• 21 Jan
    • ママのニオイ、ダイスキ。

      こんばんは。子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。次女は、私のガウンとかシャツの中に入るのが好きです。「次女ねー、ママのニオイ大好き💕」…私は、みょうに引っかかりました。言われて、うれしかったんです。でもね、うまく説明できないんですけど、ナニカナ…。翌日、ふと思い出しました。私が、母に、言えなかった言葉でした。いまでも、私は母の匂いを覚えています。いいたいけど、言えない。言ったら、惨めになりそう。「へぇ。」とか、「ふん。」って言われそう。言われてしまうと、バカな事言っちゃったなって、後悔する…。「ほらぁ、そんな事言ってないで、さっさと宿題やっちゃいなさいよ?」って、言われそう。…。涙がとまりませんでした。私も、母の匂いが大好きだったな。きっと、今でも。晴天の磐梯山。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      NEW!

      13
      テーマ:
  • 18 Jan
    • ぷろじぇくとMax〜挑戦者たち 登校しぶりに寄りそえ!

      クリップクリップを、楽しんでいる松本です。中島みゆきさんの地上の星を見つけてしまいました。先日の次女の登校しぶりを、プロジェクトX風に、お伝えします^ ^♫デンデケデケデケデンデケデケデケ…月曜日は特にシブル次女。しかも今日は集団登校の日。時間が刻々と迫った。松本は次女のパジャマの袖を、一本づつはずした。タイツも、はかせた。長女の様子も、横目でみる。「だいじょうぶ?」長女には、声だけでも、よりそった。次女が言った。「お腹がイタイ…。」最悪だった。玄関の呼び鈴がなった。お友達のお迎えだった。次女は、靴を履けなかった…。階段の下までね。松本は、次女と手をつなぎ階段を降りた。次女は歩けなかった…。そのまま、その先の角まで、歩いた。次女は、また止まった。始業の時間は迫っていた。地域ボランティアのおばさんが、気がつき、寄ってきた。まだ、鐘なってないよ〜。優しい声だった。毎朝校門に立っている校長先生は、もう、いなかった…。ボランティアのおじいちゃんたちは、興味なさげだった。とうとう、校門をくぐった。松本は、焦った。一か八かの、賭けだった。お友達に、先生を呼んできて欲しいと、頼んだ。お友達は、先に一人で行くのをためらった。大丈夫だから、お願い。お友達が口をキッと結んだ。走った。何度も、後ろを振り向いていた。松本は、長女にも、先に行くよう促した。…長女は、動かなかった…。松本には、長い時間に感じた。寒かった。とうとう先生がきた。女神に見えた。そして松本は、気がついた…。…パジャマだった。♫かぜのなかのす〜〜ばる〜〜最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      14
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 寄り添う ということ。

      右手が痛いです(ノ_<)子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。右手の甲の辺りから、指にかけて、痛みがあります泣右手を使いすぎなのかなぁ、と、左手で箸を使ってボロボロこぼしながら食べていたら、「ママ、すごいね〜!」っと、驚かれました。…え?こんなにこぼしてるのに?( ̄∇ ̄)………先日、長女にじっくりじっくり寄り添うチャンスがありました。学校の宿題の作文が終わっていないため、習い事からの帰り、長女が家に入れなくなりました。「パパに怒られる…」「そうか、パパに怒られると思うんだね。」私は、運転席に座っていたのですが、それよりも、もうちょっと、離れて見ていました。あくまでも、イメージです。「長女はどうしたい?」「…。」1月の夕方、寒さも気になりました。「…長女は、どうしたい?」18:30を過ぎたので、夕飯の支度も、気になりました。「…ママに、出来る事はある?」しばらくすると、長女は、パパをけなしはじめました。「あんなの、ズルイよ。」「やる事やれ、とか言って、自分が一番やってないじゃん。」「長女の話、何にも聞かないで。」「大っ嫌い。」私は、深〜く頷きました。ウンウン。「…長女は、どうしたい?」「…。」夜18:40を過ぎ、エンジンを止めた車の中は結構冷えて来ていました。私は、さらに腹をくくり長女に、車内常設のモコモコ毛布を掛けるように渡しました。「長女は、どうしたい?」「…。」モコモコ毛布にくるまった長女は、まっすぐ暗いフロントをじっと見ていました。「ママに、出来る事はあるかな?」「…パパを、言い負かして欲しい。」うんうん。「そっか。パパを言い負かして欲しいんだね。」「…パパが怒ったら、パパを怒って欲しい。」「うん。そっか。」「…」「ほかに、ママに出来る事はあるかな?」「…。」「長女は、どうしたい?」「…おうち、かえる。」「うん、だいじょうぶ?」「…パパに、自分で話す。」「うん、わかったよ。」私は、どうなっても、だいじょうぶと、思いました。最後まで、お読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      16
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 好きな音楽を聴いても、癒されなかった頃。

      疲れました。もう、疲れて疲れて、好きな音楽を、お風呂で大きな声で歌いました。こんばんは、子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。私はお風呂が好きです。最近バブを大量に購入しました。(アマゾンで安かったの)至福の時です。しかも、大きな声で好きな歌を歌いました。すると、力がスルスルと抜ける気がして…。ああ、うたを歌うと、スッキリするとか、楽になるって、これかぁーと、思いました。ワシ、知らなかった〜〜^ ^最近、携帯に、クリップという、アプリを搭載。ユーチューブで検索して、懐かしい曲や好きな音楽を、クリップクリップしています。そいで、一人歌謡祭を、毎日繰り広げる松本。過去の私は、好きな音楽を見つけても、他の人の目を気にしていました。他の人は、どうなんだろう。「この曲、私、好き!」って、言えなかった。変な理屈や、エセ評論家みたいな事を、頭の中で考えて、自分に言い訳してみたりでも、好きで、聴きたいけど、恥ずかしくなったり、してました。誰か、いいねーって言って欲しくて、でも、なかなか言ってくれる人はいませんでした。そんな時に、お風呂で、歌っても、スッキリなんて、しなかったな。まあ、少しはしたけど。「私が好き」で、いいんだ。って、おもったら楽になったよ。誰かの評価はなくていい。ただ、「私が、好きなんだ。」で、いいんだって。私は、ほんとに長い間、自分の好きなものがわかりませんでした。最近、やっと素直に「大好き」って、画像を待ち受けにしたら、実妹に「ずいぶんイタイ待ち受けだね。」って言われて、ショックを受けました。私は、実妹には、言われたくなかったんだな。言われたくなかったんだな。…って、じんわりじんわり、感じました。すると、お風呂で、大好きなうたを歌うと、スッキリしました。力がスーーッっと、抜ける感じが、しました。あなたの「大好き」は、なんですか?最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      7
      テーマ:
  • 06 Jan
    • バッカじゃない…と思うんだ。

      子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。こんにちは。先日のお正月での事。お野菜を、なかなか食べない次女と姪っ子に、「僕、人参🥕。姪っ子ちゃんに、食べてもらえると思ってたの。食べてもらえないと、悲しいなー。姪っ子ちゃんのお喉のジェットコースターに、行きたいなー。」と、ジェットコースタートークをしていたところ、実妹が、ボソッとつぶやきました。「そのテンション、よく維持できるよね。」「テンション、かぁ。」私は「テンション」で、得意のジェットコースタートークをやっていたわけでは、ありませんでした。「なんかね、バッカじゃないって、思っちゃって、出来ない。」実妹に言われて、ハっと思いました。アレッ実妹も「バッカじゃない」って湧いてくるんだ…。「私も、出てくるよ。バッカじゃないって。たくさん、出てくる。」…そうです。私にも、たくさんたくさん出てきました。「バッカみたい。」「バカじゃないの。」散々出てきて、その度に、涙も出てきて、なんでこんなに、バカって、湧いてくるんだろう誰かに言われたのかなぁ私が私を、バカにしてるんだろうなぁ嫌だなぁ私、バッカみたいって、思うんだナー。ずっとずっと繰り返し繰り返し私は感じてきたのでした。…実妹にも、湧いてくるんだ。「私も、思うよ、バッカみたい、とか、バカじゃないの!、とかって。」ゆっくりと、続けてみました。それってね、自分に向けている言葉なんだって。自分の中に、バカにしている部分があるらしい…。実妹に、というより、私自身に、話していました。でね、その、湧いてくる思いを、どうにかしなくて、いいんだって。ただ、バカじゃないって、私思うんだナー。で、いいんだって。そこまで、話すと、パパが、「もう一人の自分が、この辺にいる感じね。」❣️❣️❣️なんと、我がパパは、教えてもいないのに、「鳥の目」を説明しだしました。…ああ、私、話したのかな、…そんなことは、どうでもいいや。そうなんだ。パパは、ココらへんで「鳥の目」を使うんだわ。なるほどね。ふふふ、パパも、バッカじゃないって、思うんだナー。…と、思っていると、実妹の目が、ウルウルしていました。私は、ウンウンって、頷いて、ちょっとだけ嬉しくなりました。彼女が、何を感じていたのかは、聞かなかったし、わからなかったけど、私も、パパも、実妹も、それぞれ、勝手に、いろんな事を感じていれば、いいんだ〜。初級、やりたいな〜〜。…双子のピカチュウ( ̄▽ ̄)最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      35
      7
      テーマ:
    • あけましておめでとうございます^ ^

      あけましておめでとうございます。本年も、どうぞよろしくお願いします。子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。お正月は、実家で過ごしました。…あんなに、行きたくなかったのに^ ^聞くだけ。聞くだけ。聞くだけ。を、心がけていた三が日。とてもとても、こころ穏やかに、過ごしました。いらっとしたり、ムカッとしたり、ワタシモ話したい!!とか、そんなの間違ってる!!!なんて、いろいろいろいろ湧いてきたけどね。ああ、私、いらっとしたな〜。ああ、私、ムカッとするんだな〜。ああ、私、話したいんだ〜。ああ、私、間違ってる〜〜って思うんだナー。と、自分の心の中から、湧いてくる気持ちを、自分で大切に大切に、感じて過ごしました。嬉しい事も、ありました。親戚の手強い叔母と、次女がテレビ合戦を繰り広げたらしく、叔母が、二階で洗濯物干しをしていた私の所に、「オタクの次女、ワタシにテレビ見せてくれないの!!!」と、言いにきました。「そっか〜。」「叔母さんは、何が見たかったの?」と聞くと、「…マラソン。」⇦箱根駅伝の事。「そっか〜。マラソンが見たかったんだね。」「…うん。…そう。」「そっか。」「…ママに、チクっちゃった。」だって。🤣笑笑…ほんとに叔母か⁉️生まれて初めて、手強い叔母が、とてもとても可愛く思えてしまいました。今年も、良い年になりそうです。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      11
      4
      テーマ:
  • 29 Dec
    • 靴洗いをしながら。

      あーーー( ̄▽ ̄)久しぶりに、子どもたちの靴洗いを一人で、やりました。こんにちは。子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。ブログ更新も、ラストスパートデス(笑)今日は、なぜか思い立って、子どもたちの靴洗いをやりました。一人で。次女はいないし、長女は朝寝。上履きと運動靴、全部で5足。わし、よくやったな〜〜そうだ、ユーチューブで音楽かけよっと、ちゃらちゃら音楽をかけてみたり、鼻歌を歌ってみたりして。。。ゴッシゴッシ。。。うーん、楽しい…( ̄▽ ̄)靴洗いって、楽しい。…ウソ。あ、今日は楽しいけど、前は楽しくなかった。。。靴洗いをしながら、ああ、「靴洗い」がなくなるといいのにな…と、思いました。ウチの子は、ずいぶんデカくなったから、自分達で洗ったりするし、洗わなくても、足くっさいのは、子供の足だし。きったない上履き履くのは、わたしじゃないし。でも、やっぱり、ちっちゃい頃は、きつかったな。こんな風に、ユーチューブ聴きながら、子供の靴、洗えなかったのさ。それでも、洗わないといけない気がして。綺麗な靴履かせないと、ダメな親って思われる気がして…。この子、ぎゃくたいされてるんじゃないって、言われそうな気がして…。何より、私が子供の事、大切にしていないような気がして、怖かったんだな。ねーねー靴洗ってなくても、子供のコト、愛してるから。ちゃんと、愛せてるから。大丈夫だよー。…って、あの頃の私に、言いたい。ああ、きっと、あの頃の私は、だれかにそう言われても、聞く耳持たなかったな。。。「靴、あらわなきゃ!だめでしょ!!」がんばってるね。あなたは、ちゃんと子供の事、愛せてるよ。大丈夫だよ。あなたは、そのままで、素敵だよ。そう、言って、今、ギュッとしてあげよう。ユーチューブ聞きながらの靴洗い、サイコー(≡^∇^≡)。。。。すると、小学生のころ住んでた家のお風呂場が思い出されました。私は、一人で上履きを洗っていました。で、母も上履きを洗っていました。母も、一人でした。。。。ふと、今年のお正月は、実母の話を、聞いてみようかなと。。。。湧いてきました。ただただ、聞くだけ。できるかな。。。できなくても、いいや。。。来年も、良い年になりそうです。最後までお読みいただきありがとうございました。私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      23
      テーマ:
  • 28 Dec
    • 同じマンションの人に、無視されても…。

      今朝、今年最後のゴミ捨て日を確認しに行った帰り、同じマンションの人2人に、挨拶を、返してもらえませんでした。こんにちは。子どものこころのコーチング インストラクター松本麗子です。やっと、冬休みを満喫し始めた、今日。健康と良いお天気が、本当にありがたいです(笑)次女は、従兄弟と一緒に、スキー合宿で蔵王に旅立ちました。朝早く、集合場所まで送り、その帰りに、今年最後のゴミの日をチェック。…おっと、今日までじゃ( ̄▽ ̄)すると、同じマンションの住人お二人が、それぞれ大きなゴミ袋を抱えて来ました。私は、「おはようございます。」と、挨拶しました。が、どちらからも、返って来ませんでした。「うっわ、こわっ。」私の中は、これだけで、終わりました。自分でも、驚くほどすっきりとした感覚でした。理屈では、ないのです。非常識だとか、同じマンションの住人には挨拶すべきでしょとか、聞こえなかったのかな、とか、私、何か悪い事したかな、とか、湧いてくるときも、あります、もちろん。(※しかもね、一人は親しくない知り合い)でもね、今朝は、なーんにも、湧いて来ませんでした^ ^うーん、楽チン楽チンです。そのまま、イオンに行って、用事を済ませ、ついでに自分のお買い物も、してしまいました。冬休み中に着る服がなかったのさ。しか〜し、肝心のゴミ捨てを忘れて来た事に気がつき、あわてて長女にメール。「お願い、今日が最後のゴミの日なの❣️」長女からの返信は、「えーーーーーーーーー」あとは、長女に任せました。ゴミが捨ててあっても、捨ててなくても、どっちでもいい…。イオンでゲットしたバッグをかぶる、ゴミ捨てした長女…🤣今夜は、次女がいません。なんだか、ただ、次女が留守な時よりも、私の声が響く気がするのでした。最後までお読みいただきありがとうございます私が同じマンションの人に無視されても楽チン楽チンになった講座ゴミを捨てても捨てなくてもいいと任せられるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      22
      テーマ:
  • 26 Dec
    • メリークリスマス

      子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。お久しぶりの更新です。松本家、半パンデミック中でした。なんとか持ち直し、今日を迎えている感じです。まだ、ブログネタ探しも、できない…( ̄▽ ̄)長女は、2学期最後の5日間学校を休みました。終業式にも出られず。終業式の日の夕方、私が学校に荷物を取りに行きました。長女も、ついてきました。自分で「一緒に行きたい」と言いました。先生に直接お会いでき、お話もできたので、よかった💕次女は、長女がお休みの5日間、毎日毎日、登校を渋りました。「長女は、ズルイ❣️」私は、一切、怒らず、支度を手伝い、着替えも手伝い、お友達を待たせても、それでも、次女は、自分で学校に、行きました。いろいろ、思うところはありました。ああ、ここらへんには、きっとブログネタ満載なんだろうけど、とりあえず、生きてますって近況を報告して、おしまい。皆さまにも、ステキなクリスマスが来ますように。

      11
      テーマ:
  • 15 Dec
    • 誰のせい、でもないのです。

      次女、発熱しました…( ̄▽ ̄)子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。こんにちは。我が家の次女、発熱です。連絡帳に、「今回は、ほんとに風邪です(笑)」と書く親🤣わたしもずいぶんと、ゆるくなってきましたー🤣発熱の前日くらいに、長女と、「湯」に行こう!と話ました。「湯」とは、湯楽の里です〜〜(//∇//)わたしも、疲れが取れなかったし、行きたかったので。子供たちは、大好きなのです。ちょうど、金曜日の夜は、パパが忘年会でいないから、行っちゃお〜〜(//∇//)と、思ったら、まさかの次女発熱。長女が荒れました。「もう、ふざけんな!」「行くって言ったじゃん!」「なんでだよ!」「誰かさんが熱なんか出すから!」…でた、内田裕也バージョン。ボカッ!とかドスッとか、聞こえるし。あああ、大好きなすみっこぐらしのトカゲが…( ̄▽ ̄)…別に、わたしはいんですけど。「内田裕也さんバージョン」の長女は、あまりお耳が開きません。でもね、長女は、ただ、「湯に、行きたかった」のです。実は、わたしも。「長女、ママも行きたかった…。」とだけ、言ってみました。長女も、悪くない。次女も、悪くない。わたしも、悪くない。ただ事実は、◯ママが、湯に行こうって、言った。◯次女が熱を出した。◯長女が、荒れた。これだけ。誰も、何も、悪い事なんか、ないのです。今度、また行こう。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      29
      テーマ:
  • 10 Dec
    • 超優秀クレイとアロマが、役にたたない訳。

      ねむいです…(_ _).。o○こどもの心のコーチングインストラクター 松本麗子です。私は原 亜紀子さんの子どもとアロマを、過去に2種類ほど受講しています。申し込みをした理由は、「幼少期、長女を薬漬けにした」という罪悪感からでした。コンッと咳が出れば、休日診療へ飛び込み、お医者さんから「2・3日様子ミテ」と言われても、待つ事が出来ませんでした。早く抗生剤出してよ。咳止めだけ?無理だよ?明日の会社、行けなかったらどーしてくれんのよ!イライラが止まりませんでした。まあ、そんなじゃ、長女の咳が良くなるわけもなく。それでも、実家に預けて、出勤するような生活を、続けました。それでも、あの頃も、いっしょうけんめいだったんだ、わたし。しかーし…( ̄▽ ̄)とってもわかりやすい、かわいいパッケージの質の良い、アロマもクレイも、実際に長女には、使用できていません。過去に一度だけ。長女の頭に、柔らかいクレイの液体を試しました。痒みのためでした。わたしは、長女に、しっかりと寄りそう事が出来ませんでした。たぶん、初めてのことで、長女は不安があったのかもしれません。よく洗い流したつもりでも、お風呂から上がった長女の髪にはクレイが残っていて…。それ以来、長女はクレイを拒んでいます。どーしても、使わせてくれない。(T ^ T)先日は、長女の咳で、2:00過ぎまで眠れませんでした。眠い〜〜💤長女に付き合い、ソブァで支えて見たり、はちみつレモンを作ったり、トイレで、吐いてしまうのに、何度か付き合い。クレイを、使えたら…( ̄▽ ̄)ああ、わたし、へま、したわ〜〜( ̄▽ ̄)睡魔と、明日の会議の不安と、戦いながら、長女のために、買ったのに…とも、思い。いやいや私の罪悪感からだった…と、打ち消し、あの頃、どうしたらいいかわからなかった、あの不安が、湧いて来たり。…怖かったな〜。あ、でも、次女は、クレイもアロマも、大好きです。先日も、次女の咳はクレイで、乗り切りました。以前のわたしなら、間違いなく、お医者に連れて行っていました。私は、長女への罪滅ぼしのために、クレイとアロマを買い、長女には、使えずに、次女に使います。いつか、長女にも使えるよう、今は、ただ、長女の気持ちが溶けるのを待とうと思います。大切な相手のタイプを知ると、大切な相手の言って欲しい言葉や、大切な相手の納得する伝え方がわかり、大切な相手の耳がひらき、お互いの思いがつたわりやすくなる。きっとこんなすれ違いが減ると思うのです。私と長女のように…。クレイに限らず、実母と、私のように…。最後までお読みいただきありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      32
      2
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 家に帰りたくない、恐怖。

      こんばんは。こどもの心のコーチングインストラクター 松本麗子です。今日も長々とお付き合いくださいm(_ _)m昨夜、松本家では、12月恒例の一悶着が、ありました。パパがご機嫌ナナメなのです。…ナナメどころか、やつあたり星人。やつあたり星からやってきたのか〜〜(*゚▽゚*)私は仕事でした。子供達に話を聞くと、午前中かなり怒り散らしたらしいです💢…主に長女が怒られ、次女は、その間ずっと布団に潜っていたとのこと。うーん。夕飯は、皆んなの大好きなステーキ宮に行きました。そこで、長女と次女がデザートのフォークの取り合いになりました。パパがドスの効いた低い声で、「帰るぞ。」家に着くまで、パパは終始無言でした。…家の前で、長女と次女の足が止まりました。「…お家に入りたくない。」私の中に、一気に恐怖が生まれました。子供達にとって、「帰りたくない家になっちゃった」と、思ったのでした。「大丈夫だよ。大丈夫だよ。ママがいるから、大丈夫。」長女は泣き出し。私はたまりませんでした。パパに怒りました💢叫びました。「こどもたちに怒りをぶつけないで!怒るなら、私にぶつけて!」すると、長女が、「パパもママも悪くない。長女が悪いの。ケンカしないで〜〜」ワンワンと大声で泣き出しました。私は、言葉を失いました。長女をしっかり抱きしめながら。…そうだった。私が小学3年生の頃。いつもは温厚な父が、母を叩いていた。母は、ミカンを投げて。そこいらじゅうが、ミカンでベチョベチョで。私は、必死で、怖くて怖くて、やめてやめてって叫んでいた…。泣きながら…。…たぶん、今思えば、ただの夫婦喧嘩ですわ…( ̄▽ ̄)その後、父と母がどんな会話をしたのかは、覚えてないし、知りません。あの頃、母は本気で離婚も考えていた、と聞いたのは、随分大人になってからでした。この、フラッシュバックはキツかった。私も、同じことをしてる…。パパが、少し話はじめました。「ごめん、仕事がまわらないんだ。」年末、特にパパの仕事は、多忙を極めるのです。「…うん。」「ごめんな。」「俺は、この仕事には、向いてないんだよ。わかっているんだ。」「…私も、ごめん。自分の感情もかぶった。」今の私は、まさしく、「実家に帰りたくない」のでした。パパの主カラーは青です。先日の松江で、青の方が、口を揃えて言っていたことがあります。「全部、自分でやりたい。」私は、頭の中をフル回転させました。青さんの特徴ペースがゆっくり。➡️私の感情と思考は、冷静になってるけど。たぶん、パパはまだ、思考が追いついてないであろう。ゴールに行き着く事よりも、その過程にこだわりがある。➡️きっと、仕事も何もかも、計画どおりに進めたいのかもしれない。その通りにいかないと、ストレスになる。できないと言えない。➡️これは青だからというよりは、男のプライド?極め付け全部自分でやりたい。➡️そっかー。全部やりたいんだ。私は、言葉を選びました。「私に出来ること、ある?」「…いや、ない。」「あのさ、まわらないなら、今月だけは、やらなくても済むことを、やめていこうよ。」「今月は、家の事は大丈夫だから。」ここで、青用に具体的なデータを、出しました。「宿題の丸つけは、やらなくて大丈夫。」「え?ダメでしょ。」…キタコレ🤣「洗濯物たたみも、食器洗いも、大丈夫。」「え?ダメでしょ。」…まぢか…🤣「私、出来なかったら、紙皿使うよ。」たぶん、本気で、パパは宿題の丸つけも、食器洗いも、洗濯物たたみも、「全部やらなきゃ。」の思考だったと、思われます。それはそれは、もう、恐怖でしょう。間違いなく、怒りを生み出します、はい。………どこの主婦の悩みだ( ̄▽ ̄)「私も、出来なかったら、やらないから。…ね。」パパが、納得したかどうかは、わかりません。やるかやめるかを、決めるのは、パパです。私に出来るのは、見守る事と、声かけ。…って、こどもか⁉️それから。青的パパには、悪いけど、パパから、家の仕事を取り上げ。●スタッドレスタイヤの手配●年賀状印刷あとは〜…今夜確認だわ…( ̄▽ ̄)ああ、それから、もう一つ。パパは、「この仕事は俺には向いてない」って言ってたけどね。最近、思うんです。きっと、「パパ」に仕事を頼みたいお客さんは、いるから。全員が全員じゃぁないよ。でも、パパの仕事が好き、パパの仕事がいい、っていう人が、きっときっと、いる…。ふっと、そんなことを思った時、少しだけ、私の中に、「正月、実家に行っても、いいかな」という思いが、かすかによぎりました。とてもとても不思議でした。最後までお読みいただき、ありがとうございますピカチュウは、最近の次女のお気に入り。私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      81
      4
      1
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 自分で気づく事の意味。

      松江から、無事に帰ってきました。子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。行きは、米子空港。帰りは、出雲空港。ゲゲゲ と、縁結び だそうです。松江では、それはもう、たくさんの出来事が、ありました(//∇//)楽しいし、幸せだし、美味しいし。智さんのブログを見てね。以前のわたしでは、こんな事で、わざわざヒコーキに乗って、松江くんだりまで、行くなんて、ありえませんでした。きっと、「ふみだす」一歩なのでしょう。行きは、やっぱり不安で不安で、ああ、わたし不安なんだな〜。意味がないこと、してるようで、不安なんだな〜。でも、人によっては、これは、ワクワクなんだと、思うらしいのです。わたしは、多分、ワクワクしないようしないようにする、癖があるのです。ワクワクなんだーって、変換してみました。…うまく書けないけど、不安要素を探すのをやめました。そして、ワクワク要素を、探してみました。ワクワクしていい。ワクワクしていい。ふっと、ちからが抜けるのを、感じました。わたしは、教えてもらうより、自分で気づく事の方が、好きです。ただ、信頼できる人に、その、手伝いをしてもらえると、いい。わたしは、信頼される人になりたいなーっと、思います。疲れが抜けなくて、抜けなくて…。年ですな…。強行軍は、もうそろそろやめようと思います。宍道湖の夕日。と、長女へのお土産。🤣最後までお読みくださいまして、ありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      21
      2
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 島根県に行ってきます。

      こんばんは。子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。松江に向かっています^ ^高島 智さん 初級中級体験会…どこやねん。島根県。小4の日本地図が、エラくお役立ち。今朝は、長女が、頭痛発症。…キタコレ( ̄▽ ̄)寄り添って寄り添って寄り添って、やっぱり、学校をお休みしましたm(_ _)mたぶん、長女は、「行け。」って言えば、行きます。行くと思います。私が、言いたくなかったので、言いませんでした。ああ、言えばよかったのかも、しれません。長女は、行きたければ行くので。大丈夫です。あ、あと、「今度、お医者さん行こうね?」と言ったら、今まで、かたくなに拒んでいたのが、今朝は、コックリと頷いたのでした。仕事中、お昼と夕方に、電話とメールをしました。次女は、学校から帰ってきて、一人で公文に行ったようです。最初、「え?一人で行かせたの?」って、思いました。長女が、強い口調で、次女を行かせる光景が、妄想されました。また、不安がポコポコと湧いてきました。ポコポコポコポコ考えます。長女が2年生の頃…どうだったっけ…。ああ、スイミングに行かせてた。それも、一年生から。ランドセルのまま、学童保育から、スイミングのバス停まで、一人で行かせた。ランドセルしょってる子がいないって、嫌がってたな…。それでも、長女を行かせた。雨の日も、風の日も、長女、頑張ってたな。長女は、もう、すでに、諦めてたのかな…。ママは、長女の話を聞いてくれないって。長女はもうかなりデカくて、たぶん、大人が抱えて誘拐するには、かなり力が必要です。次女は、チビです。ふつーに抱えて、誘拐可能。昨日なんか、某イオンのイベント「ミラクルちゅーんず」で、パパが肩車したらしい…( ̄▽ ̄)だから尚更、私は、長女を責めてしまうのです。大丈夫。次女も、もう、2年生。しかも、奴は性格が「赤」が強め。長女だって、できたんだから次女だって、できるのだ。公文から無事に帰ってきたことを確認して、一安心しました。あ、でも、まだ、ある。なんだ、これ?何が起こるかわからない、緊張。不安。でもね、これって、「何かすごい事が起こりそうな、ワクワク感」だったんだって。…知らなかったよ。もうすぐ、羽田。ヒコーキ、大好き。ごめん、これは宮古島の時の写真( ̄▽ ̄)最後までお読みくださいまして、ありがとうございます私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      24
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 10th anniversary

      おはようございます。子どものこころのコーチング インストラクター松本 麗子です。昨日は、長女の10歳の誕生日でした。おめでとうございます。ありがとうございます。10歳のお祝に、長女がおねだりしたもの。じゃじゃーん。。。。。。言葉がみつかりません。(心中、お察しください。悲しさと虚しさで、松本、笑うしかありません🤣)私の実家で、ささやかに長女のお誕生パーティーが行われました。長女は、勇んで、上記の「棒」を振り回しました。振り回すと、怪しげな音楽が、うるさいんです。で、次女が貸してほしい。でも、長女は貸さない。。。。貸すわけがない。そしたら、次女。「だいじょぶ。長女はいつか貸してくれるから。」私は、私の10歳のお誕生日を思い出しました。確か、10歳だったと思います。当時、私の周辺では、お誕生日会が流行っていました。私も、お友達のお誕生日会に御呼ばれして、ちょっとしたプレゼント用意して行ったりしてたから、私の時も、近所のお友達を7・8人くらい、家に呼んで、お誕生会を、してもらった。うれしかったな。。。みんなが、プレゼントくれて。お母さんがお料理作ってくれて。お姫様になったみたいだった。えらい人になったみたいだった。みんなが、私のいうとおりにしてくれて。もらったプレゼントは、ぜ~~んぶ私のもの!いいいいいでしょおおおおおおおお!!!!!って、思ってた。でね、私、仲良く遊べなかった。みんなが遊んでる中に、入っていけなかった。みんなに、囲まれたかったんだな。ああ、そうそう。お母さんに怒られた。誕生日なのに、怒られた。「なんで、みんなせっかく来てくれたのに、仲良く遊べないの!!!」お母さん、一人で、たくさんお料理作って、大変だっただろうな。どんなメニューだったか、もう、覚えてないけど、10歳くらいの、ガキンチョ、たくさん集まって、一人で、準備して。妹もいて、大変だっただろうな。。。。って、湧いてきました。ああ、この、お誕生会は、私の中では、けっこうな黒歴史なのですが、実母への思いが湧いてきたのは、初めてでした。私も、やっとやっとママ10歳です。最後までお読みいただき、ありがとうございました😊私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      29
      2
      テーマ:
  • 11 Nov
    • 鍵っ子のハードル 長女編

      子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。こんにちは。うちの長女は、鍵っ子です。3年生の冬までは、学童保育にお世話になりました。学童保育が嫌いで嫌いで、しょーがなかった長女。それでも、やめさせることは、できませんでした。そうだ、長女が一年生の頃は、学童保育の時間内に帰ってこれないから、保育園の夕方のバスで、長女を学童に迎えに行ってもらったんだった。それで、保育園に、長女と次女を迎えに行った。思い出した…。ああ、たいへんだったわー…( ̄∇ ̄)よくやってたな、ワシ…。そんなもんで、(どんなもんで?)長女は、嫌いな学童保育に、行きたくないと言いながらも、無理やり行かされていました。学童の先生が嫌。お友達が、嫌。お家に帰ってきて、自由に遊びたい。私の仕事がお休みの日は、絵に描いたように、ただいまー!っと、ランドセルを玄関に放り投げて、遊びに行って来る!最後まで聞き終わらないうちに飛び出して行きました。ああ、昭和の香りがする…( ̄▽ ̄)やっとやっとやっとこさ、4年生の長女は自由を手に入れた…ような感じがする訳です。で、次女は、まだ、2年生。学童保育も、既に辞め。前の記事で、次女にも鍵を作る事が確定した松本家。長女は面白くない訳です。もう、面白くない❌2な訳です。絶対、ダメ!鍵を作る、お金がもったいない!とか、言い出し。…ウケる🤣そっか〜〜。昨日、長女も次女も、鍵を忘れて学校に行きました。家に入れず、長女と次女は別々のお友達のお家にお世話になりました。お友達ママと、お友達が、長女を家まで送ってきてくれました。鍵の話を、しました。「どうして、次女ちゃんに、鍵を作っちゃ、ダメなの?」お友達ママが、長女に聞きました。「…ずるい。…」「そっか〜〜😊」お友達ママの目から、涙が。「わかる、わかるよ。長女の気持ち…」お友達ママも、長女でした。お友達も、長女。🤣長女4人、大集合…🤣ああ、みんな、ガマンしてきたよね。妹弟、ズルイよねー。わかる。わかるよ。そう言って、また、明日ねって、バイバイしました。まだ、長女の中は、「次女に鍵を作っちゃ、ダメ」です。私は、もう少し、待とうと思います。きっと、私がなんとかしなくてもいい気がする。他の何か、わからないけど、また、何かが起こったり、時間がたって、長女に、何か湧いて来るのを待ちたいと思う。あ、次女は、結構、平気なんだわ。まぁ、ちょいとご近所様にご迷惑おかけしすぎない程度で、検討してまいります。最後までお読みいただきありがとうございます😊私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      29
      4
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 帰って来なかった次女に、愛を叫ぶ。

      先日、夕方17:30を過ぎても、次女が帰って来ませんでした。仲良しのお友達のお家にも、いなくて、もう、外は真っ暗で、私は、焦りました。子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。インストラクターなんて言ってても、子どもは、帰って来ないし、焦るし、混乱します。変な事件が、あったばかりで、もちろん、被害対象が今回は違ったけど、恐怖に、直結しました。ああ、もう、やめてほしい。秋の夕方も、私の恐怖を逆なでしました。まだ、17:30だけど真っ暗。すぐに暗くなるので、視力も、惑わされるんだ。(…老眼説もあり。)近くの公園を探し、(良く見えないから、中学生とか、いても、近くまで行かないとわからないから、超変な人だし、)家の周りをぐるぐる回って、探しました。あの事件は関係ない。暗いけど、まだ、17:30。次女の行きそうな所を、片っ端から、リスト化。でも、私の中には、不安と恐怖が、ゴボゴボと、溢れて溢れて止まりませんでした。ああ、いろんなことを、学んできたけど、それでも、こんなに乱れてくんだ。家で心配していた長女が、電話してきました。「自転車があるから、〇〇ちゃんちか、××君ちだと思う。」「わかった。ありがとう、行ってみる。」次女は、〇〇ちゃんちに、お邪魔していました。黙って、家に帰りました。私は、何と言おうか、混乱していました。家に入って、叫びました。「ママは、怖かった怖かった怖かった怖かった怖かった怖かったーーーー!!!」もう、ただただ、それだけでした。「…ごめんなさい。」次女を、ギューってしました。後で、聞くと、若干のすれ違いがあり、お家の鍵が開いてなくて、入れなかったようでした。〇〇ちゃんちに、お邪魔して、かえって、良かったと、思いました。次女にも、合鍵を、作ろうね。………と、言ったら、今度は長女拗ね出す…( ̄∇ ̄)次回につづく…( ̄∇ ̄)最後までお読みいただき、ありがとうございます😊私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      28
      1
      テーマ:
  • 01 Nov
    • 学校からのお手紙を出してくれない長女へ。

      子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。こんばんは。我が家の長女は、最近、学校からのお手紙を、出しません。えーと、もっと言うと、テストも…。最近は、出てきません。多分、学校の机の中で、クシャクシャになってるんだろーなー…なんて、考えています。あ、あり得ないですよ。私からしてみたら。…ホント。なんてったって、自称成績優秀、品行方正の、私にとっては…。あ、今日は、テストネタじゃ、なかった…。お手紙。お手紙。今月、我が子が通う小学校では、校内音楽祭龍ケ崎市の芸術祭茨城県の芸術祭と、3つも、発表会が、あるのです。…え?!わし、知らんがな。昨日、知りました。それも、お友達のママから。「確か長女ちゃん、茨城県の芸術祭にも出るんだよね〜。」「…え?」「なんか、オーデションがあったでしょ。うちなんか、練習めんどーくさいって、受ける事もしなくて…」「……え?」オーデション?ああ、あったかも。でも、それって、龍ケ崎市か学校かの、なんかぢゃなかったの?長女に確認すると、長女も、同じ頭。水戸?…なに?…それ?…どこ?長女の頭は、こんな感じです🤣まぢ、ウケます。私の頭の中は、ゼンッゼン違うから。「どーーーーすんのよ!」「今から、会社のシフト変更なんか、むりだかんね!」「大ママか、叔母さんに頼むしかないでしょ!」「また、ママがバカだと思われるの!」「だらしないって言われるのよ!」「部長に、頭下げるか?」「確か、先月も、無理言って変えたし。」「もう!さっさと手紙を出さない、お前が悪い!」「見になんて行けるわけないでしょ!」…アツイな。この中の、いくつかは、長女に、こぼしました。そしてね、最後に、「アーーーー。ママ、行きたかったのに!!!」あ、…私、行きたいんだ…。長女の水戸の発表会、見に行きたいんだ…。すると、長女が、「え?!ママ、行きたいの?!」どうやら、長女には、ママは、別に行っても行かなくても、どっちでもいいと思われていたみたいでした。「…行きたい。ママ、行きたかった。」もう一回、言ってみました。ああ、私が、行きたかったんだ…。長女がどうのじゃあない。私が、行きたかったのです。行けなくて、悲しいのです。残念なのです。「ママ、お手紙出さなくて、ごめんなさい。」「うん。今度からは、出してね。」…ついでに、テストも、出してほしい、松本なのでした。くっそー!部長に直談判する?か?!最後まで、お読みいただき、ありがとうございます😊私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      138
      4
      2
      テーマ:
  • 28 Oct
    • 登校しぶりの説得方法。

      こんにちは。子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。またまた、おひさしぶの更新となりました。。。今日は、次女の登校しぶりのその後を、ご報告します。あの後、こちらをご参照ください^ ^やっぱり次女は、登校をしぶりました。でね、パパが説得に入りました。「学校っていうのは、な、お前、行くもんなんだよ。」「パパだって、ママだって、行きたくないけど、我慢して行ったんだよ。」「やりたい事だけやってたら、この世の中生きていけねーんだよ。」私は一言だけ、口をはさみました。「パパは、行きたくないけど、行ってどうだったの?」「…」ガマンできずに、続けました。「パパもママも、行きたくなくて、我慢して行ったこともあったけど、行ってよかったと、思ってる。」「だから、次女にも、行った方がいいって、言ってる」そうだ。私、ガマンして行っこともあったけど…。父の転勤で、私は、3つの小学校に通いました。3つ目の小学校では、軽いイジメに会いました。それでも、行ったなぁ〜。偉そうに、「転校なんか、大丈夫だよ!すぐにお友達できるよ。」なんて、実妹に言ってた手前、親には、言えなかったな〜。なんて、走馬灯のように、思いながら、次女とお風呂に入りました。お風呂から出ると、パパが、「俺の言ってる事、説得力ねーな…。」「学校なんか、行かなくったって、行きてけるんだもんな…」「…うん。そうなんだよね。」「…難しい、よね。」次の日。朝、しぶる次女に、最後まで付き合い、学校に連れて言ったのは、パパでした。多少、強引に、有無を言わさず感は、ありありでしたが…。「俺、さ、余計なこと、言ったか?」私は、迷わず、「ううん。大丈夫だよ。」私は、パパが、まっすぐに、次女と向かい合っていた事が、とてもとても嬉しかった。これで、いいのだ。と、思いました。それからも、次女は、「学校、行きたくないー。」を、繰り返してますが、かろうじて、お友達と行き続けています。私は、相変わらず、ステッチで、ベランダから毎日、手を振ります。また、何かあったら、まっすぐに、次女と向き合えばいいのだ。…めんどくさいけど( ̄▽ ̄)最後までお読みいただき、ありがとうございます😊私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      37
      2
      テーマ:
  • 14 Oct
    • ”【残席6】人間関係のストレスが激減。家族のこころのコーチング講座松江開催。夫婦割引きもあるよ”

      こんばんは。子どものこころのコーチングインストラクター 松本麗子です。インストラクター2期仲間の智さんが、松江で、中級講座を、開催します。私は、二日目の25日に参上します(*^^*)ええ。茨城から、松江まで。飛びます✈️私のカラーは、赤。と、ピンクと青もあるかなぁ。楽しい事が大好きな黄色さんが、苦手…σ(^_^;)※カラーの説明は、智さんのブログをみてねん。ともりんなんて、ありえなかったわー(((o(*゚▽゚*)o)))♡そんな「ともりん」が、「すごいともりん」に、はっっっっっと変わったのが、中級講座でした🤣遠路はるばる松江まで、何しに行くの?って、以前のワシなら、思ってた…。私にとって、「踏み出す」。あいみちゃんのときは、横浜の運河に黒いものを吐き出し、千恵ちゃんのときは、一緒に涙を流した。今度は一体どんな出会いがあるのかな私の殻を、また一枚、剥いてくれるのを、とてもとても楽しみに飛ぶのです(*^^*)松江で、初日は、ともりんが、二日目は、マツモトが、あなたをおまちしています。…( ̄▽ ̄)ああ、あと、智さんがいた💕飛行機飛行機✈️やど、やど♨️私がラクに楽しく子育てできるようになった講座⬇️子どものこころのコーチング協会和久田ミカさんのブログ⬇️子育ては「聞く」が9割でうまくいく

      37
      1
      テーマ:

プロフィール

松本麗子

自己紹介:
子どものこころのコーチング インストラクター(2期生) 一般企業の会社員(勤続20年/時短制度利用...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。