人生竪堀

TEAMナワバリングの不活発日誌


テーマ:

 

①加藤理文さんから『静岡県の歩ける山城70選』(静岡新聞社1800円)御恵贈いただきました。加藤さん、いつもありがとうございます。と、お礼を述べつつ、内心穏やかではない西股。なぜなら、「ヤラレタ、僕もこういう本を出したかった」と思うような内容だから。オールカラーで、わかりやすくきわめて実用的な一冊。この本は正直、売れると思います。というか、売れなきゃおかしい。その意味でもヤラレタ感がぬぐえない。

 でも逆に、こういう本を手にすると、こみ上げてくるものがあるのも事実。これを超える本を作ったる!、他の人にはマネできないような城の本を書いちゃる! という気持ちがムクムクと立ち上がって来るのです。そういう意味でも、いつもよい刺激を下さる城郭研究者の皆様に、感謝。

 

②すでに、みかめさんがツイッターで流したりしているので、ご存知の方もいると思いますが…、

 皆様にご好評をいただいております『北条太平記』と、アプリ『ぽちっと東国の城』とは、ウラでつながっております。『ぽちっと東国の城』に登場する武将たちは、実は全員『北条太平記』にも登場しております。なので『ぽちっと東国の城』は、『北条太平記』のサイドストーリーというか、スピンアウトとしても楽しめるようになっております。武将たちの中には、『北条太平記』ではあえて名前を表示していないので、わかりにくい人もいますが…、でも、パッと見モブっぽい人物が実は××だったりしますので、探してみて下さい。ヒントは、その人物の立場。たとえば、上田朝直だったら武蔵の国衆、中山勘解由だったら北条氏照の家臣、といった具合です。

 

③2月5日(日)

ちゃらぽこ散歩会にて、町田市の小野路城を歩きます。小野路城は来歴不詳の丘城ですが、空堀や土塁が残っています。多摩丘陵特有の迷路感満点な尾根道とともに、冬枯れの雑木林に眠る謎の築城遺構を楽しんでみませんか? 歩く時間が比較的長いので、暑さ寒さを調節できる動きやすい服装で来てくださいね!

→ 詳細は、ちゃらぽこさんのサイト(http://www.charapoko.com/)を参照!

 

④クラブツーリズム(http://www.club-t.com/)の日帰りツアー

4月16日(日) 茅ヶ崎城・小机城

横浜市内に残る二つの丘城を訪れます。難所もないので、土の城歩きは初めて、というビギナーさんにオススメのコースです。【コース番号=03341-990】 でお問い合わせ・お申し込み下さい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

大好評発売中の『図解 戦国の城がいちばんよくわかる本』、おかげ様をもちまして再度の重版がかかりました。ご購読の皆様、ありがとうございました。引き続き宜しくご愛顧下さいませm(_ _)m

 

西股総生

 

↓amazonはコチラから
https://www.amazon.co.jp/dp/458413703X/

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 丸岡城は低い丘に占地しているので、バスが町中に入っていっても、なかなか見えない。行き当たりバッタリ旅で、地図も資料も持参していないから、城がどちらの方角に見えるのか、よくわからない。「終点・丸岡城公園」とコールされた頃、そいつは、ぽっかりと車窓に現れた。

 丸岡城はもともと小さな城だし、天守のほかは本丸の石垣が部分的に残っているくらいだから、縄張り屋の僕としては、あまり見るところがない。でも、その分、天守と一対一で向き合う気分が味わえる。仕事を忘れて、ぼーっと城を歩くには、ちょうどいいのかもしれない。

 

 この天守、いつ誰が建てたのか、はっきり確定できない。何だか土の城みたいだけれど、戦国の城とはそもそもそういうものだから、土塁でも天守でも本質は同じ、ということか。直線的に構成された天守は、あらためて眺めると、デザイン的なまとまりが頗るよろしい。建物サイズの割りに大仰な感じのする天守台も、積み方が古風で美しい。

 全国にたった12棟しかない、現存天守。実物を目の当たりにすると、じわーっと染みこんでくるような、独特の存在感がある。「400年も前から、ここにずーっと立っているのか。おまえ、いったい何者なんだ?」と問いかけると、「おまえこそ、何しに来たんだ? 何者なんだ?」と、逆に問い返されるような気になる。「やっぱり、いいなあ、天守って…」。

 

 翌朝、彦根のホテルを出て、集合予定の10:00までは少し間があるので、駆け足で彦根城の本丸まで。数年ぶりにご対面した彦根城の天守は、優美というより、なんだかヤンキーっぽいデザインの建物に見えた。破風で風を切って、せいいっぱいイキがっている感じ。うん、この感覚、何か新しい企画に活かせないかなあ…、あれ? 仕事を忘れて城を眺めたいから、天守を見に来たんじゃなかったっけ? 時刻表片手に城をめぐる僕は、やっぱり業が深いのである。

 

西股総生

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。