日本糖尿病学会(門脇孝理事長)は27日、岡山市内で総会を開き、糖尿病の新診断基準を決めた。従来の血糖値による診断に加え、過去1~2カ月の平均的な血糖状態を示すヘモグロビンA1c(HbA1c)を取り入れる。確実に早期発見しやすくなり、糖尿病や合併症の減少が期待できるという。7月1日から適用する。

 新基準を検討した委員会の清野裕・委員長は「早期介入で合併症を防ぎたい」と語った。

 学会によると、診断基準の改定は99年以来11年ぶり。糖尿病患者は07年の調査で国内に約890万人いるとされ、早期の診断や治療を目指して診断基準を見直した。新基準では、慢性的な血糖状態を反映するHbA1cを補助的役割から格上げした。血糖値の基準値は変わらないがHbA1cの基準値は厳しくなった。検査は併用し、いずれも基準値を超えた場合に糖尿病と診断される。

 また、HbA1cの数値を国際基準に合わせる方針も確認された。7月1日から国際学会の発表などで新しい基準を使用する。

【椋田佳代】

【関連ニュース】
神奈川歯科大:歓迎コンパで飲酒、新入生が死亡
ひと:桂歌丸さん(73) 「肺の生活習慣病」啓発大使
立川談志さん:高座に復帰
立川談志さん:13日に復帰
掘り出しニュース:尼崎市のメタボ健診で表記ミス、361人「重症」--謝罪へ

西日本の大雨、24日にかけて東日本に拡大(読売新聞)
処方箋捏造、薬を入手 堕胎容疑医師 妊娠知った翌日(産経新聞)
裁判員1年、4千人以上参加・530人に判決(読売新聞)
暴力団延べ55人が大相撲観戦 2親方が弘道会員に券渡す 昨年の名古屋場所(産経新聞)
農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官(産経新聞)
AD