当たり前

こんにちは

『てち』です。

 

 

たくさんのコメント

本当にありがとうございます。

 

コメントがつきました、

というメールの数よりも

私が目にする数が減っているのは

運営さんが削除してくださっているわけで、

ご尽力に感謝致します。

 

 

本来ならば、コメントに

お返事を差し上げるのが

筋かとは思いますが

なかなか時間がとれず、

申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが

( 。゚Д゚。)

 

どこかで時間をとって、

今日のblogは返事しまっせーー!!

って日を、作ってみたいと

思っております。

 

 

さて、肝臓がんを鬼姑様が患ってから

5年という月日がたち

通院も半年毎になったのですが、

新たな良性の乳腺腫瘍の通院も

半年毎になり、

結局3ヶ月おきに

通院するスタイルは変わらないのでした。

(クソッ(-_-#))

 

 

んで、先日は

肝臓の方の検診で、

CTだったんですが、

 

 

検査前に針を射すところを

鬼姑さまがのぞいて

『やだーーー!

あの人前にケンカした人だもん!!

どうしよう!!

あの人には、やってもらいたくない!!』

 

とか言い出し、

 

『自分がしたことなんだから

仕方ないでしょ

先の事考えて行動しないからでしょ』

と、冷たくあしらうと

 

 

『だって!!

あの人がいかんのだがね!!』

 

 

(はい出た、また人のせいーーー)

 

 

そのうち名前を呼ばれ

鬼姑が入っていくと

 

何やらごねている。

 

 

(#゚Д゚)!!

 

 

検査の同意書がなかったみたいで、

本人に確認したいらしいのだけど、

ごちゃごちゃとこの前は……

とか話し出して、

話にならんようで、

3人がかりで、鬼姑に聞いていましたわ。

 

 

聞くに絶えず、

『大丈夫です。

前回ちゃんと同意書にサインして

説明も聞いてますから!』

と、横から割り込みました。

 

 

ったく世話が焼ける。

自分が気まずくなるように

したもんだから、

ばつが悪くてごまかしてたのでしょう。

 

 

くだらん。

 

 

一通り検査を済ませ

外来のいつもの先生のところへ。

 

 

呼ばれて中へ入ると。

 

 

 

『先生あのね!

なんかね、私、おっぱいのとこに

血がついとってね

(洋服をめくりだす)

変だなーと思って、薬をね塗って………』

 

 

乳腺の手術に至るまでの話を

1から始めやがりました。

 

 

この先生に指摘されて

紹介してもらって検査して

手術に至ったのに、

そんなことすっかり忘れてるのか、

1から話始めたのです。

 

 

完全にボケてんな、こいつ。

と、確信できた出来事でした。

 

 

先生も、ハイハイといいながら

真剣に聞こうとしています。

 

私はすぐに気づいたので

『はい、それ、もう話したから

話さなくていいから。

先生、これ、手術する前の話ですから

聞かなくて大丈夫です。』

と、遮断!!

 

それでもまだ話したがる鬼姑に

『もう話してるから話さなくていい!!』

と、三回くらい阻止しました。

 

 

完全に経緯を忘れていましたね。

 

記録として残すのには

いい材料でしたわ。

 

 

『あれぇーーそーだったかーー?

話したかぁ??

私、先生に話した?

そーなの??』

 

 

完全にアウトだろ、お前(-_-)

 

 

こーゆーときに

旦那とか義芋とか

いねぇんだよなーーーー。

 

 

こーゆーのを

体験してほしいんだよ!!

 

今度から動画でもとるか?

あ、ICレコーダーでいいのか。

 

ボケていく様子を

ICレコーダーに克明に記録。

いいかも。

ついでに暴言も(笑)

 

 

今まで、検査はなにもなく、

過ぎてきていましたが、

今回は久しぶりに、珍しく肝臓の数値が

少し越えていました。

 

 

これからは

肝臓を中心にみていくらしいです。

 

 

肝臓がんをした人は

やはりどこか、そういう体質があるらしいので

またガンになる可能性があるからだそうです。

 

 

もー5年たったから

放置でえーんちゃうかーーー。

 

と、私は思っていますけど。

 

 

自分の親の時のために

自由に動けるようにと

鬼姑のことで動いていますけど、

 

いざうちの親が病気したりしたら

きっと鬼姑は

当たり前のように

『嫁さんがおるんだでいいわ!』

とか言いそうーーーー( ̄▽ ̄;)

 

 

そしたらね、

言う台詞は考えてあるの。

 

『自分の親の面倒見るの

当たり前でしょ

他人任せにしたら申し訳ないわ!!』

ってね。

 

 

これいったら

気持ちいいだろーなー。

 

そんなことになる前に

鬼姑には逝っていただきたいんですけどねー。

 

 

そんなことを今日も願う

てちなのでありました。

 

 

 

 

 

AD

コメント(34)