手書き販促クラブー”手書き”販促物を使って、お客と繋がる!売上UPする!

手書きのPOPやニュースレター、DMをご商売に活かす”手書き販促法”を提唱する、手書き販促コンサルタント臼井浩二のブログです。


テーマ:

先日の土曜日、

あるお店でタイヤ交換をしました。

従業員30名のお店じゃなく
スタッフ5名の個人店でお世話になりました。

「その要因って、何だったのか?」

今、考えながら書いています。

ある土曜日のこと。
 

ほぼ95%以上、

大手のカー用品店、
「●ー●●ッ●ス」で
タイヤ交換するつもりでお店に行きました。

娘と店外に並べてあった
タイヤを見ていたんです。

すると、1人のスタッフさん
(20代の男性かな?)が

「タイヤをお探しですか?」
近づいて来ました。

「えぇ、詳しくないんですけど
少し高くなってもいいんで
静かになるタイヤが欲しいんです」

タイヤのサイズをお伝えしました。

欲しい銘柄も、ある程度決めていたので、
それもお伝えしたんです。

「●●●っていうタイヤが良い
って、知り合いから聞いたんですけど
ありますか?」

売場を探すお兄さん。

「いまは、ないですね」

「元々売られてないんですか?
それとも、今は無いっていう事ですか?」

「はぁ、あ、、取り寄せですね。。」

「高いんですか?」

「まぁ、あ、、1万5千円から
2万円はしますね。。」
 
こんな感じでお兄さんとのやり取りは
2~3分で終了。

…その後、

「やっぱ、ここで換えてもらうの止めよう。
前行った、あっちのお店に行こう」

そう言って、娘の手を引き
お店から去りました。

結局、お世話になったタイヤ店さん。

今考えると、こちらも

大手タイヤメーカーの代理店か?
フランチャイズ店です。

ただ、働く従業員さんの数は、
5名くらい。

恐らく先ほどの大手の
5分の1、6分の1の人数です。

僕が行ったときも、
2人しかいらっしゃらなかったです。

…っで、そもそもどうして、
このお店に行こうと思ったのか?

以前(10年くらい前です)
タイヤを交換してもらった事があって。

多分、これも知り合いの紹介がキッカケです。

その記憶が残っていたんです。

そして、つい2~3週間前に
お邪魔したときも、
オジサン(社長)が親身にお話をしてくださった。

タイヤの詳しくない僕と娘に(?)、
自身の経験を交えながら
丁寧に説明してくださったんです。

その時はお話を聴くだけで
そのまま帰ったけど、

損得考えずにお話しくださる
その社長さんが、やっぱり心に残っていたんです。

凄い斬新なテクニックや
心に残る販促ツールがあって、

僕は、そのお店を選びました!

っていう話を期待していたら
ごめんなさいね。

まったく、そんな話じゃありません。

ただ、今回思ったのは、
個人店や小規模店には、
ファンが付きやすい、ということです。

ファンというと在り来たりなので
言い方を変えると、
「愛着が湧く」です。
^^^^^^^^^^

大手のお店もよく利用するけど
愛着が湧いているのか?

というと、ちょっと違う気がします。

一方、個人店の場合はどうか?

商品が好きっていうのもあるけど
店主や従業員さんの人柄に
特別な感情を抱いている。

愛着が湧いている。

結構多いような気がします。

今回お世話になったタイヤ屋さんも
愛着の湧くお店になりました。

またお世話になりたいし、
人に紹介したいお店です。

では、どうすれば
「お店に愛着が湧くかどうか?」

決定打は、

【商品】だけじゃなく【人】の要因。

人の存在感を感じれば感じるほど、
そのお店や会社に特別な感情を持つ。

愛着を強く感じます。

そして、

子どもに喩えると分かりやすいですが
「愛着の湧く子」は
何も能力が優れた子、ではありませんよね?

子どもらしい仕草や
おこないをする子に、
愛着って、いっそう湧きませんか?


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前おこなったセミナ-での話。

農産物を販売するお店が
対象のセミナーだったんですね。

その冒頭で、こんな質問をしました。

「あなたが住んでいる街で
人気のお店を1つ教えてもらえませんか?」

1番前の席に座られていた
受講者さんにお聴きすると、

「●●●●」

あるお店の名前を教えてくれました。

「どうして、そのお店は
人気なんですか?
その理由って、何か思いつきますか?」

つづいて、こんな質問をすると、
受講者さんは、3つの理由を教えてくれました。

…ここで、あなたにも、
考えていただきたいのですが、

あなたの地域で、繁盛しているお店。

どんな業種でもいいので、
1つ思い浮かべてもらえますか。

そして、そのお店は
どうして繁盛しているのか?

その要因を考えてみてください。

受講者さんは、繁盛店の理由を
こう教えてくれました。

・野菜が豊富
・いろんな地域の野菜が売られている
・鮮魚も売っている

こんな風に教えてくださいました。

補足しておくと、
受講者さんが繁盛店として挙げたお店は
主に野菜を売られるお店(直売所)です。

従来のお店では、地元の生産者の
お野菜・果物を販売しています。

しかし、繁盛店は、
地元以外の野菜も集め、
さらに、鮮魚も売っていた。

その品揃えの豊富さが、人気じゃないの?
と考えられたんですね。

この話を聞いた後、
僕はもう1つうかがいました。

今度は、ちょっと意地悪な質問です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「じゃあ、あなたのお店でも
鮮魚を売られますか?」

「いろんな地域からお野菜を集めて
売られますか?」

「それって、出来そうですか?」

人気のお店が魚を売っているから、
うちも売る。

これって、ちょっとナンセンスな考え方だと

個人的に思っています。

「隣の芝生は青く見える」
と、よく言いますが、

自分のお店の「特徴」とか「個性」を
一切無視した、お店づくりです。

仮に、どのお店も同じ真似をして、
魚を売る直売所ばかりになったら、、

それって、どうなんでしょう?

それでも、繁盛するのでしょうか?

ご存知のとおり、小さなお店は、
資源、経費に限りがあります。

全部が全部、
大手の真似をできるか?

というと、そうじゃありません。

小さなお店なりの
お客さまに「選ばれる理由」に注力し、

磨き、研ぎ澄ます。

こっちの方が、ずっと得策です。

僕自身も今までずっと
そう考えてやってきましたし、
今でもそうです。

そして以前のセミナーでも
受講者さんに、

「小さなお店が選ばれるための手立て」

を伝授してきました。

…さらに、つい先日も
僕自身が小さなお店の「お客」になりました。

いわゆる大手じゃなくって、
地域の個人店さんにお世話になりました。

車のタイヤの買い換えだったんですが、

「あぁ、小さなお店では、
こうして、お客さんになるんだ」

「これが、小さなお店の活路かも」

1つのヒントをもらいました。
^^^^^^^^^^^^^^^^^
個人店が大手に勝った瞬間です。

この話は、長くなるのでまた次回します。





 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、警察へ通報しました。

午後から予定されていた
セミナー会場へ向かう車中、
スマホから、110番をダイヤル。

警察へ緊急電話をかけました。

もちろん、生まれて初めての体験です。

ダイヤルする前は、
「かけるか?かけないか?」
ためらいしました。

かなり躊躇しました。

実際、スマホを持って
「1、1、0」
押すときは、心臓バクバクでした。

セミナー会場へ向かって
車を走らせていると、
ある光景に目が釘付けになったんです。

片側2車線、
両側4車線、
かなり車通りの多い国道でした。

走る車は、平均時速70㌔
結構なスピードが出ています。

そんな国道の中央分離帯のそばを
なんと、

1人の女性がふらふら歩いていたんです。
^^^^^^^^^^^^^^
…歩道じゃないですよ。

ほんと、車が50cm横を通り過ぎる
スレスレの道路脇です。

女性が1、2歩フラフラっと
よろめいたら、
あっという間に弾き飛ばされる

そんな状況でした。

僕は、反対車線を走っていて
まさに、運転席の右横を通り過ぎるとき、

「えっ、なんで?」

と思ったんですけど
すぐに、

「もしかしたら、認知症の方?」

そんな考えが頭をよぎったんです。

というのも、僕の町では、

「認知症の方が行方不明になった、」
という地域放送が
よく流れるんです。

そして、その数日後には
あまり良くない結果が報告されています。

っで、それが咄嗟に閃いて

「この人もそう?」

でも、車はセミナー会場へ向けて
走っているので
どんどん、その現場からは遠ざかり。。

「どうしよう、、、」
っていう心がざわつく一方で、、、

っで、あるトンネルを通り抜けたとき、

「あかんわ、このままやったら
後悔するわ!」

気がついたら、ダイヤルしてました。

どんな行動を起こすにも、
エネルギーって、必要です。

まして、それが今までやった事のない、
未体験の領域なら、なおさらです。

なぜなら、我われは、
行動することによるデメリットを
真っ先に連想するからです。

例えば、先日もそう。

警察への通報するまでにも
かなりのエネルギーを費やしました。

ダイヤルしたはいいけど、

「そんな事で電話をかけないでください」
って言われたら、どうしようか?

結構びびりました。

あとは、僕もたまにあるのが
何かの講座を受講しようか迷っているとき。

高い講座参加費。
そこに費やす時間。

「せっかくの時間とコストをつかって
効果なかったら、どうしよう。。」

つい考えてしまいます。

躊躇します。

本来なら、行動によるメリットが
1番に思い描ければいいのですが、

僕のような凡人は、
そうじゃないんですよね。

先に、デメリットを感じます。

失敗する恐怖。

これが足かせになって、
すぐに動けません。

即座に行動できない理由。

それは、我われが受けてきた
教育が1つの理由だと考えています。

何かを選んだ時に、
それが、うまくいかない結果になる。

すると、

「どうして、そんな事をしたの?」
って、行動した理由を問われる。

しかし、そこには理由はありません。

だって、それが合っていると思って
行動したんだから、
説明のしようがありません。

【行動】<【結果】

行動よりも、結果を重視し過ぎると
動けなくなってしまいます。

結果を怖がってしまい、
行動できなくなってしまいます。

ある意味、これは我われが受けてきた

・「教育」
・「親からのしつけ」
・「環境」

が要因じゃないでしょうか。

常に正解を求めて行動する結果、
何もできなくなってしまう。

無難を選ぶ。

現状キープに専念してしまう。

まずは、頭で考えすぎない。

「エイヤっ、」
の気持ちで、行動が先。

結果は、後から考える。

ある意味のいい加減さが
丁度いいのかもしれません。

警察へ通報した後、
ちょっとした爽快感を感じることができたのも、

普段の自分の殻を
破れたからかもしれません。
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。