てっちゃんとコテッチャンのブログ

サッカー、Jリーグ・川崎フロンターレ、モンテディオ山形、マラソン、旅行、温泉、グルメなど、様々な日記を書き綴りたいと思います。


テーマ:

お久しぶりです。

 

スタンドで見て感想は持っていましたが、一応、ビデオを確認してから感想を書こうと思い、今頃になってしまいました。というか、そもそも、最近は観戦日記を書いていないので、今頃何なの?という感じですけどね。

 

ビデオを確認しての感想ですが、重要な結論は変わりませんでした。

 

コバ悠、僚太抜きでは話にならない!

 

大局的な結論はこれに尽きます。

今季の川崎のキーマンは大久保でもケンゴでもなく、この二人です。代表選手ですし。

 

苦しい試合でコバ悠がゴールを決めてくれたり、この試合の終盤のように中を締められても、僚太がスルスルっとカットインし、DFを引きつけて相手守備陣を破壊します。ラストパスにならなくても、その流れでゴールまで行けたり、あるいは、そうやって相手を疲弊させ、もっと簡単に穴が空いたりと。

 

1stステージは、僚太のプレーが光って光って、相手守備陣がどうにもならないって感じに見えました。惜しくも2位でしたが、快進撃の原動力だったと思います。

 

1stステージ前半こそエンジンがかかりませんでしたが、終盤から2ndステージ前半にかけて大躍進だったコバ悠、連続試合ゴールなんて記録もありました。成長しました。

 

そんなキーマン二人が、この大事なところで欠場では、鹿島相手にはかなりの劣勢を強いられると思いましたが、順当な試合になってしまいました。

 

そもそも、コバ悠と僚太にひところの活力がなくなった終盤戦、ラスト10ゲームは5勝5敗。負け試合では、5失点、3失点×3試合ですから、失速ぶりはすさまじいです。川崎の怖さがなく、相手が思い切って攻めることができたという状況でした。

 

僚太は、トゥーロン、五輪に加えて、A代表帯同と、心身ともに厳しかったと思います。浦和の遠藤は休めた試合でも試合に出ていました。それで最後まで持たなかったのでしょう。

 

コバ悠も、他クラブから大金のオファーが届く大車輪の活躍、事実上のエース1年目の疲労でしょうし、最後は持病ともいえる筋肉系のケガに泣きました。この持病は直してほしいですが。

 

まあ、こんな選手層ではこの結果は仕方ないです。でも、天皇杯には選手が揃いそうですので、1か月後には笑顔でいられることを願うばかりです。

 

 

ところで、この試合、ビデオで確認したかったことがもう一つあります。

 

それは、「浮足立っていたのは誰か?」です。

 

若い三好や板倉はどうだったのかな?緊張していたかな?と思って見ていましたが、彼ら二人は実力は発揮できたと思います。慌てずにできることはやったと思います。浮足立っていたのは、大久保とケンゴのように見えました。

 

キーマン二人が欠けているわけですから、しっかりと指揮してほしかったのですが、小笠原と比較したケンゴの雑さ、金崎と比べた大久保の淡白さ、ピッチに立ったキーマンがこれではどうにもならないと思いました。

 

川崎のベテラン勢が攻撃にばかり気が行っていたのに対し、鹿島のベテランは守備を大事にしていました。鹿島が勝ち越してからはその色彩が一層濃くなりました。

 

守備は頑張ればできますが、攻撃は頑張っても上手くいかないことがあります。鹿島のベテランは若手選手にできる守備を要求し、川崎のベテランはできるかどうかわからない攻撃を要求しました。若手は失敗を恐れて委縮し、本来の力を出しにくくなります。それでも頑張りましたけどね。

 

残念ですが、そんな試合でした。

 

シーズンの縮図のような試合になってしまいましたが、近いうちにリーグ戦部分でも振り返り、天皇杯の戦いに備えたいと思います。

 

 

結果 川崎 0 - 1 鹿島

会場 等々力陸上競技場

観衆 24,209人

 




にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今シーズンのフルマラソン第2戦「さいたま国際マラソン」を走ってきました。

 

目標タイム3時間40分だったのですが、結果は3時間53分37秒(ネットタイム)と、目標はおろか、自己ベストにも遠く及ばない撃沈レース。前半1時間51分45秒、後半2時間1分52秒と、前後半で約10分の大失速となりました。

 

このレースはRunnetの大会レポートが56点と、大きな大会としてはあまりにも低評価の大会となってしまいました。そんな低評価になってしまった、レース前、レース中情報も含めて書いてみたいと思います。

 

さいたまスーパーアリーナ(SSA)を発着点とするこの大会ですが、レース前の段取り、レース中の補給等に参加者の不満が集中しています。

 

レース前の段取りへのクレーム

・参加費が15,000円と東京マラソンより高い。

・前日受付MUSTだが、前日エキスポには何も無いに等しく、何のために行くのか?

・当日のSSA内コンコースが大混雑、トイレが大渋滞。

・メインは女子の代表選考レース、一般フルが犠牲になる。待ち時間が無駄に長い。

とのクレームですが、料金は遠征費がないのでこんなもんでしょう。前日受付は不要、ゼッケンは郵送してほしいですね。トイレについては、さっさと荷物を預けてSSAから出た方が良いです。周辺には商業ビルがたくさんあり、トイレはいくらでもあります。

 

レースへのクレーム

・給水所にスポーツドリンクが無くなった。

・場所によっては水すらなかった。

・給食(食べ物)がなかった。

制限時間6時間ですが、5時間台完走ランナーはこんな状態だったようです。サブ4ペースの私が見た限りはドリンクは十分すぎるほどありましたが、遅いランナーほど足りなくないのはかなりまずいです。給食ですが、最近のマラソンイベントがグルメ化しているので、参加者の要求が高いのでしょう。私は取らないのでどうでもいいです。

 

以上が参加者のクレームです。では、簡単にレースを振り返ります。

 

フルマラソンは今回で7レース目。2レース目でサブ4達成して以降、過去4レースは3時間半程度を目指してきました。3時間半の基本ペースは4分58秒/kmですので、毎回、5分/kmくらいのペースで入りました。しかし、後半25~30kmくらいのところで脚の痙攣に見舞われ、大失速、少し休んでリスタートし、何とかサブ4でゴールという情けないレースを繰り返しています。

 

30キロの壁なのでしょうか?

 

過去は飛ばしすぎなんだとの判断で、今回は「前半を抑えよう」という作戦。しかも、3時間半ではなくて、3時間40分程度を目指します。立ち上がりは5分20秒/km程度で入り、後半に少し上げて3時間40分程度を狙おうと思いました。

 

5分20秒というペースは今の私にはかなり楽なので、前半は計算通りに走れました。20km過ぎには「今回は調子が良いから後半に行けそうだ」と確信したほどで、自己ベストは間違いないと思ったのですが、、、

 

このコース、さいたま新都心から東へ向かって走るのですが、川を越えて、東北道を越えて、埼玉高速鉄道を越えます。それ以外にもアップダウンがあり、上手く走れないと脚に来るコースです。結局、29kmの激坂で脚の痙攣に見舞われました。脹脛と足首といういつもの部位です。相当に抑えて入ったのに痙攣するとは大ショックでした。

 

脚の痙攣に見舞われた29km地点には救護所があり、氷で脚のアイシングをします。これはラッキーでした。8分ほど冷やし、再びコースに戻ります。5分30秒ほどで走り始め、その後は痙攣再発はありませんでした。そして、40km過ぎにはラストスパートし、4分30秒/km程度のスピードでゴールに向かいました。あんなに足がつったのにラストスパートできるんですね。不思議な脚の筋肉です。でも、痙攣しているうちは記録は狙えないですね。

 

今回でフルマラソン7レース目でしたが、6レースでほぼ同じような状況に陥っています。考えうる原因は、

・体が硬い → 日頃からストレッチする

・汗でミネラルを失いすぎる → 補給する

・補給が足りない → しっかりジェルを採る

まあ、これまでもいろいろ考え、スポーツジェルなど、対策を考えてきましたが、さすがに6レースで撃沈するとなると、30kmの壁というわけでもなく、よほど大きな原因があるのだろうと思いました。

 

最大の問題点はランニング・フォーム

レースの写真を見ると、私のフォームは骨盤が後傾しており、足を前に出してしまっています。重心より前方に着地した足はブレーキとなって負荷がかかる上、着いた足で地面をこぐというか、身体を前方に持っていこうとするため、足首も酷使します。結局、着地衝撃で脹脛がダメージを受け、それに続く前方移動で足首を使ってしまう。これでは30kmしか持たないようです。

 

骨盤を前傾させ、重心真下に着地し、ブレーキをかけず、こぐ必要もなく、むしろ、地面を押してやる。そんな力の使い方で走れば結果は変わるように思います。フォームの改造に向けて練習していこう。

 

 




にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりのモンテ観戦でしたが、劇的な勝利でしたね!J2残留へ大きく近づきました。プロ初ゴール、大きな仕事をしました。

コイントスに勝った長崎が逆攻めを選んだので、「前半が大事かな?」と思いましたが、スコアレスでハーフタイムを迎えたことで「後半の失点はない」ことを確信、勝つかドローかの後半になりました。

モンテの攻撃を見る限り、ゴールできるとすれば、セットプレーか、裏へのロングボール一発か、相手のミスかでしたが、ロングボールでしたね。監督の狙いはポゼッションでしょうが、今のモンテには無理なので、不本意ですがあのようなパスはどんどん出すべきと思います。

この試合、モンテの選手は一生懸命動いているのですが、全くボールが繋がりません。

なぜかなあ?と思って見ていましたが、基本技術ができていないのは仕方ないとして(今すぐは治らない)、一番大きな問題は、ボールを出した選手がその場に留まることだと思いました。

ボールを出したということは、その選手はボールに最も近い位置にいる中の一人です。その選手が死に駒になるのか、生き駒になるかは、その後の展開をモンテ優位にするか否かを決めます。モンテの多くの選手が動かないため、ボールが回らないのだと思いました。

逆にロングボールであれば、出した選手は遠いポジションになるので、動かなくても大丈夫です。ですから、ロングボール一発なのです。

「出して動く」は意識次第、明日からでもできます。残り2試合、出して動けば良いサッカーができると思います。

頑張って欲しいですね。






結果 山形 1 - 0 長崎
会場 NDソフトスタジアム山形
観衆 5,206人




にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。