人生竪堀

TEAMナワバリングの不活発日誌


テーマ:


6月26日の小田原イベントにご参加の皆さん、ありがとうございました。
浴衣姿の女子をはじめとして、皆さんさりげなく思い思いのコスチュームを楽しんでいる感があって、こちらも楽しかったですよ。
トークの方は、北条五代ネタで盛り上がりすぎてしまい、肝心の小田原の役の話が充分できませんでした。磯部さん共々反省しております。
ただ、北条ネタって、実際にやってみると盛り上がりますねえ。いろいろ企みたくなってしまいました。
それと、わざわざ遅刻気味に参加してくれた伊達女子さん、お土産のずんだ餅、ありがとう(笑)。
うまくネタに盛り込めなくてゴメンナサイ。でも、これに凝りずに、またイベントに来て下さいね!

さて、7月9日のクラブツーリズムでのトークイベントですが、『真田丸』もちょうど折り返し点を過ぎた所。トークでは、僕がこれまでNHKとやり取りしてきた中で感じた事や、SNSの普及に伴う視聴環境の変化、今後のひそかな見所などについてもお話したいと思っています。
ちょめさん企画のアフターの方もヨロシク!
この手のイベントに不慣れな方は、こちらから積極的にお声がけさせていただきます。お一人でも安心してご参加下さい!

西股総生

クラブツーリズム主催のナワバリスト西股によるお城講座
7月9日(土)西股総生トークイベント
《第1部》「戦国軍事考証から見る城と合戦
14時~15時/新宿アイランドウィング /1000円
コース番号【C2021-923】
《第2部》「対談形式 戦国軍事考証VS歴女
15時30分~17時/新宿アイランドウィング /500円
コース番号【C2022-906】
※参加者限定飲み会もあります!!
https://www.facebook.com/events/276233952766802/

▼西股先生新刊情報
復元イラストで見る「東国の城」の進化と歴史』大好評発売中!
B5判オールカラー 128ページ 本体価格:1,900円+税

▼TEAMナワバリング書籍情報
図解 戦国の城がいちばんよくわかる本』大好評発売中!
198ページ 本体価格:1,400円+税

▼NHK大河ドラマ『真田丸』のお供にやる気のあるニート!?
『真田丸』がより一層楽しめる4コマ漫画、『ふぅ~ん、真田丸』発売中!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 今回は、家康の江戸入部について。敵を討伐するに時には、敵地の隣に領地を持っている者が先陣にあたり、討滅した敵の領地を戦功に応じて与えられるのが、中世武家社会の慣例であった。家康が秀吉から北条領を与えられたのも、この慣例に従ったまでのことで、別に秀吉がイジワルをして家康を僻地に追いやったわけではない。

 ところで、家康が入部した頃の江戸は漁村のような淋しい田舎で、城もボロボロだったという話が、まことしやかに伝わっている。でも、これは家康を江戸幕府の創業者として祭り上げるために「盛られた」話だ。そもそも江戸は、中世を通じて関東でも最大級の経済都市だったし、北条領国では副首都のような位置付けを与えられていた。ドラマでは話をわかりやすくするために、北条氏政は小田原にいるように描かれていたが、実際には江戸城を拠点に外交や戦略の指導に当たることが多かったようだ。江戸城は、小田原城に次ぐ重要な戦略拠点だったのだ。
 とはいえ、家康が政権を手にしてゆく過程で、江戸が大発展を遂げたのも事実だ。家康といっしょに江戸に入ってきた家臣達が、歳をとってから「自分が来た頃は、このあたりには何にもなくてねえ」などと書き残すのも当たり前だろう。ほら、東京だって、練馬や杉並あたりのお年寄りは、「戦前はこのあたりも、畑や雑木林ばかりでねえ」と言うでしょう? 江戸城だって、城主の氏政がいない状態で籠城戦をつづけた挙げ句に落城して、略奪にだって遭っているだろうから、建物が傷んでいたのも仕方ないことだった。

 そもそも、大名の国替えは、サラリーマンの転勤のような呑気なものではない。文字通りの敵地に乗り込む仕事なのである。家康の場合、関東への国替えとは北条領国の占領を命じられたことを意味する。一部の家臣は、国替えの準備のために国元に戻らなくてはならないが、家康本人は徳川軍を率いて、そのまま関東に駐留しなくてはならない。万単位の軍勢ともなれば、大量の食料や生活物資を消費するわけだから、漁村のようなインフラの整っていない場所に、そもそも進駐できるはずがない。
 家康にとって、経済的・戦略的ポテンシャルの高い城と都市を本拠に選べたのは、むしろラッキーだったといってよい。

(西股総生)

《ワンポイントイラスト》



江戸の荒地を開拓したことにしてもいいじゃない。神君だもの。

(みかめゆきよみ)

★NEW!!
クラブツーリズム主催のナワバリスト西股によるお城講座
7月9日(土)西股総生トークイベント
《第1部》「戦国軍事考証から見る城と合戦
14時~15時/新宿アイランドウィング /1000円
コース番号【C2021-923】
《第2部》「対談形式 戦国軍事考証VS歴女
15時30分~17時/新宿アイランドウィング /500円
コース番号【C2022-906】
※参加者限定飲み会もあります!!
https://www.facebook.com/events/276233952766802/

▼西股先生新刊情報
復元イラストで見る「東国の城」の進化と歴史』大好評発売中!
B5判オールカラー 128ページ 本体価格:1,900円+税

▼TEAMナワバリング書籍情報
図解 戦国の城がいちばんよくわかる本』大好評発売中!
198ページ 本体価格:1,400円+税

▼NHK大河ドラマ『真田丸』のお供に
やる気のあるニート!?
『真田丸』がより一層楽しめる4コマ漫画、『ふぅ~ん、真田丸』発売中!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
◎お遊びのわけ

 ほぼ週間西股ニュース6月16日号「上田朝直をさがせ!」のつづき。
 僕がイラストを監修する時に、いつもこだわっているのは日時の要素。つまり、××年×月頃の○○城、場合によっては×月×日の何時頃、というところまでしぼり込むようにしている。

 なぜ、こんな細かな設定にこだわるのかと言えば、城というものが常に個別具体的な存在だということを、見る人にわかってほしいから。戦国乱世なので、みなが用心のために城を造るから自分も造る、といったような漠然とした理由で築かれるのではなく、何かリアルな必要性や任務があって、はじめて城が築かれ、その必然性や任務を実現するための条件が城の形を決定してゆくのだ、と僕は思っている。
 そうでなけれは、日本全国にある何万もの城の縄張りが、全部ほかと違っている現象の説明がつかない。こうした「城の基本原理」みたいなものをイラスト上に表現するためには、具体的な「時と情景」がどうしても必要になってくる。

 もうひとつ、僕がイラスト監修に当たって細かく状況を設定するのは、復元のモデルケースを提供したくないからでもある。残念なことに、出来の良い有名な城や、よく描けた見ばえのするイラストが、復元のモデルケースとなってしまう事が多い。でも、復元したい城と参考にしている城とは、まるで別物かもしれないじゃないか。
 戦国時代だって、最初の頃と、中頃と、終わり頃とでは、軍隊の仕組みも戦争の仕方も違う。城の造りだって当然、違ってくるはずだ。それに、城は任務によって姿形やサイズが決まってくる。だとしたら、城内の様子や必要とされた構造物も、時期や城の役割によって違ってくるはずだ。
それなのに、見ばえのする適当な事例を参考に復元案を作って、どうするのだ。そういう復元案を作る人は、天守ができる前の土の城なんて、粗末な造りだから所詮はどれも似たようなものだ、くらいに考えているんだろうか。他に替えがたい個性こそが、城の命であるのに。

 だから僕は、あれこれと妄想をふくらませて、構造物なんかもできるだけいろいろな形のものを考案するよう、心がけている。まあ、このあたりの話を詳しく知りたい人は、『土の城指南』(学研パブリッシング・1500円)を読んでね!

西股総生

▼画像は腰越城縄張り図の一部です。


★NEW!!
クラブツーリズム主催のナワバリスト西股によるお城講座
7月9日(土)西股総生トークイベント
《第1部》「戦国軍事考証から見る城と合戦
14時~15時/新宿アイランドウィング /1000円
コース番号【C2021-923】
《第2部》「対談形式 戦国軍事考証VS歴女
15時30分~17時/新宿アイランドウィング /500円
コース番号【C2022-906】
※参加者限定飲み会もあります!!
https://www.facebook.com/events/276233952766802/

▼西股先生新刊情報
復元イラストで見る「東国の城」の進化と歴史』大好評発売中!
B5判オールカラー 128ページ 本体価格:1,900円+税

▼TEAMナワバリング書籍情報
図解 戦国の城がいちばんよくわかる本』大好評発売中!
198ページ 本体価格:1,400円+税
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。