TRUE ACTIVIST より 機械翻訳


米国政府は、近い将来、全ての子供にマイクロチップを導入することで
アメリカ人の生活の上にそれらの制御を促進することを意図しています。


時間が経つにつれ、政府がしたいようだアメリカ人の生活規制ますます。
時々、さらなる規制のため、これらの決定は、
実際にはアメリカの人々を助けるが、これはあなたが誰であるかに応じて、
議論のためにまだアップし、時には、これらの決定の背後にある理由は疑わしいであり、
疑問視されなければなりません。

追跡人々の未来のニュースが張り巡らされているように、
後者のシナリオは、最近発生しています。

コンセプトはシンプルですが、その背後にある意味が深刻である
:米国政府が導入しようとする子供たちのための
マイクロチップをより良いそれらを追跡するための努力で、近い将来に。

それは、この技術は、単純に誘拐されたり迷子から子供を守るだろうと言うのは簡単だが、
それはそれよりもはるかに深くなります。
支持者マイクロチップなど3 Steffanyロドリゲス・ニーリーの母親としては、
それを指摘しています、


それは私の子供を救う場合」、あまりにも極端だ一切のものはありません。
何か悪いことが起こるない場合マイクロチップは、追加の保護層であろう。
小さなチップは米粒の大きさが悲劇を妨げている可能性がある場合、私は私がと思う
ほとんどの親が言っていると思う」彼女は、追加されました "それを行っています。」」



ロドリゲス・ニーリーは、彼らが育つか、
マイクロチップが親のまたは子の許可なしに使用されるかもしれない
他に何一度マイクロチップを持つことが子供のために意味するかもしれない
ものを考慮に入れていないようです。

エレクトロニクスの専門家スチュアートLipoffはしようとした
バーコードにヒトでのマイクロチップを比較店舗で製品にするだけでなく、
不足します。 彼は、NBCに語りました


バーコードは、最初1960年代後半に出てきたとき」、人々がゾッとしました。
彼らは警戒しており、概念を理解していませんでした。
今日、我々もそれに気づくことはありませんので、一般的です。
マイクロチップは、同じように多くを働くだろう。」

特定し、製品と人々の内部レコードを格納追跡装置に関する情報を
保持するバーコードの間に有意な違いがあります。
それらがスキャンされる場合、一部のマイクロチップのみ動作かもしれませんが、
ペットに使用される他にも、GPSを使用して、
すべての回でのペットの位置を追跡することができ、真の関心がどこにあることです。

親が自分の子供の場所にアクセスすることができるならば、
可能性がありますこの情報がハッキングされる可能性があり 、
完全な見知らぬ人にも彼らを追跡することができますが。

また、子供たちがされ、その自由を剥奪彼らが
それらに移植チップをしたいと親が自分たちの生活の残りのために
それらのために作る決定と一緒に暮らす必要があるかどうかを選択します。


マイクロチップを支持する一つの引数は、そのような重要な医療記録、
銀行口座、およびその他多くの人に関する情報が格納され、
検索することができる容易さ、です。
しかし、この装置の導入を伴うことになる予期せぬ
トラブルの価値チップの利便性はありますか?

マイクロチップの背後にある考え方は、
思考想起させるサイエンスフィクションゆがんでしまっ物語をするが、
選択は最終的に、または少なくともうまくいけば、市民に与えられることになります。
彼らは両手を広げて、それを受け入れる場合は、マイクロチップが標準になる可能性が、
彼らはそれを拒否した場合、アイデアは他の多くのように消えていくだろう。





チップを埋めている人の手や耳を見て 無いですよね。(´д`lll)


アメリカでの銃乱射事件
あれは、悲劇を沢山演出して
国民自らが銃を嫌い反対運動を起こすように仕向ける為
そこに脅威が忍び寄っているので無ければこれは大いに賛成ですが…
悪の手を広げやすくするために国民から銃を奪いたいだけですからね
そういう意味では「銃所持反対運動」に反対せざる負えないですね。

警官にプロテインと共に興奮剤を飲ませているのも
同国民に対して非道になる事に抵抗を持たせないため

こうしてアメリカ国民を弱体化させてチップをどんどん埋め込むつもりのようです。

しかし、なんでまたこんなに焦っているのでしょうか?
実際には計画は遅れているようですが…
先をいぞぐ理由なんてないのに、なぜこんなに慌てているのか?
チップの数が足らなくて生産を急いでいるようです

チップはいろんな国で作られています。
韓国の技術はすごく進んでいます。
日本ももちろん研究は進んでいます。
すでに人体に使える物も沢山あり
家畜やペットに使用されています。
そして、そのチップのデーター管理に使う優れた機器もあります。
体内の色々なデーターを集めたものを視覚化?データー化?出来る機械です。

開発関係者の人と一度話をしたことがありますが
その人は、こんな技術何に使うんだろう?といぶかしげでした。


アメリカや日本はそれに異論がないようですが(権力者)
ヨーロッパや他の国はどうでしょうね?
国民のみならず、権力者も同様にチップで管理されることに議論があるようです。
アメリカや日本の権力者は意義無いようですが。。。
優秀な勲章レベルのチップを入れてもらえると嬉しいらしい?

方や、それが勲章レベルでも…嫌らしい。

迫って来ていますね。


そんな中、片岡愛之助さんのUFO愛!ヾ(@^(∞)^@)ノ

昨日東京で、こ、こ、こ、これは未確認飛行物体!?

是非、リンク先に飛んでUFO見てやって下さい!
イイネも忘れずに(笑)
平和的な宇宙デビューが出来るといいなぁ

水没か 隕石襲来か 平和的宇宙文明デビューか


AD

コメント(4)