テッカムの雑記帳兼日記兼独り言

テッカムが歩む道、歩む上で出会った人々、そしていつか出会えるまだ見知らぬあなたに捧げる、日記というよりは、心情の吐露であり、その軌跡を記し、愚かなる自分自身を叱咤激励、鼓舞するための、いわば劇場型コラム…といったら大げさかな♪


テーマ:
おれの伯母は人工透析をしている。



人工透析なしでは生きてはいけない身体だ。



伯母のことを書こうかと思い、途中まで書きかけたけど、書けそうにない。伯母の自叙伝を開いてみたが、その本に込められた想いをおれが書けるのだろうかという想いに支配されてしまう。



伯母の半生はおれが書けるほど生易しいものではなく、また、伯母の魂の輝きはとても表しきれるものではなかろう。



ただ、一つ言えるのは伯母は凄いということだ。



とてつもない苦しみに日々を嘆く姿など一度たりとも見た事がないし、小さい頃のおれは『佐賀の綺麗なおばちゃん(言わされていた(笑))』は面白い!としか思っていなかった。それほどユーモラスで、周囲の雰囲気を明るくする人だ。とても死と隣り合わせの闘病生活を送っている人とは思えない。



人工透析で通っている病院の看護婦さんが『Hさんからはいつも元気をもらっている』と言うくらいだから相当なものだ。



人はいつか死ぬ。誰だって例外なく。そのことを若くして見つめざるをえなかった伯母は、その命を輝かして、周囲の人間までも幸せにしている。嘆き悲しむ姿を見せず。



凄いとしか言いようがない。



今一度、伯母の自叙伝を読もうと思う。



仕事が忙しいなんて、泣き言を言っている自分が情けなくなってくる。



人はきっと自分のために生きているのではないと最近思う。



まわりのみんなのおかげで生きていて、まわりのみんなのために生きているんじゃないか。



伯母の生き方は俺にそう言っているように思える。



ちょっととりとめのない文章になったけど、最後に伯母に一つだけ言いたい。家に電話をかけてくるときに『もしもし?テッカムくん?佐賀の綺麗なおばちゃんよ♪』というのはやめてほしい(笑)リアクションに困る(笑)





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京時代の友達のブログ

風の噂で聞いたときはまじでびびった。

そりゃびびるさ。なぜって……

東京にいたころ僕は、簡単にお金を稼ぐにはどうしたらいいか?と考え←このあたりが(笑)

マンション販売の営業マンをやっていたのだ。

そして、その会社に入ったばかりの僕は一人の男に絡まれた。

『おまえのび太な!』

『は?』

『だってひよわそうじゃん!!(笑)』

カチンときた。

『うるせぇ。』

『おお?こえ~よこいつ!』

その声の大きい男は、僕のことをかまわず、のび太と呼び続けた。

だから最初の頃は僕はその男のことが嫌いだった。

しかし、その男は何とも魅力的な男だった。

僕と同じ年にもかかわらずトップセールスの座に君臨していた。(当時22歳くらいか?)

むちゃくちゃ鋭いというか、怖い雰囲気の職場でも異彩を放っていた。

ほどなくして、僕たちは一緒に遊んだりするようになった。酒の飲んだし、家にも泊まったし、日焼けサロンにも行った(笑)

僕はそのころからこの男の優しさみたいな面に触れ、ただ気が大きくて声が大きくて笑い声が大きくて態度が大きい男ではないんだなと思った。失礼!

彼の夢はそのときから不動産会社の社長になることだったと思う。そう聞いたことがあるような気がする。

翻ってみるに僕は、やっぱりこういう仕事は向いていないと思っていた。

そして、会社を辞めた。

それから、何年の歳月が流れたのだろう。

僕は広告制作のディレクターという自分がやりたいことをやっている。が、夢はまだまだかなってはいない。ようやくスタートラインにたったばかりであろう。

彼は、年商100億を稼ぐ会社の社長だ。

やつめ。まじで夢を実現してやがる。

やっぱりすげえヤツだったんだ。

僕も負けない。

ヤツに胸を張って会えるようになるまで頑張る。

そう誓った。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
いや~、なんだかアメブロが極端に重たくなってないですか?そう感じるのは僕だけですかね?
メンテナンスの度に使いづらくなるのはどういうことなんでしょうか?何をメンテしているのかさっぱりわからないだけに、首を傾げざるを得ません。
さて、前置きはこれぐらいにして、ついにとむさんが卒業しちゃいましたね。そういう訳で、さっさとこのシリーズも完結へと向かわなければならないのでしょうが、このシリーズは思いのほか、書くのがしんどい(笑)
という訳で、のんびりと続ける事にします。のほほん。
で、今日はもう眠たいので、次回予告をして終わります(笑)

次回は…『悪夢!北海道はでっかいどお!でっかいだけならいいが雪はんぱじゃねえどお!』をお送り致します(笑)いや、マジで。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
いやはや、諸事情により、かなりの間休載しておりました。
ていうか、その間になんと!とむさんが卒業しちゃいました。あらら。。。
さぁ、書こうと思ったときにアメブロメンテナンス……。タイミング悪っ!!

先日はとむさんの追い出し会があったんですが、鹿島で分区の解散式があったのでこれにも参加できず。本当はすごく行きたかったし、行かねばならぬと思っていたのですが、これからのアクト活動を思えばやはりお膝元のクラブ、分区を優先しなければならないと判断しました。もしかすると、みんなに言えば分かってくれたかも知れませんが、『私』を優先させる時期は終わりを告げたのだと思っています。これからは『公』を優先させる時期です。アクトにおいては。

行けなかったとはいえ、自分の気持ち、メッセージはとむさんに対しては、伝わっているのではないかと思っています。これから自分が何をすべきかも。

取り急ぎ、昼休みの時間を使って投稿します。
また改めて続きを書きます。

この記事を待ってくれているとむさんファンのみなさんすみません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
続きということで書いていきたいと思うのですが、とむさんのことを語ると、自分のアクト活動まで総括してしまいそうな勢いなんですよね。しょうがないけど。
さて、とむさんと深くかかわり合いになる前の僕は、どこへ行くにもがーこと一緒で、よく『おまえら兄弟みたいだな』とか言われていたんです。二人でよくはしゃいでましたね。
けれど、とむさんに『わいどん、いつも一緒におるやろううが!たまには別々に行動しろ!』とことあるごとに言われてまして(苦笑)、最初は『うぜーな』ぐらいに思っていた(笑)んですが、なんか二人で一人みたいに思われるのが、お互い嫌になってきたということもあるんですが、単独で行動し始めました。徐々にではありますけど。最近では、がーこが地区代表ということもあって、逆にほとんど別行動をとっていて、たまに他地区の行事などで、一緒にいたりすると、『こういうのも久しぶりだね』みたいな、なんだか熟年カップルのような会話が交わされたりします(笑)。
けど、そういった単独行動のおかげで、僕はそれまで以上に色んな人と出会い、接し、そして勉強していくことになったのです。
本当に僕も極端ですから、単独行動を取りはじめるととどまる事を知らず、地区内はもとより、2720のずんじくん夫妻のところに遊びにいったりだとか、2690の地区スポーツ大会に単独で参加したりだとか(爆)、行動範囲が大幅に広がりました。
そのおかげで様々な企画も生まれましたし、僕の財産がたくさんできました。
大きく遡って考えてみれば、とむさんの言葉がきっかけなんですよね。これって、きっと。
現状では僕の中で考えていることが『原点回帰』で、もう一度クラブ内に目を向けてみようと思っています。というか、今まで僕が得てきた様々なことをクラブ内に還元するときではないのかな?と考えているんです。もちろん、今までもそのときどきで、様々な交流をもったりしていましたが、もう少しベクトルを内の方へ向けようかな?と考えています。
こういうことを考えるきっかけを与えてくれたのはとむさんでしょうね。悔しいけど(笑)。
もちろん、僕はノミニーに性懲りもなく(爆)立候補していますから、地区内の様々なバランスを考えながらやっていかなかければならないんですけど、そのあたりのスタンスは今まで以上に慎重に考えなければならないと感じています。
こういった今まで僕が書いた内容をより突っ込んだカタチで、しょっちゅうとむさんと話してきました。
そのしょっちゅう話すことになったきっかけがいまいちよく分かりませんけど、恐らく、僕が一人で長崎クラブに遊びに行きだしてからだと思います。長崎クラブに遊びにいくくらいだったらいいんですが、とむさんちに4日くらい居候したりして(爆)、もうそんなのアクトもなにも関係ないじゃん!みたいな(爆)だって、酒飲んで、マージャンして、寝て、パチンコしてっていう、なんなのそれ?っていう状態でしたかららね。とむさんと4日間一緒にいて、それはさぞかしアクトの色んな話を聞けて良かっただろうな、と思ったアナタ!そんなことは一切ありませんから!(爆)うらやましくもなんともないですから!(爆)
一応、そういうかかわり合いの中で、アクトについて深く語ったことも何回もありますが、これはもう凄いです。こういう話はみんながするべきだっていう本当に深い話までしてきました。これは、僕の財産です。そして今からこれをみんなに還元すべきだと思っています。もちろん、とむさんの意見をそのまんまみんなに伝えるというわけではないですよ。そういう話をできる場を作るということです。
たまに勘違いしている人もいるんです。僕ととむさんが仲いいから、あの二人は共通意見で結託しているんだと。それは間違いです。仲良く話しているように見えて、まるっきし反対意見だったりしますから(笑)でも、そういう関係っていいと思いません?
仲がいいからいっつも同意見って、健全じゃないと思うんですよね。
そういった意味で、とむさんはパブリックイメージとは裏腹に柔軟だったりします。
僕が思うにそこが凄いところじゃないかなと。
う~ん、褒めすぎてるか!
いや、この際、ほめ殺しの路線でいこう!
というわけで、ちょっと真面目な第3回目は終わります。
そして、つづきます(笑)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
それから、という終わり方でしたが、もう少しそのキャンプのお話をば。
そのキャンプというのは、知っている人は知っていると思うのですが、2690地区(鳥取・岡山・島根)と2740地区の交流会として行われたんですね。そのときの自分は全然良く分かってなかったんですが、大勢のアクターがいました。その大勢のアクター、特に2690地区の皆さんをもてなすためにだと思うのですが、とむさんのリーダーシップは素晴らしかった!一癖も二癖もある2740地区のメンバーを統率している姿は、素人目から見ても『ほう!』と思わせるものでした。
このキャンプには2690地区からゆ~さんや石井さん、姫なども参加されており、今思えば本当にこのキャンプが自分にとっての分岐点というか、なにか運命的なものを感じますね。初めて出会ったゆ~さん、石井さんのインパクトは強烈で、忘れろと言われても、忘れられないほどでした。ていうか、ウミンチュだ!と思いました!(だって、潜ってさざえとか採ってきたんですよ!)しかもなんてボランティア精神に溢れた人たちなんだろうと!誰よりも動いてましたからね!うんうん。すげぇな。なかなか真似できんばい!
そういうインパクトに溢れた、まさにディープインパクトなキャンプでした。
それからというもの、僕はアクトって面白いかも?と思い、いろんな地区行事に参加するようになりました。
けれど、人間というものはそう簡単には変わりません。変わるということはすごいパワーを必要としますからね。
その僕という人間の枠組みを強引に広げてくれた、というか、広げてしまった(爆)のが、他ならぬとむさんなわけです。
忘れもしないのが、いつぞやの2690地区年次大会でのことです。あっ!いつぞやのというか、とむさんが代表のときだな、うん。
またしてもよくわからんままに楽しいからということで、参加した僕は懇親会、二次会、三次会と楽しくお酒をいただいておりました。その三次会(だったよね?)での出来事です。その当時の代表ばかりがお酒を飲んでいるという相当にえげつないテーブルがありまして(笑)、何でか知らんけどそこに呼ばれた僕(笑)。内心、『げっ!』と思いながらも、テーブルに着き、お話を伺っているうちに段々、雲行きが怪しくなってきました。いわく、『ワイ、代表すっとや?』と(爆)。『すっとや?』とは一体どういう了見なんでしょうか?(笑)するもしないも僕はその時点ではそんなことよくわかっておりません(笑)そう正直に言うのもはばかれたので、やんわりと『いやぁ、するときが来ればするんじゃないですか?』みたいにかわしていましたが、そこはなんせ『えげつない』面々(爆)。そういう僕の反応を『ふんっ!つまらん!』だの『せんでよかぞ!すんな!すんな!』と、口々にののしりまくり状態です(笑)。その時点でけっこうお酒が入っていた僕は、段々腹が立ってきました(あ~あ、思うツボだよ…)。で、口に出た言葉が……『代表しますよ!絶対にします!』だったと……。で、その言葉を聞いたとむさんと、2720のM田さんが言った言葉が今でもよくわかりません(超爆)
『そがんこと今さら言われても信じられん!』『おう!信じられん!』『証拠ば見せてもらおうか!』『よしっ!見せてもらおう!』『そうやなぁ……よしっ!ここにおる男全員とキスしてこい!』『よし!キスしてこい!』
……意味不明です…。。。全くもってナンセンス!ばかばかしいにもほどがあります!!
……が!
酔っぱらった僕は腹立ちまぎれに『わかりました!』と言い、まずは、その場の代表達とディープキス!
そしてよくわからんけど2~30人いた男をばったばったと斬りまくってしまいました……。
…酔っていたとはいえ、その場にいた男性の貞操を図らずも奪ってしまった僕…。ていうか、奪いつつもなんだか奪われてしまったかのような錯覚にも陥りました。。。翌日は唇はカサカサになってるし(涙)
ですが!!
この一件で僕の名前は地区内外に轟いたのです!いや、大げさではなく!もっと言えばいいか悪いかは別として!(笑)
そして、いつしか僕は錯覚してしまったんですね。『俺は代表をするんだ!』と(笑)

何が言いたいかというと、こういうところはとむさんは天才的です、と言いたかった訳です。
これ以外にも散々のせられて、やってしまいましたよ、実際。
これは僕だけではないはずです。地区内外を問わず、色んな人たちが彼の被害を(笑)うけているはずです。そろそろ『被害者の会』でも作ろうか?と思わずにはいられません!(爆)

あ~、ちっとも終わらん。では、また。つづきます。。。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
『偉人伝』なんていうテーマをつくっていてよかったなぁ。と、思っている僕(笑)。最初、本名がタイトルだったんだけど、それはさすがに恥ずかしいかな?と思い、ハンドルネームにします(笑)。

とむさんと最初に会ったのはいつだっけなぁ?よくわからん。確か自分が入ったばかりの頃、第一回会長幹事会の実行委員長(名ばかりの(苦笑))をしていて、なんかやたら濃いおっさん(失礼!)がいるなぁと思ったのが最初かな?
どう濃かったかというと、とむさんがちょうどノミニーに立候補していて、周りのみんなに『誰もせんの?本当に自分でよかとね?』と半分けんか腰で言っていたから(爆)その頃は今より怖かったかもしれません(笑)だから、何かちょっと避けていた気がしないでもないですね。

で、なんか長崎でカラオケで飲むことがあって、その頃の地区代表だったN村Dろうさんと、とむさんと語って、何か知らんけど気に入られ、気に入られたはいいが、気合いを入れろと意味不明の叱咤激励を受け、とりあえずみんなで裸になって暴れていた記憶あります。今考えると無茶苦茶やな(爆)ひどい!ひどすぎる(爆)まわりのお客さんの迷惑ですから!

それからもちょくちょく顔は見ていたような気がするけど、いかんせんその頃の自分はアクト活動に対して積極的ではなく、あまり地区行事等に出ていなかった気がします。

それから、とむさんが代表のときの夏、長崎でキャンプがあったんですよね。これが自分の人生を狂わせました(笑)
先述の通り、アクトにあまり積極的ではなかった僕。このときは現在2740地区代表のがーこ氏が『自分一人しか行くとのおらんとさ!わい行かれんや?楽しかばい!…多分』と、僕を誘い、最初はしょうないな、とあまり気乗りしていなかったんですね。けどねぇ。いざ行く事になってからは、そのころ僕とがーこ氏の超フェイバリットソングだった『楽園ベイベー』をガンガン鳴らしながら、『イェーーイ!!!』と叫びながら参加している僕がいました。…多分、何かの間違いだと思うんですけど(苦笑)[※余談ですが、このときスーパーハイテンションになった僕は、夜、車の中で寝ていたがーこ氏を、まず海の水が気持ちよかばい!ほらほら!本当に入ってきたさ!と、がーこ氏を濡らしながら起こし、またしばらくすると長崎北の坂井さんと青山さんが来たので、がーこ!女の子と飲みよるばい!と起こし、さんざん大騒ぎしたあと、自分の車の中で寝て、朝起きるとエンジンをかけずにクーラーをかかえていたためバッテリーがあがり、誰かあのバッテリーばつなげるヤツば持たんですか?と起こしまくり、本当に迷惑をかけまくったのです(大汗)]
どうでもいい余談が長くなりました。
で、キャンプです!このときに僕の中でとむさんは凄いなぁと思う出来事があったのです。
昼間の話ですが、僕は防波堤付近をウロウロしていたんですが、海の中にはいっぱいアクターがいて、とむさんがその様子を防波堤の上から眺めていたんです。と、そのとき、期せずして、海の中から『トムコール』が起こりました。まぁ、要は飛び込めというコールですね。で、とむさんは『いやいやいやいや、さっき上がってやっと乾いて着替えたとやっけん!勘弁して!』と本当に嫌がっていました。が!やまない『トムコール』(笑)そのとき、その様子を見ていた僕はこう思っていました。『オイやったら飛び込まんな』と(笑)
次の瞬間。僕は我が耳と、目を疑いました。
やむ気配もなさそうな『トムコール』の中、『ったく!!しょうがなかなぁ!!』と吐き捨て、とむさんが服を着たまんま飛び込んだのです!
おったまげました!
すごい男だ!と思いました。以来、僕はとむさんを尊敬しているのです。
この話はもう何回も、色んな人に話してきました(笑)でも、それくらい衝撃的な事件でした。

それから……~長くなりそうなので第二回へつづく~
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
またテーマを新設してしまった。。。この調子でいけばテーマは増えるだけ増えて使うことはないという状況に陥るやも。。。ま、そんときゃそんときで♪(出た!楽観主義!)

というわけで記念すべき第一回目の偉人伝は日田中央RACの『22升』さんです!おめでとうございます!!このテーマはあなたの写真がきっかけで生まれました!やったね!

まずフォローでもしときますか。もし、彼を知らない人が見てたら『え~っ!アクトってこういう人もいるの?』と不安になるかもしれません。しかし、アクトは基本的に年齢さえ18~30歳ならどんなに恐い顔をしていようが入れるのです。そして、一回入会したが最後、『やめてくれ…』とはなかなか言えません。ましてやこんなに恐い顔をしている人に言えますか?僕は言えません。というわけで、アクトは素晴らしい!!……、えっ?フォローになってない?よかよか!こがん恐か顔ばしとってフォローのできるもんですか!!(逆ギレ)

さて、彼とは変なきっかけで仲良くさせられてまして、いやよいやよと言っている僕を彼が無理矢理……。。。それ以上は聞かないで(涙)。

ちゃんと書きます(笑)。彼はハンドルネームにもある通り一晩で22升ものお酒を飲み干したという伝説をお持ちです。(こわ~~)そんな彼はアクトにアツいというよりも町興しにアツい方です。戦争を興したというなら納得もできますが、町興しとは……人は見かけによらぬものですなぁと妙に感心してしまいますが、ストリーム日田という様々な団体や個人の集合体で、色んなイベントを主催したりされております。そもそも鹿島と日田とは浅からぬ因縁がありまして、鹿島にあるフォーラム鹿島を手本に作られたのが前述のストリーム日田だと聞いております。

それで、一回ウチの例会に来ていただいたんですよね。フォーラム鹿島の土井さんという方の町興しの講演があったので。(そのときはストリーム日田のおじさん達(失礼!)とずんじ氏も来てくださいました)それから、例会後『飲みにゅけーしょん』をはかって、仲良くなったわけです。というわけで、僕と22升さんが二人で話していたら、それは町興しの話と思っていただいてけっこう!決して、おねぇちゃんの話をしていたりはしません!!

それにしても恐いな……
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。