あたたかいものを召し上がれ

テーマ:

ひさびさに窯出しの日に受け取れました。

まだほんのり温かかったです。

 

それは実際、温度が「温かかった」わけですが・・

 

冬が近づくと、同じような器でも「あたたかいもの」に見えてきます。

自然と「あたたかいもの」を入れたりよそったりした状態を

想像するからなんでしょうかね。

 

でもこれはいかにも冬向きの器。

雪結晶マークで黒。

(還元焼成、釉薬:黒マット)

 

白いカップ。お茶は白の方が色がきれいに見えていいよね。

(還元焼成、釉薬:白マット)

 

青みがかった灰色の石灰釉は、素朴&上品の案配が好きです。

今回の3つのマグは、コーヒー、お茶だけでなくスープにも合う形を意識しました。

(還元焼成、釉薬:石灰)

 

茶碗。地味に線を描くのも最近は楽しくなった。

釉薬がけ、こういうこともやるからけっこう時間がかかる作業です。

(還元焼成、釉薬:黒マット、白マット)

 

とんすい。と言ってしまうには用途が広い便利皿。

(還元焼成、釉薬:白マット)

 

茶碗と、浅めの中鉢。

刷毛目と梨灰、飽きない・・。

(還元焼成、白化粧、釉薬:梨灰)

 

この形の鉢も、作るのがちょっと楽しかったのでまた作りました。

前回より一回り大きいです。

(還元焼成、釉薬:白マット)

 

この器作る途中の写真がありました。

円い器の縁を切り取ったところ。

こういう小細工、「ちょっと悪さするわ」と言いながらやると

楽しいんだよ〜(私は)。

 

AD