。先着順となりますので、お早目のご予約をお勧めします。

7月
22日(金)
①13:30-14:30 (ご予約済み)②15:00-16:00 (ご予約済み) ③16:30-17:30 (ご予約済み)

23日(土)
①9:30-10:30 ②11:00-12:00 (ご予約済み) ③13:30-14:30 (ご予約済み) ④15:00-16:00 ⑤16:30-17:30 (ご予約済み)

24日(日)
①9:30-10:30 (ご予約済み)②11:00-12:00 ③13:30-14:30 ④15:00-16:00(ご予約済み)⑤16:30-17:30(ご予約済み)

会費:5000円(個人レッスン、資料代、教室での楽器レンタル代含む)
会場:アトリエリンデン 京都市北区小山南上総町43-2(北大路室町下る) 
アクセス:京都市地下鉄「北大路」駅、徒歩7分
申込方法:queenmaryharp@gmail.com
お名前、ご連絡先を明記の上、ご希望の日付と時間帯をお知らせください。 





京都近郊でハープの先生を探しているけどうまく見つからない方、小型ハープの貸し出しもしてくれるところを探している方、古いタイプの金属弦ハープの奏法を学びたい方、そういった悩みを抱えている方のお力になれれば嬉しいです。

【予約キャンセルについて】1週間前以降は50%、当日の予約キャンセルについては100%のキャンセル料をいただきます。1週間以上前の場合はキャンセル無料。持続的活動のためにご協力お願いいたします。

{AA86CF60-F50F-445D-854C-F44734152392}


7月23日(土)の夜にはアイリッシュ・パブ・フィールドでのソロライブもあります。
金属弦ハープの音色を聴いてみたい方、予約不要、投げ銭制ですのでお気軽にお越しください!

{0A81E7E4-05FA-4643-8DB1-FB324E8920D6}


寺本圭佑(てらもとけいすけ)
京都市生まれ。横浜市在住。15歳から雨田光示氏にハープを師事。坂上真清氏からネオ・アイリッシュ・ハープを学ぶ。シボーン・アームストロング、アン・ヘイマンらから金属弦ハープの手ほどきを受ける。音楽学を樋口隆一氏に師事し、演奏だけではなく資料研究の方面からアイリッシュ・ハープの歴史と真実を追求。18世紀以前のアイリッシュ・ハープの研究により芸術学博士(明治学院大学大学院)。19世紀末に伝統の途絶えた「金属弦アイリッシュ・ハープ」を専門とし、この楽器の魅力を伝えるため、全国の大学や学会等で演奏やレクチャーコンサート、ワークショップを展開。近年では、演奏と教育、教育だけでは飽き足らず、小型金属弦ハープの製作にも取り組んでいる。2015年にはドイツの古楽ハープ製作者エリック・クラインマン氏のワークショップでベーミッシュ・ハルフェ(ボヘミアン・ハープ)を製作、1450年築の木組みの家で演奏。2016年、平野神社から依頼を受け、京都の桜で制作した金属弦ハープを奉奏ののち奉納。その様子はNHK、京都新聞、毎日新聞等各メディアに取り上げられた。
2010-16、明治学院大学非常勤講師。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
53代目となる金属弦ハープが完成しました。今年4月に作った49代目のブナハープと同じ木を使っているので姉妹です。同じようにネックにはオーク、支柱にはヒノキ、裏板にはセドロを使いました。

1本のブナから作ったのですが、こちらのほうが少し細かったようで、ほんの少しだけ形が違っています。こちらのほうが細く、共鳴胴も前よりも薄く削ったのに、なぜか若干重くなってしまいました。音色はやはり似ている気がします。

こちらのハープは今週末京都に持ち帰る予定です。


☆小型金属弦ハープの製作承っております。手作りハープを見てみたい、弾いてみたい方もご相談ください。

☆演奏会、講演、レクチャーコンサート、体験ワークショップ、レッスン等に関する、
ご依頼、お問い合わせはこちらです。お気軽にご連絡ください。
queenmaryharp@gmail.com (寺本)

{D6D3B381-B6E0-44A6-8A07-5A23A5EA7EA9}

{BB442B92-5FE1-4ACD-B8C7-C5B80618F11E}
49代目と。

{89691FAE-F84F-4878-836A-D911B5070B92}

{16170D49-9C94-44BD-A4C1-5EB5B77B9C46}


音域:G3-E6 (A=440Hz)
弦間:11mm
総重量:1580g
共鳴胴:ブナ(高さ495mm,幅140mm,厚さ50mm)
寝かせた時の高さ:330mm
ネック:ホワイトオーク
支柱:ヒノキ
裏板:セドロ



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。