てっちゃんとコテッチャンのブログ

サッカー、Jリーグ・川崎フロンターレ、モンテディオ山形、マラソン、旅行、温泉、グルメなど、様々な日記を書き綴りたいと思います。


テーマ:

公式戦4連勝。

vs新潟、vs東光、vs磐田、vs鹿島。

 

相手がそんなに強くない、あるいは、主力が欠場している一方、川崎のメンバーが戻ってきた中での連勝なので、これが実力とは言い切れませんが、サッカーのイメージが良くなってきたのは確かのように思います。

 

僚太が復帰したことで、ボールの動きが変わりました。

最も大きく変わったポイントは「ワンタッチ・パス(ダイレクト・パス)」です。川崎のほとんどの選手は「止めて蹴る」プレーですが、僚太は「止めずに直接蹴る」シーンがある選手です。

 

この試合でいえば、解説の福田さんがべた褒めした2点目のシーンですが、僚太はスルーしただけで、触ってないわけですが、これも「止めずに蹴る」の一種だと思います。

 

ワンタッチ・パスはボールの動きのタイミングが変わるので、相手陣形が一瞬で破壊され、川崎が数的優位を作ることができます。

 

僚太の動きは「静」ですが、ボールの動きは加速するので「動」です。このギャップが相手が守り切れないスペースを作りだし、チャンスメイクにつながっていると思います。

 

一方、自ら「動」を作りだす選手である阿部と長谷川の存在が非常に効いています。調子が上がらない時の川崎は、「ワンタッチ・パス」がなくて「止めて蹴る」ことに加え、そうしたパスばかりを回しているだけなので、相手陣形は全く崩れませんでした。

 

しかし、阿部と長谷川(特に長谷川)という「ランナー/ドリブラー」がリズムを変えます。この試合の先制点も、長谷川は最初は「ランナー」であり、ボールを受けてからはゴール前に持ち込む「ドリブラー」に変わります。そして、もう一人の「ランナー」である阿部がゴールゲット!

 

やっぱり、パスだけでは相手は崩れず、走ったり、ドリブルしたりと、様々な動きを組み合わせることで、有効な攻撃ができます。こうした動きは昨年まではありませんでしたので、今季の鬼木フロンターレの新たな特徴でしょうか。

 

同じ役割は、ハイネルやエウソン、ノボリにも期待できるのですが、今まではイマイチだったように思います。しかし、阿部や長谷川が良い成功事例を演じることで、他の選手も「こういう動きか」と理解が進み、チームとしてレベルアップするんじゃないかと思います。

 

しかし、このところの勝因は上述内容だけではなく、ゴール前にもあるのかな?と思います。1つはゴール前の落ち着きで、この試合でも阿部と長谷川は難しいシュートを落ち着いて決めています。はずした悠さまとは対照的です。そして、もう一つはゴール前の守備ですが、ソンリョン、エドゥ、谷口、そして、車屋が粘り強く守っていることも大きいです。

 

以上のように全体としては良くなっていると思いますが、昨日の試合でいえば、鹿島に裏を取られたシーンが結構あったので、そこを修正することと、悠さまのゴール前での落ち着きが欲しいですね。この辺りを修正できれば、もっと改善していくように思います。

 


結果 鹿島 0 - 3 川崎
会場 カシマサッカースタジアム
観衆 10,838人




にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

てっちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。