今回から、B3のコクピットの中でお届けします。

 

 

 

改めて見ると、なかなかの狭さです。

特に天井の低さが気になります。

 

 

背の高いお客様は、かなり前かがみにならないと頭をぶつけます。

 

 

 

前回のセスナで、かなり安定した飛行ができるようになったMAIちゃん。

737ではどんな腕前を見せてくれるのでしょうか。

 

 

 

 

早速、神戸空港 RW27 から離陸開始です。

 

 

 

テイクオフフラップは5°にセット。

パーキングブレーキをリリースし、パワーを上げていきます。

 

 

 

 

うむ。ラダーペダルの操作もなかなかの安定感。

 

 

離陸後、ピッチ(飛行機の迎え角)10°で上昇、170ノットをキープします。

パワーコントロールはまだまだ難しいと思うので、教官役の私が右席から実施します。  

 

 

 

 

 

3000ftになったところで、水平飛行を指示しましたが。。。

 

 

 

 

 

 

 

かるーく5000ftまで突き抜けます。笑

 

 

 

 

ニヤッとする私。

 

 

 

当然といえば当然なんですが、737のパワーと重さを考えたら、操縦桿を相当押し込まないと言うことを聞かないんです。

 

 

 

私  「高度見てみ?」

MAI 「わっ!」

 

 

私  「いや、驚く前にとりあえずアタマ、下げようか。」

 

MAI    「もう下げてます!でも反応がないんです。」

 

私  「反応が無いんじゃなくて、ワンテンポ遅れてくるだけ。

    もっと思いきってアタマ下げて。」             

            

MAI    「え。あ、はい。。。」

 

 

 

左席で悪戦苦闘するMAIちゃん。

操縦がめっちゃバタついてます。

 

なんとか3000ftまで降下できましたが、

±200ft前後をふらついて、ピタッと高度を止めることができません。

 

 

 

 

ふふふ♡

 

 

女子大生を相手に大人気ないかな、と思いつつも容赦はしません。

 

自動操縦は一切使わず飛んでもらいます。

 

もはや、額から出る汗がマスカラに攻撃を始め、

可愛くキマった化粧がドロドロになるのも時間の問題です。

 

 

 

切羽詰まった状況のなか、

 

 

「練習の続行か、MAIの化粧を優先するか」の判断を迫られます。

 

 

 

 

パイロットは飛行中、常に冷静に状況を分析し、判断をしなければなりません。

 

 

 

辛い商売です。

 

 

 

 

んー、どーしよ。

 

 

 

 

 

。。

 

 

。。。

 

 

 

 

 

散々悩んだ挙句、訓練の続行を取りました。笑

 

 

 

 

きっと、明日の今頃は嫌われていることでしょう。

 

 

 

 

 

 

そうなる前に、

 

737に付いている、とっておきの機能を伝授してやろうと思ってます。笑

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

本日の飛行時間 15分

 

トータル飛行時間 4時間15分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD