てっちゃんとコテッチャンのブログ

サッカー、Jリーグ・川崎フロンターレ、モンテディオ山形、マラソン、旅行、温泉、グルメなど、様々な日記を書き綴りたいと思います。


テーマ:

ヤマザキナビスコカップ予選ラウンドは、クラブとしては「普段出ていない選手を試しながら、選手層を厚くして戦力アップを図る」という位置づけの試合でしょう。ファンとしても、普段見れない選手の現状の実力を見る興味深い試合です。


そういう試合の価値も大きいんじゃないでしょうか。


単に勝つだけではなく、こんな条件で試合をやってみて、その上でしっかり勝つことがクラブのリーグ優勝につながるのだと思います。


で、そんな試合の感想を書いてみます。


エドゥと車屋以外は全とっかえのスタメン、多くの選手がチャンスをもらえました。そして、板倉が初めてベンチに入りました。いよいよ来週はデビューでしょうか?楽しみです。


この試合の最大の注目点は谷口です。奈良の長期離脱が決定した以上、最終ラインは谷口が入ります。結論的には、一時の大スランプは抜け出しつつあるという印象でした。

バロメーターとして見ているのが「パスがちゃんと転がるか」です。バウンドパスなど、受け手が受けにくいパスを平気で蹴っていましたので、ボールが浮くか浮かないかは重要です。この試合ではまあまあだったように思います。

注目の後傾姿勢についてはまだまだダメ。これは簡単ではないですからやむなしです。でも、最悪期は脱したようなので、少しずつ上げていってもらいましょう。


2点目はボランチ。ケンゴ、僚太、ネット、原川に次ぐ選手は誰かと思ってみていましたが、及第点を獲れた選手はいませんでした。この試合の森谷と橋本の内容であれば、ノボリや長谷川にボランチをやらせたいくらいです。

この2人はボランチの動きを理解していないようで、ボールを出したら、ボールと逆方向に消えていくんですよね。これってFWならいいんですが、ボランチは違う角度のボールを受けられるポジションに移動するのが仕事ですが、わかっていません。


そして、最後が前線の選手の積極性です。

結果は、三好>>>中野>狩野、長谷川、という感じでした。


三好は日に日に伸びているのが良く分かります。プレーの思い切り(判断)、粘り強く動き回る運動量など、頭の思考と体力は合格点に近づいてきたと思います。足りないのは、最後の決定力、つまり技術に裏付けられた自信です。ここが積み上がってくれば、リーグ戦で十分に使える可能性を見せてくれています。


3周遅れながら2番手の中のですが、プレーの判断、動き、技術のどれも足りません。彼の場合はもっとたくさん動いた方がいいんでしょうね。頭でっかちに考える傾向があり、脚が動いてませんから。


狩野と長谷川は何の役にも立っていませんでした。もう少しできそうな選手なので、ちょっと惜しい感じがし舞うね。こんな調子だと大塚に入れ替わられてしまうんじゃないでしょうか?



前線は三好が伸びてきたので良し、最終ラインは谷口が底入れ、中盤は期待もしていませんでしたが収穫無し。ノボリのボランチを見たいです。

結果 鳥栖 1 - 1 川崎

会場 ベストアメニティスタジアム

観衆 4,779人






にほんブログ村







AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前半の長崎は蹴ってきましたねえ。


最近のモンテは、中盤の繋ぎも良く、しっかりとビルドアップして攻めることができてはいますが、モンテの強みは何といっても中盤でボールを奪ってのカウンターです。長崎はこの強みを消すために、立ち上がり後の前半は徹底的にロングボールを蹴ってきました。


このロングボールが長崎の決定的な攻撃を作りだすことはなかったのですが、モンテの攻撃リズムを崩すには十分で、なかなか最近のモンテのサッカーができない状況が続いたと思います。


前半はほぼ長崎ペース、とはいえ、長崎がゴールするというよりは山形が自滅する方向に進んでいました。


後半に先制点を奪ったのは非常に良かったのですが、セットプレーで同点に追いつかれてしまいました。まあ、このシーンは、「山田、それでは壁に泣てないだろ!」と怒り満載の山田のプレーによる失点だったのが残念でした。しっかり、正対していれば十分にブロックで来たのに、ボールをよけて半身になったがために、アンラッキーな角度にボールが流れてしまったかなと。


失点原因は90%くらいは山田の責任だと思います。


それでも、後半に勝ち越し点が奪えなかったことは今後のモンテの課題でしょうね。


後半の長崎はロングボールはある程度封印していましたが、前半にリズムを崩されたモンテは立て直すことができませんでした。


それもこれも、川西のポジション次第だったように思います。


この日の川西も、トップ下かシャドーのようなプレーぶりで、ボランチとしてのポジショニングはほとんどできていませんでした。川西がボランチを放棄してしまうと、アルセウ1枚になってしまい、彼の技術ではビルドアップはできません。


川西が前に行ってしまうので、伊東や汰木と重なって、彼ら自身のプレーもギクシャクしたものになりました。


川西がしっかりとボランチの仕事をしてくれれば、この試合もしっかり勝てたと思いますが、前半のロングボールなどで、そうしたリズムを崩されてしまったように思います。


調子は上がってきたので、J3降格へのリスクはなくなったと思いますが、J1復帰に向けて勝ち点を積み上げるには、中盤の活動が足りません。

川西が考え直してボランチの仕事を全うするのか、違う選手をボランチに入れて、戦術を立て直すのか、手法は何でも良いと思いますが、改善が必要なことは確実ですので、しっかりやってほしいと思います。


まあ、川西、しっかりやれ!ですね。


結果 長崎 1 - 1 山形

会場 長崎県立総合運動公園陸上競技場

観衆 5,115人






にほんブログ村



AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何度か書いてきましたが、小林悠のフォームについて再考したいと思います。

まず、サッカーの動きの基本感として「どの方向にも自在に動ける」とします。短距離走のようにごく短い距離を真っ直ぐに動くのではなく、相手をかわす、パスを出す、フィニッシュ等、何らかの動きを自在に実行するのがサッカーの動きです。
※サッカーに限らず、ほとんどのスポーツはそうだと思います。

このような基本感で小林悠の動きを見てみましょう!

神戸戦の画像から


まずは左に外したシーン。軸足がかなり傾いています。


切り返してのシュート。後ろに倒れそうです。


エウソンからのパスを止めてシュート。これも後ろに倒れそうです。


カウンターでここから切り返しますが、大また過ぎて自由が効きません。


大久保との比較。小林は大また、大久保は歩幅が狭いです。


大久保のループ。真っ直ぐに立っているので、いろんなプレーが選択できます。


蹴ったあと。特に体勢は崩れていません。


最後はメッシのシュート。上半身で身体を制御できており、軸がしっかりしています。

画像を見ても伝えるのはなかなか難しいですが、次の動きの選択肢が多い動き、というのがポイントです。

そのためには、「背中の筋肉で下半身を吊っている」という動き方が求められます。

サッカーに限らず、スター選手は背中の筋肉の使い方が上手だと思います。もちろん、パワーもあります。

小林悠は、脚の力で動こうとするので、動きの自由度が落ちるし、脚は背中に比べて筋肉が小さいので消耗も早いです。そして、究極は怪我をしやすい。

勘違いしてほしくないのは、筋力強化ではなくて、身体の動かし方だということです。

私の場合で恐縮ですが、50歳手前でマラソンを始めましたが、一番大事なことは「ランニングエコノミー」、つまり、楽に走れるフォームです。

勘違いせずに正しく学んで欲しいと思いますが、真面目な小林悠ですので、しっかりやってくれるでしょう!


数時間後に追記

等々力で、大久保だけを10分間、小林だけを10分間、それぞれ追い続ければ、その違いの大きさに驚くはずです。

大久保は、軽やかにすーっと動き出します。どこにも力が入っていないように見えるし、頭や上半身がぶれません。
一方の小林、頭がガクガク動く上、脚に力が入っていることがよくわかります。特にターンは膝の力で行っていることがよくわかります。

騙されたと思って、ちょっとだけ見てください!






にほんブログ村



AD
いいね!(7)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。