2009-09-22 18:42:34

鬼太郎ご用達!伝統工芸士直伝「桐下駄の鼻緒付け体験」

テーマ:ブログ

9月21日、志度の秋コースが幕開け。


おかげ様で定員いっぱい…と思いきや、1j時間半前ドタキャン

3人。


やっば~。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



確か、お断りした方の中に見学だけでも…と言って下さってた

方がいたはず。


早速、黒川隊員がTEL。OK!



そして、もうひとり救いの神が!


愛知から遊びに来ていたKさんが、偶然ちらしで見かけたから

参加させて欲しい!


いったんは、お断りしていたものの「空きができました!」って

連絡を入れたら、丸亀から飛んできてくれました。



Sさん、Kさん、ご協力に感謝致します。m(u_u)m


…にしても、今日はまだTELを入れて下さったからどうにかなった

ものの、前回は連絡なしってのも。


対策を考えねばなりません。




大人11人、子供4人でスタート!


大人も子供も男性も女性も関係なく、桐下駄作りに全員初挑戦。


これがホントの男女共同参画事業?




指導者は、もちろん香川の伝統工芸士 山西隊長!


奥さんも鼻緒付けについては、相当の腕前。


   


   


   



子供ちゃんが多かったけれど、石塚さんが応援に来て下さった

おかげで全員完成!



     どれどれ…。



何をしてるかというと…

   

完成させた桐下駄を携帯で撮ってる女性二人。



   

う~ん、すばらしい!




そして、鼻緒付け体験終了証授与。


   


その舞台裏は…


  


しこしこと宛名書き。




そして、桐下駄のよもやま話。


    おいらんの下駄。






旧邸でハーブ教室。


   


   


ハイビスカスのお茶。

(参加者のFさんが送って下さった写真です。)


年齢層が若い今回の参加者。


米谷先生が、どうしたら喜んでいただけるか、一生懸命考えてくれた

結果、「ローズマレイン」という名で江戸時代に源内さんが紹介したと

いうローズマリーで話題作り。




      薬草園見学


ここからは、平賀さんにバトンタッチ。




朝から下駄の準備に追われていた山西隊長ご夫婦。


ハーブ教室の準備をひとりで引き受けて下さった米谷先生。


人手不足で朝から助っ人で奮闘してくださった黒川さんご夫婦。


桐下駄のサポーターをするため、前日から練習して来てくれた

石塚さん。


今日は、担当があたってなかったのに、案内係で来て下さった

近藤さん。


記念館まで特別にご案内して下さった平賀さん。


旧邸でのお茶出しのため、自宅からコップまで準備してくれた平賀

さんの奥さん。


参加者のために床の間にお花を生けにきてくれた三宅さん。


お二人には、コップの片付けまでお願いしてしまいました。


忙しい中、わざわざ覗きに来て下さった砂山さん。


そして、早速写真を送って下さった参加者Fさん。


ほ~んと、今日1日だけ振り返ってみても、皆さんのご好意で

まちぶらは生かされているよね~。


ご好意が無駄にならないよう、「これから」をどうするか将来を

見据えての活動内容を考えていかなければ…。






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。