1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年01月02日(月)

新年のご挨拶

テーマ:ブログ

光陰矢の如し、あっという間に五十七年間の歳月が(パンっ)

入門してから真打になるまで一番若いと言われ続けてきましたが、今では一番古い講談師になってしまいました。昔は水も滴る好男子も、いまや(パンっ)


 頭りには越路の雪を頂き 額に青海の波を漂わせ 腰に梓の弓を張り いつか姿は翁と化し


……あ、これ、講談の常套句ですが、ここで一寸講談の講釈を。頭は白髪になり、おでこには波のような皺が寄り、腰は弓のように曲がってしまったという意味です。

講談は高尚且つ優美な芸能ですので綺麗な日本語を使うのですよ。


今年は龍年。架空の動物でありながら、十二支に選ばれた龍。それだけ人々に影響力がある存在だったのでしょう。

我が一龍齋の龍年、空天に駆け昇り、天下にその名を、張扇の音と共に轟かせたいものです。(パンっ)


本年も何卒宜しくお願い致します。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年07月05日(火)

2011貞水夏舞台

テーマ:ブログ

 連続講談の会は、今月の回も売切れで、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

6月は北海道へ行って参りました。今年も元気に頑張ってます。


 ☆☆ご案内☆☆

   日時/平成23年9月4日(日)

  開演/14:00(開場13:30

   場所/文京シビックホール、小ホール

   木戸銭/前売り3000円、当日3300円(全席指定)

   お問い合わせ/ようごうしゃチケットセンター 046-297-0371

(受付けは土、日、祝日を除く10~17時まで)


貞水『番町皿屋敷』

貞友『亀甲縞』(鳴り物入り) お囃子:稲葉千秋社中


是非、賑々しくお運びくださいませ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年06月02日(木)

連続講談の会

テーマ:ブログ

江戸時代、町内に一軒は講釈場がありました。

そこは、講談を聴いて世間を知り感動し、はたまた古きヒーローの活躍に夢を馳せる、庶民にとって近所にある非日常の空間でした。

この度、その古き良き講釈場を復興すべく、監修として芸能史研究家の山本進先生をお迎えし、本牧亭にて『連続講談の会』を開催致します。若手講談師の育成のみならず、私貞水の研鑽の場として初心に立ち返り、口演する所存でございます。


連続講談の会

全七回、読み物「赤穂義士本傳」

〔会場〕上野本牧亭

〔開演〕14時より(開場:12時30分より)

〔木戸銭〕2千円

〔日程〕6月26日(日)、7月18日(月・祝)、8月28日(日)、9月24日(土)、

    10月23日(日)、11月27日(日)、12月25日(日

〔お問い合わせ〕ようごうしゃチケットセンター

          046-297-0371(平日10~17時)


講談は本来、長編を数回に亘り演じる話芸で、いわば現在の連続ドラマに似た要素を持っています。

『連続講談の会』は、先人が磨き上げた講談という素晴らしい芸能を、より本来の形でお楽しみ頂く企画です。

 是非会場に足を運んで頂きますことを、心よりお願い申し上げます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。