読破

テーマ:
今日 たましいの場所(文庫本 早川義夫) を読み終えた。



この本は 宮藤官九郎さんが「スミスの本棚」で紹介され
文春にも書かれて



その時は 買おうか迷ってるうちに 本が売り切れ???←記憶があやふや(>_<)



今年1月 おやすみ日本 第4弾に早川義夫さんが出演されるっていうので また この本が気になりだして



いつか 読もうで購入したまま
今月初め 大阪に舞台八犬伝を見にいく電車内で読み始めて



時間あるとき ちょこちょこと少しずつ 読んでた。



心が癒されたり
共感したり
目からウロコだったり
切なくなったり
泣きたくなったり
いろんな感情になりながら



やっと
今日の昼頃
歯科医院の待合室で読み終わった。



その時
「心が洗われた」って
つぶやいた。


えーと自分で言っときながら 驚いた。
あー いろんな感情になったのはそういうことなのかと…



宮藤さんがこの本を紹介しなかったら
私は読むこともなかっただろうなぁ


読み終わるまでに
約3週間かかったけど


読み始めたこと
読み終わったことに感謝。



AD