自分らしく、美しく咲き誇る 自分らしさ開花セッション

幸せも、愛も、健康も、美も、癒しも、症状も、カラダにいいかどうかも、自分らしさを開花させることから。


テーマ:
ご訪問いただきありがとうございます。

自分と大切な方の健康を願う女性のための食育サロン

自分のからだを知ることからはじめる
食セッションをしている清水綾香です。


先日、食セッション☆アンティパストで
行ないました。
 
その時の様子はまた
後日アップしたいと思います。
 
 
 
今日は、
この会の募集を見たけれど
参加を断念した方のお声を
書きたいと思います。
 
 
この方の参加しなかった選択を
もったいないねと言いたいのではなく、
参加しないことを選択するというのも
『〇』なんだよということが書きたいのです。
 
そのあたりのことを
ほかの方の参考になるかもしれないので
ブログにも残しておこうと思います。
 
 
その方からいただいたお声は
このような内容でした。
 
----------
 
うちの子は偏食の次元が低すぎて
(食べられるものが
白いご飯とアンパンマンポテト。
やっと最近、かつお節を
食べられるようになったのだとか)
 
私のお話し会に行こうか
『躊躇している』というお声を
いただきました。
 
でも
専門家の話をいろいろ聞いたり
ほかのお母さんのお話を聞いたら
『私が(このお母さんご自身が)
落ち込んでしまいそうで』、と。
 
それで
考えた末、申込みをしなかったと。
 
----------
 
通常、このようなお声は
なかなか私の耳に入ることは
ないと思います。
 
この方は、私の知人だったので
偶然、お会いした際に
向こうから声をかけてくださいました。
 
 
このお母さんのお話を聞いていて、
自分の過去の記憶が
思い出されました。
 
 
それは、娘の『食』について
私がすごくすごく悩んでいて
つらかった時期のこと。
 
 
私の娘は、離乳食のとき
食がぜんぜん進まなくて、
2歳近くなるまで、
食べられるものは片手で数えられるくらいに
限られていました。
 
 
何を作ったら食べてくれるのか
まったくわからなくて。
 
私、栄養士なのに・・・
栄養士というプライドが
さらに自分を落ち込ませました。
 
 
がんばって作っても
食べないなら
こちらのストレスが増えるばかりだし、
 
もう
がんばって作らなくていいか、と
いろいろ工夫することは
しなくなりました。
 
でも、内心では
『こんな状態のままでよいのだろうか』
という気持ちがぬぐえないでいました。
 
 
 
だから、
ほかのお子さんの
よく食べる様子を見て
落ち込んだり、焦ったりも
経験しました。
 
 
 
私が工夫してあげないから
食べてくれないのかな、と
自分を責めるような心境にも
なりました。
 
 
 
でも今は
娘はほとんどのものを
大人と同じように食べます。
 
そうなるまでの道のりは
また別の機会に書こうと思います。
 

 

今回、このお母さんのお声を

聞く機会に恵まれたことでの

私の気づきも綴っておきます。

 

 

----------

自分一人で行き詰まっているとしたら

誰かヒントをくれるような人の

話に耳を傾けることが

突破口になることもあります。

 

それが、ネット情報なのか

ママ友との何気ない会話なのか

信頼できる専門家なのかは

ある意味、『出逢い』ですね。

 

もっと正確に言うと

『受け取れる器』を自分自身が

持っているかということ。

 

器とは、別の言い方をすると

『アンテナ』でもあるかな。

 

 

次に、

どんなによいヒントを

受け取ることができても

それを実行しなければ

何も状況は変わらない。

 

でも、

今の状況を変えなければいけないか

と言うと、それもまた選択権は

自分にあるのですよね。

 

ヒントを受け取ったうえで、

それを『実行はしない』、

『今の状況を温存する』

という選択もまた『〇』なのだと思っています。

 

 

もう一つ知っておいてほしいことは

この『実行しない』というのが

実際には、実行したいとは思うけど

『できない』というケースがあるということ。

 

 

そのようなケースには、

今は忙しくて単にその気になれない

時間がないというだけでなく

お母さんの栄養状態が原因として

潜んでいるケースもあるということ。

 

やったほうが良いのだとわかるけど

できない、からだが動けない。。。

 

 

思い当たる女性は

ちょと振り返ってみてくださいね。

 

あなたの若いころの食生活や体調はどうでしたか?

 

妊娠中の、食生活や体調はいかがでしたか?

医師に指摘されたことはありませんでしたか?

 

産後の食生活や体調はいかがでしたか?

 

 

 

お母さんの栄養状態と

お子さんの栄養状態は

似ているケースが多いと言います。

 

 

お母さん自身が

自分のからだに目を向け

現状を知ることによって

何か問題点や

現状を引き起こしている原因のようなものが

浮き彫りになってくると

 

お子さんの問題にも

オーバーラップされ、

何か気づきがあることもあるのです。

 

 

そういったことに

辿り着けるかどうかも

すべて『出逢い』と

『受け取れる器』次第なのだと

思います。

 

 

自分に合った『タイミング』といものが

あるのです。

 

だから、心配しないで。

----------

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。


【ご案内】

自分のからだを知ることからはじめる食セッションは、
食べることも自分軸で選べるようになるためのセッションです。

食生活の話って、けっこうプライベートなこと。

自分のためだけに時間をとってほしいあなたには、『食セッション』がおすすめです。

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから
(90分間の個別セッション)

 

自分のからだを知ることからはじめる
清水綾香の食セッション

清水綾香のプロフィールはこちら
お問い合わせ
●食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから
●食がテーマのお茶会(プチアドバイス付き) 食セッション☆アンティパスト
お申込み

ホームページ
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

清水綾香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。