★SNSもどうぞフォーローして下さい★

 

     

 

気付けば7月♪ 一般公開されるまでシークレットがお約束だった、奥日光の旧英国大使館別荘の内部写真をお見せしますね。

 


(素敵なアプローチの小径)

 

こちらの建物は、ヴィクトリア朝時代の在日大使館員アネースト・サトウが別荘として使用していた建物。それを英国大使館が引き継ぎ・・・現在は栃木県に戻されています。今回多額の修復費がかけられ、建物は再建、そして内部が資料館として作り込まれました。

 


(ユニオンジャックの扉、分かります?)

 

こちらが入り口。オープン時は扉は開いているのですが、実は閉めるとユニオンジャックが表れるこだわりの扉です ユニオンジャック

 

そして外観!一見和モダンのようにも見える建物。中禅寺湖側から見たお写真を。3段になっている石垣は、東京駅を建てた建築家ジョサイア・コンドルの助言で実現したとか。サトウとコンドルは知り合いだったそうですよ。

 


(中禅寺湖側から見た大使館別荘)

 

エントランス。私たちの提案で、上部の棚にスポード社のブルー&ホワイトの食器を設置しました。「ブルーイタリアン」という柄で19世紀初頭にデザインされた作品です。器の回り縁のデザインが日本の伊万里焼のデザインに由来しているので・・・英国と日本の分化が混在したこちらに建物にはピッタリでは・・・とセレクトしました。お皿の一部はヴィンテージの作品です。

 


(日光杉の良い香りが館内に~)


1階は、アーネスト・サトウの生涯、そして仮の息子さんで尾瀬の保存に尽力された武田久吉博士にちなんだ展示がされています。博士は英国のキューガーデンに留学もされていた植物学者なんですよ。

 


(大使館寄贈のキャビネット)

 

それを受けて・・・入ってすぐの曲がり角にの大使館から寄贈された素敵な家具の上には和を感じるお花をコーディネート。キャビネットの中には、自然美を感じるミントン社のハドンホールシリーズのプレートを飾りました。こちらはお教室からの寄贈品という形で飾ってもらいましたよ。

 


(改めて見ると可愛いハドンホール!)

 

こちらはアーネスト・サトウの書斎をイメージした展示コーナー。暖炉にはスタッフォードシャードッグを。赤毛のアンの中にも登場する、暖炉周りのインテリアに欠かせない陶器のワンちゃんです。スタッフォードシャードッグには、雌犬と雄犬のタイプがありますが、今回はサトウの書斎ですので、凛々しいお顔の雄をチョイス。

 


(暖炉は昔の建材を使って再現しています)

 

お隣の奥日光の自然美をテーマにした展示コーナーの暖炉には、ヴィクトリア朝を代表するインテリア品のガラスのドームを設置、中には蘭とシダをあしらってみました。真ん中のお皿はウェッジウッド社の作品。こちらもアジアをテーマにした更紗柄です。

 

(鏡の国のアリスにも描写されたガラスドーム)

 

廊下から見た1階の景色、素敵でしょ♪

お仕事が終わって誰もいなくなった瞬間に撮ってみた1枚です。廊下はソファが複数設置されていて、くつろげる休憩スペースになっているんですよ。

 


(なんて素晴らしい景色!)

 

2階に上がる階段の下には・・・こちらも大使館から寄贈された素晴らしいランプを。存在感がありますね。実はこちら、紅茶缶!をランプにした作品なんです。さすが紅茶好きの英国人。上につけられた照明との調和もなかなかでしょ♪

 

 

さて・・・2階については次回の記事で~。2階はさらにワクワク空間になっているので、楽しみにしていて下さい。

 

英国のテーブルウェア:アンティーク&ヴィンテージ英国のテーブルウェア:アンティーク&ヴィンテージ

1,728円

Amazon

 

 ←最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろしくお願いします

★SNSもどうぞフォーローして下さい★

 

     

 

週末のNHKに引き続き、今週はヴィオレッタさんでも外部レッスンが。今季のテーマは英国の紅茶ブランド。水曜日はリプトン社についてお話ししてきました。ご参加下さった皆さま、そしてヴィオレッタのスタッフの皆さま、楽しい時間をありがとうございました。

 

リプトン社は、私が1番好きなブランド。正確に言うと、リプトン社というよりは、創業者の「トーマス・リプトン」が大好きなのです。

 

 

アイルランド難民の子供としてスコットランドで生まれたリプトン。アルバイトをしながら学業に励んだ幼少期。そして単身で渡ったアルリカでの苦労。21歳で起業、寝ずに働き店舗を増やし・・・そして39歳で紅茶に出会います。

 

紅茶との出逢いが彼の人生を更に飛躍させ・・・彼は多くの人が憧れる大実業家へと成長していきました。リプトンの人生は、決して楽な人生ではなく、苦労苦労の連続。でもそれを吹き飛ばすユーモアと、仕事を楽しむ姿勢、商品を愛する心。彼は子孫を残しませんでしたが、「世界中のポットをリプトンの紅茶で満たす」という夢は、実現したことでしょう。

 

 

レッスンではたっぷり、私のリプトン好きを披露してしまいました(笑) 話したりなくて悔しいくらい~。4月のトワイニング、5月のフォートナム&メイソン、そしてリプトン。ガイドブックでは分からない、それぞれの紅茶ブランドの魅力が少しでも伝わったとしたら嬉しく思います

 

来月のヴィオレッタのイベントでは、テーマを変えて、お教室の新刊「英国のテーブルウェア」をテーマに、アンティーク、ヴィンテージのお話しをさせて下さいます。単発参加OKのイベントですので、ぜひホームページをのぞいてみて下さい。

 

お教室の生徒様は、チケット利用も可能ですよ。もちろんはじめての方もお待ちしていますね。

 

 

 ←最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろしくお願いします

★SNSもどうぞフォーローして下さい★

 

     

 

最近自分の中で洋食器熱がまたムクムクと(笑)

いつもでしょ・・・と言われそうですが、自分なりの波があるのです。今は150%くらい?!新しいものが欲しいと言うのではなく、自宅にある子たちが可愛くて可愛くて仕方ないという感じです。

 

特にキュンキュンしているのが、ヘレンド。私の中でヘレンドは『元気な時に使う器』、精神的に前向きな時に更にそれを高めてくれるとっておきです。スタッフみんなでお茶をすると、たくさんのカップが使えて楽しい~rose**

 

 

ヘレンドは、デザインが多様すぎて・・・そして柄違いでも一緒に並べて違和感が少ないことから、なかなかこれというシリーズが決められない悩ましい窯。1番好きなのは「ヴィクトリア」、そして写真のポットの柄「フルーツコンポジション」。

 

ヴイクトリアは、蝶が描かれているので、万人受けはしないかな・・・と2名用のセットが揃ったところで中断。そしてフルーツコンポジションは、虫はいないのですが、大根や椎茸など野菜もいっぱいで、可愛い❤というデザインではないところがややネック ( ̄ー ̄; でも好きなんですよねー。

 

 

お食事用のお皿類はアポニーやインドの華、そしてヴィクトリアの単色の作品など、東洋的な控えめなデザインが多いのですが、ティータイムは元気いっぱいカラフルに(笑)

 

まだまだ先ですが10月26日(水)のル・ノーブルさんとのイベント「ヘレンド」にもすでに沢山の方がお申し込みを下さり・・・ヘレンドみんな大好きなのね~キラキラと嬉しく思っています。洋食器のイベントは月1です。来月はリチャードジノリ、こちらもお席が少なくなっている会もありますので、ぜひご検討下さい。よろしくお願いいたします。

http://www.aynsley.co.jp/news/pdf/20160502Brandstory.pdf 

 

英国のテーブルウェア:アンティーク&ヴィンテージ英国のテーブルウェア:アンティーク&ヴィンテージ

1,728円

Amazon

 ←最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろしくお願いします

★SNSもどうぞフォーローして下さい★

 

     

 

日曜日のNHK文化センター横浜校でのレッスン。遠くは大阪、富山からの参加者も。紅茶、英国、ダウントン・アビー、洋食器、好きなものが共通している皆さまとの時間はとても楽しくあっという間です。

 

前半はダウントン・アビーのドラマを軸に英国の紅茶文化のお話しを。そしていよいよ後半。お好きなカップをチョイスして頂きます。即決される方、悩まれる方・・・それぞれがお気に入りを見つけて下さいました。

 

 

次に・・・たくさんのカトラリーの中から、そのカップを引き立てるスプーンを選んでいきますよ。

 

これがなかなか面白い。様式が全く異なるものを合わせると。水玉のワンピースに、タータンチェックの鞄を持った時のような不自然さが。

 

 

皆さま楽しい~ 音譜音譜 と、あれこれスプーンを合わせて・・・下記の写真のように落ちつきました。どうでしょう??お互いのセレクトを見るのもとても勉強になります。合わせてフォークもチョイスして・・・♪

 

レストランやティールームではなかなか体験できないお教室ならではの究極のカップ選び・・・皆さまに喜んで頂けて良かった。

 

 

さてさて、7月からは早稲田での外部レッスンもスタートします。「英国紅茶文化に親しむ」♪ Cha Tea らしい、楽しく、かつ少々マニアックに、充実した講座にしたいと思います。現在23名様がお申し込み下さっているとのこと。

 

早稲田大学オープンカレッジ中野校 2016年夏期講座 「英国紅茶文化に親しむ」
毎週木曜日10時半-12時 全5回

07/07英国紅茶の歴史(17世紀~現代まで)
07/14英国文学から読み解く階級別紅茶文化    
07/21茶室と茶道具の変遷    
07/28英国人が開拓した紅茶産地    
08/04紅茶をテーマに訪ねるロンドン)

 

申込み詳細 https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/36346/

 

英国のテーブルウェア:アンティーク&ヴィンテージ英国のテーブルウェア:アンティーク&ヴィンテージ

1,728円

Amazon

 ←最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろしくお願いします

★SNSもどうぞフォーローして下さい★

 

     

 

日曜日はNHK文化センターの生徒さんたちをお招きして、サロンでお茶会でした。

 

「お好きなカップを選んでティータイム」・・・は紅茶教室では良くありそうなシチュエーションですが・・・Cha Tea 流はさらにもう一歩。今回は講座のテーマに合わせて、「選んだカップにピッタリのカトラリー選び」も体験して頂くことに。

 

普段はスタッフが裏でしている作業を、生徒さんたちに楽しんで頂きましたよ。

 

 

みんなが選んだのはどのカップでしょう???ミントン、ウェッジウッド、エインズレイ、ロイヤルクラウンダービー、コープランド・・・時代を経て今に受け継がれてきたカップたち。ダウントン・アビーの時代のカップもありますよ。

 

 

下のお写真の右手前はダウントン・アビーのドラマでバイオレットおばあさまが愛していた「IMARI」のカップ。選ぶ方はいるかな-????

 

 

カップのチョイスが終わったら・・・次はスプーン!!!!!ここでも大歓声が。

ワンピースを選んだ後に、お好きな帽子やバッグををチョイスする・・・そんなイメージで楽しんで頂きましたよ。

 

チョイスが間違うと・・・それぞれの可愛さが半減することに。チョイスが合うと、この上なく可愛くなりますよ。

 

 

皆さまがどんな選択をされたのかは・・・また別にご紹介していきますね。ちなみに・・・選んだのはスプーンだけでなく、フォークも10種類以上の中からチョイスして頂きました。

 

素敵なカップとカトラリーが揃ったところで・・・お茶会のスタートです♪♪

 

英国のテーブルウェア:アンティーク&ヴィンテージ英国のテーブルウェア:アンティーク&ヴィンテージ

1,728円

Amazon

 ←最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろしくお願いします