TEAM N.W カヤックフィッシング

船橋法典のカヤックショップ「kayak55.com」スタッフ
ホエールと相棒タツノリのカヤックフィッシングブログ。
シーバス、ブラックバス、アオリイカのエギングを中心に、
青物、根魚、マダイ、ヒラメやマゴチ……様々な魚種を
カヤックから釣ることにチャレンジ中!


テーマ:

先日、国産FRPカヤックメーカーの

 

ベイロマンスカヤックの佐々木さんが愛知よりご来店!

 

開発中のフィッシングカヤック「エレメント15.3」のプロトを持ってきてもらいました。

 

ホントはこの日、乗る予定だったのですが、あいにくの爆風予報で見るだけになってしまったのですが、これはホントに楽しみなカヤックになっていきそうです。

 

どう考えてもものすごい速さでしょう!

 

このあたりはkayak55.comのブログの方に詳しく報告しましたので、もしよろしければご覧ください!

 

当日のkayak55のブログ

 

佐々木さんからは、こんなお土産をいただいてしまいました。

 

愛知といえば海老せんべいですよね!

 

しょ・・・衝撃のビジュアル(笑)

なんとモノホンの海老が丸々一匹埋め込まれている

 

そして、味のほうも衝撃の美味さでした!

ごちそうさまでした!

 

でも、これを見ると・・・・ついついアマダイに良さそうなサイズの海老だな〜とか思ってしまう(笑)今年の冬はアマダイに本気になろうと思っているホエールです、こんにちわ!

 

でも、まだアマダイ釣りに移行しません。

 

まだまだ、しつこくカヤックシーバス釣行が続きます!

 

今年はなんだかシーバスに久々に燃えています。モチベーションがずっと上がりっぱなしなんです。

 

その理由は!

 

自分でもよくわかりません。

 

わからないんかーい!

(と、ジャングルの王者ターちゃん♡のジェーン風にツッコミを入れてみる)

 

しいていうなら、このモチベーションの高まりは・・・・先日のアトール田中さんとのカヤックシーバスで、新型ウッド製ペンシルベイトの釣りがめっちゃ楽しかったのが一つの要因かもしれません。

 

アトール・フラックフライ

 

やっぱり、ウッドルアーで釣ると、なんでかはよーわかりませんが嬉しさが倍増する。さらにトップだし。

 

アトール得意のグリッターカラーにアワビ目もかわいい。家でもずっと見てられるわ〜

 

ペンシルベイトは究極のシンプルなルアー、だからこそ奥が深い。

 

ホント、このルアーが楽しかった。ちょっとじゃじゃ馬なだけに上手く使えると嬉しいんです。動かし方次第でいろいろなアクションができる。久々に使いごたえがあるビビビっときたルアーです。(ちなみに、このアトールのフラックフライの実釣動画、近日中にYouTubeにアップします)

 

今後、フックサイズを変えるチューンでもいろいろな可能性があると思っていて、ますます楽しみなんです。

 

ウッドは手入れが大事。吸水はどうしてもあるので家に帰ってから水洗いして乾燥させる。

そして、傷はタッチアップする。アイはたまに目止めする。

 

そういう一つ一つの手間も含めてウッドは楽しい・・・。

 

なんとなく釣果釣果で味気がなくなりつつあったカヤックシーバス釣りが、ここに来てウッドルアーへの情熱がまたむくむくと湧き上がってきて、ふたたび濃い味になりつつあるのを感じています。

 

僕はカヤックを始める前の陸ッパリやウェーディングの時代にはウッドルアーに夢中になっていました。その頃は独身だったのでルアー買いまくりでしたし、当時はけっこうシーバス用ウッドルアーをリリースするメーカーも多くて盛り上がっていました。

 

今ではリリースをやめてしまったメーカーさんもあったり、オフショアオンリーに移行されたメーカーさんなども多く、現在のシーバスシーンでウッドルアーはそうとう下火になってはきていると思います。(一部ウッドルアーメーカーさんは未だに人気がありすぎて即完売などもありますが)

 

そんな中で、僕が格別好きなウッドルアーのメーカーはやはりプエブロでした。

ちょうど僕がカヤックフィッシングをやり始めるちょい前にプエブロさんが立ち上がり、その時代から使い続けています。

 

プエブロルアーは、特に初期の頃のモデルが好きで、最近は購入していないのですが・・・(汗)

 

プエブロ・ピットブル

 

このイエローヘッドのピットブルなんて、たぶん12〜13年前ぐらいのもの。その間、ずっと一軍ボックスに入っています。なんて長持ちなんだろうか。

 

ウッドルアーは当たりハズレみたいなものが微妙あるものです。最近はよく知らないのですが僕が知っている時代はプエブロはビルダーさんが全てのルアーを相模川で一度投げてスイムテストしてから発売していたので個体差はあまりないメーカーでした。

 

それでも何故かこのイエローヘッドのピッドブルが僕のカヤックフィシングで相性がいい。

 

ピットブルはシンキングも含めて10本ぐらい持っていて、さんざん使いまわした上で、気がつくとこのイエローヘッドが一軍ボックスに戻ってきます。

 

そういう、全てが一緒のようで一緒じゃないってのもウッドルアーのいいトコロで、自分にとっての1本に出会えるのはホント幸せだと思います。

 

カヤックだとフローティングのルアーは魚に掛かってからラインブレイクしない限りはロストがまずないので、手入れをしっかりやりながら使えばかなり長い期間使えます。もし限界がきても殿堂入りして飾ったりしてもウッドは味があって良いと思う。

 

ちなみに、このイエローヘッドはオリカラなんです。

 

昔、ラパラCD9のジャパンスペシャルのカラーだと思うのですがイエローヘッドがあって、それがとにかく泳いでいる場所を目視しやすくして気に入っていたのがキッカケです。(陸っぱり時代にロストしてしまいました・・・涙)

 

そんなイエローヘッドカラーのピットブルが欲しいと思い、僕が提案してプエブロさんに100本だけ作ってもらって販売したものなんです。そういう思い入れが強いってのもある。

 

お腹にはイエローを回さずに魚が下から追ってきた時にはアルミ部分メインで見えるように塗ってもらいました。

 

プエブロ・マングース&マングースペンシル

 

マングースはピットブルより一枚レンジが入る上、多面体のフラッシングが強いので日中のカヤックフィッシングではピットブルより出番が多いプラグです。

マングースペンシルはこの1本しか持っていません。バス用ペンシルとは一線を画す、水を押すわけでも切るわけでもなく「水に絡みつくペンシルベイト」こういうペンシルはなかなかないです。残念ながらマングース系は生産中止になって久しいので、いまはヤフオクとかで手に入れるしかない伝説のルアーになっています。

 

カヤックフィッシングを始めた頃はよく使っていたミラクルワークスルアーも今年から一軍に戻しました。

 

ミラクルワークス・阿修羅&ビリケン

 

写真の阿修羅は昔から使っているやつですが、ビリケンは今年、新しくヤフオクで補充したものです。

 

昔使っていたミラクルワークスのルアーを再び使おうと思いたったのは、やはりリトリーブ系で反応が出ない時のジャークの威力を期待してのことです。

 

当時のルアーが収納されているプラノボックスを開けてみたのですが、陸っぱり時代のものだったので顎が削れてしまったりしていて微妙な感じ・・・。しかもサイズがどれもデカイ。

 

僕が今使っているKFゴルゴはライトなロッドなので、タックル的にも大型のビリケンでのジャークは厳しいと思い、新たに9cmサイズのビリケンを2つヤフオクで落としました。

 

ヤフオク、久々にやりましたが今は個人間の連絡も面倒な振込などもしなくていいんですね。しかもYahooかんたん決済でサクっと買えちゃう。すさまじい進化にカルチャーショックを受けました。

 

そして、9cmのメケも落札してしてまった・・・

 

来月のYahooかんたん決済の引き落としが怖い(涙)

 

まあ、一生使えるモノと考えると安いか!

(そう自分に言い聞かせる)

 

それだけ、アトールのフラックフライで楽しく釣ったことを契機に、再びウッドルアーの熱病にかかってしまっているのです。

 

もちろん、ウッドのシャロープラグだけではカヤックシーバスは全ての状況をカバーできません。

いや、ウッドのシャロープラグはそうとうシチュエーションが限られると言ったほうが正解でしょう。

 

相手は野生のイキモノ。人間の都合だけではルアーを食ってきてくれません。シーバスが沈んだ時、シルエットを落とさないといけない時、動きをタイトにしたい時・・・などなど、それらの状況に対応するためにインジェクションのルアーやスピンテールもしっかりボックスに入っています。

 

これが今年の僕の一軍ボックスです。

だいぶ去年と入れ替えが起こっています。

 

ちなみに、昨年2016年の僕のカヤックシーバスのテーマは「今、手に入るルアーで釣る」でした。

 

いわゆる定番のルアー、そして今ドキの!?ルアーをいろいろ試した一年でした。そこでわかったことは・・・

 

定番のルアーはやはりよく釣れる!

 

具体的にいうとX-80とビーフリーズ。まずカヤックから東京湾シーバスを釣ってみたいという人はこのあたりとシャローランナーを少し、あとレンジバイブだけあれば正直、釣りは成立すると思います。

 

そして、今ドキのルアーも何本も新たに買って試してみました。ブルーブルーとかジャンプライズとか邪道とかロンジンとかアピアとか、今まさに勢いのあるメーカーさん達のルアーです。

 

はっきりいって、今ドキのルアーはめっちゃスゴイ!

 

まずよく飛ぶ。

特にどのルアーも飛距離が昔のルアーより伸びてますよね。キャスティングが気持ちいい。昔のルアーと比較して体感で1.2倍は飛ぶ。

 

そして、ただ巻きで実に魅惑的によく泳ぐ。ただ投げて巻くだけで釣れちゃうでしょう。

フィールドテストの量も半端じゃなくやっていると、使っているだけでもわかります。素晴らしいです。

 

シーバスを釣るだけなら定番系、今ドキ系のルアーをレンジ別にそろえておけば間違いないとも言い切れます。

 

でも・・・今年の僕の一軍ボックスは、昨年とはガラっと変わって、今、手に入りにくいルアーをけっこう戻しています。

 

イマドキのルアーを一年使ってみたことで、イマドキにはないコンセプトの昔のルアーの良さも再認識できました。

 

昔のルアーを封印することはないなと。

逆にイマドキのルアーで気に入ったものがあれば使えばいいと。

 

そこに気づいたのも、昨年があったから。シーバス釣り、22年ぐらいやり続けていますが、何年やっても日々成長ですな。

 

ルアーがいろいろあるからシーバス釣りには夢とロマンがある

 

昨年の釣りを経験した上で、あらためて思いました。

 

今年も残りわずか、そんな新旧織り交ぜた一軍ボックスと共に釣行を重ねています。

 

【11月20日・バシフナへ】

この日はちょっと地元の様子を見に。

 

この日は写真素材とかがほとんど無いのです。

毎回、釣りに行く時にSDカードをフォーマットするのですが、ミスってハードディスクに保管する前にデータを消してしまうミス・・・ここのところよくやっちゃうのです。

 

ということで、インスタ用に一眼からアイフォンにWIFIで転送した写真しかないのです。

 

湾奥の干潟シャロー、そろそろ魚が抜ける頃合いです。

 

今年爆っている沖のシャローを様子見してみたいと思い行ったのですが・・・航路のブレイクでシーバスの曳網の船が入っていて、邪魔にならないシャロー側で3時間ぐらい粘るもむなしくアタリさえない状況。

 

しょうがないので、カキ殻の山が沈む超スーパーシャローに移動。ここはさすがに網の影響がないのか、ポツポツ当たってくる。

 

一応、まだ群れはいるようで、数本GET。

 

反応があったのはこのプラグのみでした。

 

プエブロ・マングース100F

 

通称、マンちゃん。

やはりこのプラグは釣れる・・・・。

 

動きは大きく、それが魚を呼ぶ。その大きい動きもウッドならではの水に絡みながらだから良いのでしょう。

この大きい動きが効かない時もあって、そんな時は細かい動きのアスリートとかがいいのです。

 

マングースの復活はもうないでしょうが、一生大切にしていこうと思う。

 

それにしても、釣れるには釣れるけど、バシフナはそろそろ渋い時期に突入した印象です。

例年より、ちょっと大規模な群れの抜けが早いカンジかもしれない。

 

プライベートでこの場所に来るのは最後かも!?

また2月あたりから盛り上がってくるので、その頃にまた来てみよう!

 

あ、ちなみに獲物一匹ゴミ一個運動もやったのですが、その写真も消してしまいました・・・

 

ということで・・・・そろそろシーバスの群れを追って千葉県を南下、いってみよう!

 

【11月29日・聖地へ】

海ほたるからの夜景、美しい・・・

 

ちなみに、この日はちゃんと写真と動画のデータをバックアップしました!

 

聖地・到着!

 

この場所に来るのはかなり久々です。台風21号の影響がかなりあったということで心配していましたが、駐車場は綺麗になっていて車で入れるようになっていました。ありがたいことです。

 

ただ、海岸は・・・

 

やはりおびただしい量の漂着物で埋まっていました・・・

 

よし、今日はたくさん釣って(ほんまかいな)その分、ゴミを拾おう!

 

今日もバイキングカヤック プロフィッシュ45・キュベレイ号

 

仕事があるので昼までの朝練です。シーバスがいれば5時間あれば勝負にはなるでしょう!

 

GO!

 

うわ〜水、冷たい!

岸際の水温9.2度。

すでに冷蔵庫に入れた水の温度になっている。いよいよ冬になってきましたなぁ。

 

この水温でもしも落水したらかなり危険です。もちろんフルドライスーツ着用です。

 

岸際は特に外気温の影響を受けるので北が吹くと水温が一気に低下します。やはり、沖のシャローに出ていかないといけないでしょう。

 

沖へ!

今日はベタ凪で気持ちいい海。

 

沖に出てくると、シャローの水温も12.2度まで上昇。

浅くてもアマモ帯はやはり水温が安定しています。アマモが絡む場所をやることで釣れる確率が上がりそうです。

 

ちなみに、今日使っている魚探はガーミン45CVです。

この魚探に搭載されているクリアビューによって、アマモ、砂地、その境目、点在具合などボトムの質感がまるで映像を見ているかのようにわかります。

 

しかし、このシーバス釣りの聖地はスズキ漁にとっても聖地。

バシフナと同じく、スズキの曳網がブレイクの向こうで操業しています。

 

昔はこのブレイクの位置に海苔棚があって船が入れないエリアがあったことでワンクッションとなり、シャローに入ってくるシーバスの数も多かったわけですが、今は海苔棚がなくなったことでシャローに入る前にかなり少なくなってしまう傾向があります。

 

スズキは千葉県の貴重な漁業資源ですから、これはしょうがないこと。

漁師さんは生活がかかっていて、僕ら釣り人はあくまでも趣味ですから。邪魔にならないシャロー限定で釣りを展開します。

 

上記のバシフナ同様に、必ず生き延びてシャローに入ってくる個体がいますから!

僕は漁師さんの邪魔にならない水深1m台のシャローで僕の釣りをやりきるだけです。

 

水深1m台でアマモがある沖のシャロー、でも岸からは1km離れている。

 

陸っぱりからは届かない、動力船の邪魔にはならない。

 

まさにカヤックならではの聖域!

 

あぁ・・・気持ちいいなぁ〜

 

でも、釣れないなぁ〜(笑)

 

さあ、いろいろ試していきましょう。

バシフナではこれにしか反応がなかったマングース・・・不発。

 

少し掘れて2mぐらい水深があるところではサラナ・・・不発。

 

細かいピッチの動きのルアーがいいのか?ランダムトゥイッチャー、アスリートダッシュチューン、サーフェスウィング・・・次々と不発。

 

ならばペンシルベイトはどうだ?フラックフライ、スキマー、マグナムスキマー・・・不発・・・。

 

僕にとっての上記のルアーはよく釣れる実績十分なルアー達です。でも、このルアーさえあればOKっていうのはありえない。シーバスはこれだから面白い。その日の状況次第でアタリルアーが変わってくる。ホント不思議だ。

 

だからルアーの選択肢はいろいろ持っておかないといけない。

 

そこで投入してみたのが、今年から一軍ボックスに戻ってきたミラクルワークスのビリケン。

(とはいっても昔使っていた大きいサイズではなく、最近ヤフオクで買った9cmサイズですが)

 

そう、巻き系のルアーで反応がない時のための選択肢。

 

ミラクルワークスのルアーはジャークで釣るルアー達。

 

久々にビリケンのジャーク、やってみよう。

 

今はタックルがわりと張りのあるKFゴルゴ、ラインも当時のナイロンではなくPEライン(1号)にフロロカーボンリーダー(シーガーエース3号)の組み合わせ。昔のジャークでは逆にうまく動かない・・・というか、動きすぎてしまって、フロントフックにラインが絡む。

 

昔からビリケンはソフトジャークと言われたものですが、今のタックルだとよりグイッーっとロッドで引っ張るようなカンジを意識して使っていきます。

 

ちなみにビリケンはフックをサイズアップして、ほんのわずかですが浮上スピードを落としています。

 

カヤックフィッシングは日中の釣りなので、ビリケンの動きは視認できます。だから、しっかり動かせているかわかりやすい。

 

ジャーキングをマスターしていくにも日中のカヤックフィッシングは最適かもしれない。

 

グイーっとロッドで引っ張ってビリケンをウネウネっと大きう平打ちスライドさせる。ロッドの戻しの時に浮上させていき、水面まで戻らないうちに次のジャークに入っていく。

 

やばい・・・やっぱりジャーキング、めっちゃ楽しい!

 

そして!

 

食ったー

しかも、でかい・・・たぶん、めっちゃでかい。

 

プンっ・・・

 

バレたー(号泣)

 

いや〜でかかった。逃した魚はというけど、でかかった。

 

でも、ビリケンに反応が出た。今日はコレであろう。

 

すかさず次のキャストへ!

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

なんと連発。しかも、この魚はジャークに入る前のなじませるためのリトリーブでヒットしました。

 

うひょ〜たのしい〜

 

うしっ、ビリケンでひさびさに釣った!

 

一投前でバレた魚の方がでかかったけど、銀色でめちゃくちゃ綺麗な魚でした。

 

なにより、ビリケンで釣ったのは嬉しかった。

ジャークではなくリトリーブでヒットしたんですが・・・(汗)

 

2投連続でくるということは、今日はビリケンが正解なのだろう。

 

その後も続けていく!

 

魚探でアマモが点在してるトコロ、地形に変化があるトコロ、潮が効いているトコロ・・・探して漕いではキャスト&ジャークを繰り返す。

 

食った!

今度はばっちりジャークで釣ったぞ!

ビリケンは水面直下、ほぼほぼトップなのでシーバスが食った瞬間に水柱が壮大に立つ。シビレル〜!

 

やっぱり今日はビリケンが当たっているようです。

 

ビリケンジャークフィッシュ!

 

イイ魚、70ジャストでした。

 

ビリケンはシーバスの口にぶら下がっている姿が絵になるなぁ〜

まさに「ルアー」っていうカタチをしている。

 

これは、今日はもうビリケンで爆釣か!?と思ったのですが・・・そうは上手くいきません。

 

その後は・・・

 

2回ヒットさせますが、あえなくバラシ!(ガーン)

 

ビリケンのジャーク後のフリーズ〜浮上中にバイトがあるとルアーがシーバスにすぽっと飲み込まれてしまいやすくラインが切られやすいため、昔はミラクル使いのアングラーはリーダーの先に太いファイティングリーダーを組むという習慣がありました。

 

ただ、今の僕のKFゴルゴのタックルでファイティングリーダーを組むと他のルアーの挙動に無理が出るので組めない。

 

そうなると、なるべく飲まれないように、アタリがあったら即アワセをして、シーバスの唇にフッキングさせてあげるように心がけなければいけません。

 

バラした2匹は、この即アワセのフッキングパワーが足りなくてバラシた可能性が高い・・・まだまだ修行だな。

 

時間帯なのか、理由がわかりませんが、この後はぱったりと反応が止まりました。

 

ここで・・・目先を変えて、さらなる新兵器を投入していきます。

 

フロッグ・ギルレイカー

 

天才・荒井謙太さんが今年リリースしたバス用のブルーギル型トップウォータールアー。とはいってもリアルなギルではなくおもちゃのような形状。そこにアメルアっぽいギルのリアルプリント。最高です。

 

ボディ中央にはペラが入っていて、動かすと魚の胸鰭みたい見えるんです。

 

このルアーの動きがどうにもシーバスに効きそうだと思い、最近試しているトコロ。

っていうか、まずシーバスがブルーギルを食ったら最高じゃないですか!ブルーギルパターン成立みたいな(笑)

 

レンジはトップウォーターです。引き波を立てながらウォブリングしてきます。ウェイクベイトとして最適です。

 

そして!

 

ギルレイカーでも2バイトいただきました!

 

シーバスはギル型トップに食ってくるんです。

が・・・乗らず・・・なんでだーー(号泣)

 

ギルレイカーはバス用ルアー、やはりシーバスのフッキングを考えて作られているわけではないです。超扁平な形状も影響しているでしょう。

 

今後、フックサイズを変えたりして、引き続きシーバスのブルーギルパターン(笑)模索していきます。

 

だんだん時間が迫ってきたので、ルアーをピットブルにチェンジ。

 

ピットブルでセイゴ・・・ちいさすぎるだろー!

君、よくピットブル食ってきたな〜

 

その後、ふたたび曳網がシャローの沖のブレイクを通り・・・完全に沈黙が訪れてしまいました。

 

仕事に戻る時間がきて、ジ・エンド!

 

数はぜんぜん釣れませんでしたが、そんな中で久々にビリケンジャークで釣れたから大満足です。

 

今日みたいに一見、リアルじゃないプラグの方が効くこともあるから不思議だし、面白い。

 

ビリケンはどのベイトフィッシュにも似てない。強いて言えばコノシロか!?ギルレイカーなんて、もはや魚の形じゃない。ピットブルだってけっしてリアル系じゃない。でも今日はこの3つでしかバイトが出なかった。

 

ブラックバスの世界には非リアル系ルアーで釣る楽しみ方があるけど、実はシーバスにもその可能性は多いにあるのではないかと思うんです。

 

もちろん、形状は非リアルでも動きは魚を魅了するものでないといけなんです。それをはるか以前に確立し、そういうルアーをリリースしていたミラクルワークスはやはり偉大だ。

 

今日遊んでくれた海とシーバスに・・・感謝!

 

【オマケ】

獲物一匹ゴミ一個運動

キャッチ3匹ゴミ3つ。

 

台風の影響でゴミがたくさん落ちているので、次に来た時はもうちょい拾えるようにがんばろう!

 

聖地はやっぱり素晴らしい

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。