てっちゃんとコテッチャンのブログ

サッカー、Jリーグ・川崎フロンターレ、モンテディオ山形、マラソン、旅行、温泉、グルメなど、様々な日記を書き綴りたいと思います。


テーマ:

一言でいえば情けない試合でした。ボールポゼッションはしていますが、持たされているに等しく、全くゴールに近づけません。前半は完全に札幌ペースだったように思います。

 

放ったシュートは9本ですが、FW悠さまはPK1本のみで、前線の長谷川は2本放ってますが、ハイネルとノボリは無し、車屋の2本も有効なシュートではなかったような。攻撃はまるでできていなかったと言えます。

 

そもそも、3バックって川崎にあってるんでしょうか?田坂が入っているのだから、素直に4バックが良いと思います。

 

3バックの狙いは、3-4-3の3ラインを綺麗に作り、1列目と2列目が入れ替わりながらギャップを作り、相手守備陣形を崩していくことだと思います。しかし、そのためには最終ラインの3人から適切なダイレクトパスが出せることが前提です。

 

奈良~谷口~ネットあたりでボールを回していますが、例えば、奈良から2列目に降りてきた悠さまにダイレクトパスを入れ、悠さまは軽く落とし、それを2列目の選手がダイレクトで前線にはたき、長谷川やハイネルが抜ける。こんな流れを考えてのことでしょうが、最初のダイレクトパスが出ない以上はノッキングするだけです。

 

4バックであれば、ボランチが中央に落ちてきても良いので、僚太やケンゴであれば、そこからダイレクトパスが始められます。ワイドも高い位置を取っているので、ラストパスの出しどころも多いと思います。

 

まあ、最終ラインがダイレクトで良いパスを出せないようでは、所詮はパスサッカーなんて無理なわけで、今のメンバーではどうかな?と思います。エドゥーはダイレクトでパスを入れていたので、早く戻ってきてほしいと思います。

 

守備の時も、奈良が引っ張り出された上に、ノーマークでクロスを上げられる始末ですので、やめた方がいいと思います。奈良は中にいた方がいいし、外は外を守れる選手がやるべきです。エウソンがいないのはきついです。

 

それから、甲府戦でボーンヘッドをやらかした三好が出てきましたが、あんまり反省してないようですね。

 

甲府戦では、三好の無茶な突っ込みでボールをロストし、それがつながれてのゴールでした。三好はこの瞬間だけで3つのポカをやっています。1つ目は無茶なカットインでのロスト、2つ目はロスト後の追いかけが甘すぎること、そして、3つ目が谷口が時間を稼いでくれたので追いつけたにもかかわらず、守備が緩すぎたこと。

 

こんなポカをやらかしても再び使ってもらえるわけなので、もっと必死に走るのかと思いきや、結構、緩めてました。欧州リーグなどでは考えられない緩いプレーです。川崎の至宝とまで言われているのだから、もっと意識を高く持ってプレイしてほしいです。

 


結果 札幌 1 - 1 川崎
会場 札幌ドーム
観衆 18,155人




にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、かすみがうらマラソンを走ってきました。

 

記録は下記の通りです。

ネットタイム:4時間26分42秒

グロスタイム:4時間31分15秒

 

マラソン3シーズン目ですが、これまでの自己ワースト記録は、初マラソンの大町アルプスマラソンでの4時間16分でしたが、それを10分あまり更新してしまいました。

 

かすみがうらマラソンはシーズンオフの4月開催ですが、フラットなコースであり、天候によっては記録を狙えるコースのようです。私も今シーズンのラストチャンスとしてエントリーしていました。

 

しかし、3月下旬に右脚(後脛骨筋)に激痛が走る故障をしてしまい、ちょっとのランニングもできない状態が続きました。先週までは出場は無理かと思いましたが、2週間ほどランニングを封印して完全休養を取ったところ、直前の10km練習(LSD的にゆっくり)で痛みが出なかったことで出場を決めました。

 

但し、フルマラソン中に痛みが出て動けなくなったら大会に迷惑をかけますので、あくまでリハビリ目的のLSD走に徹し、キロ6分くらいのゆっくりペースで走ることにしました。

 

結果を5kmスプリットで説明しますと、

~5km:31'42、@6'20、最初の1kmは渋滞

~10km:31'08、@6'13、巡航速度

~15km:30'08、@6'01、巡航速度

~20km:33'37、@6'43、普通は行かないトイレ休憩も遠慮なく、給水所渋滞も始まる。

脚に違和感が出ないので、中間点から少しペースアップ。

~25km:30'31、@6'06、ペースアップしても給水渋滞でロス

~30km:30'52、@6'10、給水渋滞が拡大

~35km:29'50、@5'58、給水渋滞続く中、ペースを@5'30にアップ

~40km:36'14、@7'14、ペースアップが影響して脚が痙攣

~ゴール:12'40、@5'46、ラスト1kmは痙攣が収まる。

 

1月の勝田全国マラソンでは、30km以降で@5'20から@5'00にペースアップし、33kmくらいで脚が痙攣しました。今回は@6'00程度でしたので、@5'30へのペースアップは大丈夫かと思いましたが、結局、6km行って痙攣しました。練習を中止していた影響はありますが、やはり、ペースアップは脚への負担が大きいことを身をもって学びました。

 

やはり、目標タイムに対してやや速めに入り、終盤に粘るというのが妥当なんですね。

 

 

さて、最後に当日のレースそのものですが、昨日の気候はご承知の通りで、レース中の最高気温が26℃くらいになる暑いレースとなりました。10km過ぎから道端で倒れるランナーが出始め、救護スタッフと思わしき方にタオルで仰いでもらっている状態です。熱中症です。距離を進めるごとにそのようなシーンが増加、救急車のサイレンも鳴り響く死闘レースとなったようです。

 

一方、給水所がパニック状態で、今までのレースでは経験したことのないような状態でした。15km以降は走りながらの給水はできず、給水の度に歩を停めて列に並ばねばなりません。概ね1分程度のロスを重ねることとなりました。

 

給水所についてもう少し書きますと、フルマラソンには1万5000人ほどがエントリーしています。東京マラソンの1/3程度です。今年の東京マラソンでは給水ボランティアをやりましたが、各給水所の規模が東京マラソンの1/10ほどしかありませんでした。しかも、東京マラソンより暑い季節です。この給水体制ならば、東京マラソンの1/10程度の数である4000人くらいが限度なのかな?と思いました。

 

参加者数に関してもう少し言いますと、コースも道幅が狭いので、給水所を整備したとしても心地よく走るには7000人くらいが限度かなというのが正直な印象です。特に、当レースは視覚障害者レースでもあるので、コース上の混雑は危険を伴います。

 

一方、良い面もあり、レース後半の30kmくらいから先では大きな私設エイドが地域の食材を提供してくれていて、ランナーを暖かく迎えてくれます。自宅のお庭から放水シャワーを撒いてくれるご家庭もありました。コースもフラットで記録が狙えるので、参加者数を絞って、しっかりとしたレースにしてほしいと思いました。

 





にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

同じ勝利でも、前節の勝利は情けないダメ勝利でしたが、この試合は勇気をもって粘り強く戦っての良い勝利だったと思います。

 

今季の東京Vは上位にいるだけあってとても手ごわいチームに仕上がっています。前線に収まる外人がいるし、サイドの突破もパウロ君(元川崎F)が彼らしさを出しており、チャンスメイクが非常に多いチームでした。そうした好調のチームを零封し、自らは数少ないチャンスをものにできたことで、粘り強さが出た、ある意味、モンテらしい勝利だったと思います。

 

試合を振り返ってみると、そうは言っても前半の展開はダメダメでした。戦闘意識が弱く、東京Vの攻撃にひたすら耐えるだけで、解説の越智さんも「このままではモンテが勝つことはない、良くてドロー」的なことを言っていましたが、本当にそんな展開でした。

 

ハーフタイムで木山監督の喝が入り、「もっと自信を持ってやれ」という指示に何とか応えるようになったのが後半だったかなと。

 

以前指摘しましたが、モンテの選手は自陣でボールを奪ってもクリアーのように蹴っ飛ばすだけでチャンスにつながらないからダメだと、勇気をもって繋いでいかないとチャンスは生まれないと、そんなことを書きましたが、この試合の後半はそういう弱気の虫がちょっと消える時間帯があったと思います。

 

ゴールとなったシーンは、リスクを取り勇気をもって自陣からつないで、相手守備陣を剝がしたことで数的優位で攻め込むことができ、良いクロスを上げ、3人目に飛び込んできた選手に合わせることができました。そして、先に走り込んでいた汰木がルーズボールを奪ってのゴール。

 

全ては、自陣からのビルドアップで、食いついてきた相手を剥がせたことが勝因だったと思います。こういう経験を積んでいけば、どうやればゴールに近づけるかがわかってくると思うので、貴重な経験になったんじゃないかと思います。

 

雨が降って寒い日でしたが、良い勝利だったと思います。

 

 

結果 山形 1 - 0 東京V

会場 NDソフトスタジアム山形

観衆 4,677人

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。