以前交際していた20歳代の女性とその夫に嫌がらせのメールを計112回送ったなどとして、ストーカー規制法違反と脅迫罪に問われた大手化粧品メーカー「ノエビア」元副社長で同社子会社「常盤薬品工業」元社長・大倉尚(ひさし)被告(43)の初公判が19日、神戸地裁(三宅康弘裁判官)であり、大倉被告は起訴事実に対する認否を留保した。

 弁護側は検察側に「起訴事実では、恋愛感情や怨恨(えんこん)の感情などを充足するためとされているが、どの感情なのか」と説明を求め、検察側は「いずれにも限定されない」と回答。弁護側は「検討したい」とし、認否は次回公判に持ち越された。

 起訴状によると、大倉被告は昨年10月2~5日、女性に「最後はちゃんと会うと誓ったんだから、メール下さい」などのメールを51回送って脅すなどし、同10月9日~11月19日には、女性の夫にも嫌がらせのメールを61回送信した、とされる。

6年に1度の柱祭り 「杉の町」鳥取・智頭(産経新聞)
減税こそ政治の役割、河村名古屋市長が強調(読売新聞)
<河村市長>議員報酬半減案など再提案へ 議会側は冷ややか(毎日新聞)
「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏-普天間(時事通信)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)
AD