手書き販促クラブー”手書き”販促物を使って、お客と繋がる!売上UPする!

手書きのPOPやニュースレター、DMをご商売に活かす”手書き販促法”を提唱する、手書き販促コンサルタント臼井浩二のブログです。


テーマ:
------------------------------------------------------------------
■ お客さんの目を留める工夫!
------------------------------------------------------------------

以前、2件の会社へ販促プロモーションのサポートへ伺ったときのこと。
シルバーウィークへ向けての対策でした。
(ちょうど、1年くらい前かな)

1件の会社は、食品製造の老舗。
主な販路は、地元の道の駅や産直店への卸です。

あなたもご存知の通り、
道の駅や産直店というと、観光シーズンが繁忙期ですよね?


そう!シルバーウィークもそうで。
何とか売上を上げたくて、一緒に対策を立てました。


今回の老舗食品会社が行ったことの1つに、新商品を投入があります。

以前からイベント販売していた商品を
正式に得意先の売場に並べることに。

その際の販促物も欠かさず製作しました。


っで、販促物をつくる上で注意したこと。

それは、
「新商品だと、お客さんに分かるようにしたこと」です。

…???


もともと当社の他商品も得意先に卸していた。
イメージとしては、それら商品と同じ棚に陳列される。

そのときに、埋もれないように!
お客さんがパッと見て新商品だと分かるように!

手書きPOPに工夫を施しました。


得意先への卸だと自社商品が埋もれるケース、
けっこう多いですよね。

他社商品がいっぱい並んでるんで、目立たなくなってしまう…
せっかく新商品を投入しても、目に付かない…

非常にモッタイナイです!!


こっちで売場を選んで陳列できればイイけれど、
そんなコトほぼ出来ない。

売り場に立って声掛けデキればいいけど、それも無理。

だったら、せめて販促物をつかって目立たせる。
これは得意先にも迷惑をかけず、コストもゼロで出来ますからね。


あなたがいなくても、お客さんにアピールできる工夫。
ここは必須です。

販促物を使えば実現可能です。

そして、やるのとやらないのとでは成果は大きく変わってきます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
------------------------------------------------------------------
■ 分かりにくい他店との違いを伝える方法!
------------------------------------------------------------------

ボク:
「最近、手書きPOPのことを相談されるクリーニング店さんも増えてきましたよ」

店主さん:
「そうなんですよね、
 うちもカウンターに料金表を置いてるんですけど、それだけだとなんですよね、、、」

先日、あるクリーニング店の店主さんとやり取りしたひとコマです。


お店のドアを開ける。
一歩入ると、スグにカウンター。
奥には、ビニールを被った衣類がぶら下がっている。

こんな感じなんですね、
僕のクリーニング店さんのイメージって。

(あんまり数を知らないんで、もしかすると違うかもしれません)


お店でいう売場の部分でいうと、カウンター部分しかない。
そこに、手書きPOP、、、

初めはなかなか実感湧かなかったんです。

「…どうやって手書きPOPを活用しようか?」ってね。

ただ、一方でクリーニング店さんが手書きPOP(販促物)を求める。
そのお気持ちも分かるんです。


…というのも、僕の勝手な先入観かもしれないけど、

「クリーニング店さんって、他店との違い、
 分かりにくいことないですか?」

あなたは、どんな印象ありますか?


どうしても、価格の違いが先にくる。

店構えが新しい、古いとかの違いは外から視ればスグに分かるけど。
他の点の違いがイマイチ感じられにくい。

そんなイメージが強いんです。


冒頭のクリーニング店の店主さんの言葉、

「うちもカウンターに料金表を置いてるんですけど、それだけだと、、、」

この心の奥深くにある意図は、ウリを創っていきたい。
価格以外の他店との違いを出していきたい。

そんな想いがあったのだと思います。


POPやニュースレター(おたより、新聞)など手書き販促物をつかうことで、
ウリって、創れます。

お店の個性も生み出せます。

結果、それがお店構えや価格以外のところで選ばれる、
要因の1つにもつながってくるのです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
------------------------------------------------------------------
■ 手書きPOPを社内に浸透させるには?
------------------------------------------------------------------

今日は手書きPOPの書き方ではなく、
取り組みの話です。

従業員さんのいる企業さんの話ですが、個人店舗にも当てはまる話です。


手書きPOP研修のご縁をいただく企業さんには、
ある一定の共通点があります。

同業他社と差をつける取り組みとして

・手書きPOPを社内に浸透させたい
・自主的に実践する従業員を育てたい

この2つの意識を持たれています。

しかし一方で、なかなか思うとおりに進まない。
成果につながらない。

このような現実に直面されています。

------------------------------------------------------------------
■社内に手書きPOPを浸透させるには?
------------------------------------------------------------------

「手書きPOPを社内に浸透させるには?」
「自主的に実践する従業員を育てるには?」

ここを実現させるには、3つの対策が必要です。

1.早いタイミングで(手書きPOPの)成果を上げる
2.成果が上がるまでサポートする
3.評価する

この3つです。


…今から話すのは、
実際に僕が関わったある企業さんでの話です。

関東で十数店舗のチェーン展開をされるある洋菓子店さん。


フォローをおこなっていた3年間、毎月(大雪の降った月をのぞき)、
昨対売上107~8%の結果を残し続けられた、
ある店舗の女性店長さんがいました。

その彼女があるとき、メールを送ってくれました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「営業会議で私の店舗のことを褒めてもらえたんです。

”●●店の販促は勉強になるので、みんな見に行くように。
手書きPOPやブラックボードは参考になるので必ず…”

って、みんなの前で部長に言ってもらえたんです。

今まで取り組んでいた成果が報われました!
引き続きガンバっていきます!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

話は要約していますが、今でも僕の心に残っている内容です。


POPに限らず何にでも共通することですが、
成果が上がらないまま実践し続けるほど、キツイことはないです。

ましてそれが、会社や上司からの指示だったりすると、
創意工夫どころか流れ作業になってしまいますよね。

…サラリーマン時代、僕もよく実感していました。

当然、成果は上がりません。


一方、何らかのキッカケで些細なことでも成果が出ると、
そこに「モチベーション」が生まれます。


自分が書いたPOPで商品がどんどん売れていく。
すると、お客様から声をかけられる機会も増え出す。

オススメの商品を聞かれて、教えてあげると、

「あの商品すごく良かったわ」

次回来店時にお客様に感謝される。
さらに頼られるようになる。

従業員さんの仕事への姿勢は(内面から)ガラッと変わります。


まさに、僕が手書きPOPをお薦めしている理由はココなんです。


「今よりさらに商品を売っていきたい、、、」
「仕事に悦びを感じてくれる、前向きな従業員を育てたい、、、」

2つを叶えるキッカケは、ささいなことだったりします。

1.早いタイミングで(手書きPOPの)成果を上げる
2.成果が上がるまでサポートする
3.評価する

この仕組みをいかにつくれるか、
ここが1つの指針となってくるのでは?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)