★SNSもどうぞフォーローして下さい★

     

 

マスタークラス「テーカップの形状と紅茶」、4日間という短い期間でしたが65名の方にご参加頂きました。最終的な結果をまとめましたので、こちらでお知らせしたいと思います。

 

まず今回用意した3種類の形状のカップをご紹介します。

 

左端の口径が広く背の低い世間一般の「紅茶用カップ」、日本では「コーヒー用カップ」とされることの多い、やや口径が狭く、背が高い右端のカップ。そしてその中間の形状の「コーヒー&紅茶兼用カップ」と呼ばれる中央のカップ。今回はこちらの3種類で春の新茶を飲み比べして頂きました。

 

(ロイヤルコペンハーゲン・ヘレンド・ロイヤルアルバートを使用しました)

 

今回は「お茶請けなしで、ストレートで1~2杯その紅茶を飲む・・・」というシチュエーションで評価して頂きました。カップの形状の特徴としては・・・

 

左:口径が広く背の低い世間一般の「紅茶用カップ」は香りが広がるが冷めやすく液体が口の中全体に広がるので、渋みを強く感じる傾向がある。

 

右:やや口径が狭く、背が高い右端のカップ「コーヒー用カップ」は、冷めにくい、香りの持続がよい。液体が喉にダイレクトに入るため、紅茶の味をライトにする。飲み終わった後の香りの返りが強い。

 

中央の兼用カップはその中間のテイスト・・・でした。さてさて、結果発表です。

 

ライトで癖のないニルギリは、比較的振り幅が激しく。「どのカップで頂いても美味しかった」「あえて言うならば・・・○○のカップ」そんな声が多く聞かれました。ニルギリをお出しする際は、自宅で「好きなカップを選んでねはーと」と、お友達に言えそう~なんて。

 

少し渋みと香りが出てくるヌワラエリヤになると・・・真ん中の兼用タイプを選ぶ方がぐんと増えました。左を選んだ方は比較的渋み好みの方。普段もストレートで紅茶を飲む方が多く、右の形状を選んだ方は、普段ミルクティーを好む方も傾向的に多いのも面白かったです。

 

 

ダージリンは2茶園。比較的渋みが軽く旨み成分が強いタルボ茶園は、兼用カップを中心に、左右に振れて・・・。フルーティーな香り、パンチの良いジュンパナ茶園は、紅茶の渋味が軽くなる右寄りのカップを選ぶ方が多かったのも納得。

 

そして紅茶らしい渋とこくが出るディンブラは、ストレートでの評価は紅茶の味をライトにしてくれる形状の右よりが人気。ミルクティーは、左のカップだと「牛乳の味を強く感じる」「甘いミルクティーになる」と、比較的牛乳Loveの方達の評価が高く。右寄りになると、」「紅茶の味がしっかりしてくる」との評価が。

 

そして、もしお茶請けがあったら・・・全体に1つ左寄りのカップを選ぶ・・・との結果が。

 

 

世界で最も紅茶を美味しく飲ませる・・・と謳われるロイヤルアルバートの「モントローズシェイプ」は、アッサム種系の紅茶に適していることも分かり・・・英国人の紅茶の嗜好を考えると、その謳い文句にも納得。

 

と言っても今回は、日常1日に数杯紅茶を飲んでいる、紅茶党の方達の評価。ご家族やお友達を想像されると・・・「自分の好みより、ややライトに感じてもらえないと、美味しいと言ってもらえない可能性が」 冷静なみんなの見解。

 

ですので、お茶請けなしのストレートでお友達にお出しする際は、表の結果より、1つ右のカップがいいのではないかと。お茶請けがある時は、表のままで~。

 

 

ティータイムは用意した「オレンジチーズケーキ」に合わせて、相性の良さそうな産地、ベストカップをチョイスして頂いて。ニルギリの兼用カップ、ディンブラ・ストレートのコーヒー用のカップを選ばれる方が多かったです。

 

紅茶は嗜好品ですので、渋み好みの方、渋に弱い方、通常はご自身の好みで楽しんで頂ければ良いと思います。ただ、今回みんなでこうして統計をとる中で、参加された生徒さん各自が「周りに比べると自分の好みは○○傾向なのかも」なんて、全体の中での自分の立ち位置を実感されたのはとても良かったと思いました。

 

そして「兼用カップ」が実はとても良い働きをすることも~↑↑↑↑↑↑ 

 

きっとこれから、家族、ご友人と紅茶を楽しむ際に、自分の好み+相手の好みを考慮できるようになると・・・優しいティータイムが実現するのではないでしょうか。

 

  ←最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろし願いします

★SNSもどうぞフォーローして下さい★

     

 

6月8日(木)15時~16時半の予定でビックサイトで開催される「カフェ&喫茶ショー」のセミナー講師をさせていただくことになりました。

 

テーマは「国産紅茶の可能性」。昨今、西洋の国でも注目されているシングルオリジンティー、農園別の紅茶。日本の茶園の紅茶も実際にロンドンの有名な紅茶専門店で紹介されているという事実も。

 

海外、国内の国産紅茶にまつわる最新情報から、国産紅茶の試飲まで。楽しく紹介していこうと思います。

詳細・申込 https://reg-visitor.com/seminar/list.php?1495814627&md=detail&smid=639&id=12

 

 

先日は神奈川県の生産者さんと春の新茶の試飲会も。当時は、こちらの「こゆるぎ紅茶」も含む、10種類の国産紅茶の試飲も予定しています。

 

宮崎県、熊本県、福岡県、岡山県、静岡県、神奈川県、埼玉県、茨城県から。品種も紅ひかり、べにふうき、とよか、こうしゅん、やぶきた、むさしかおり、おくみどり、在来種など、さまざまなスタイルを。皆さまの感想も楽しみですウインク

 

 

当日は「紅茶をめぐる静岡さんぽ」の著者である奥田実紀さんにも一緒に講師を務めて頂きます。奥田さんお勧めの国産紅茶に力を入れているティールームの紹介コーナーもありますよ。

 

セミナーは無料ですので、当日参加可能ですが、すでに予約されている方もいるようなので・・・確実に参加されたい方はサロンまでメール下さい。お席確保します。

 

6月6日~6月8日まで カフェ&喫茶ショー http://cafeshow.jp/

 

招待券がサロンにありますので、レッスン時に受け取り可能な方はメール下さい♪取り置きしておきます。

 

  ←最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろし願いします

★SNSもどうぞフォーローして下さい★

     

 

楽しみにしていたアウガルテンディナーの初回。先月のマスタークラス「年表で学ぶアウガルテンの魅力」に参加された生徒さん対象のご褒美企画。まずはこんなセッティングで皆さまをお迎え~。

 

 

一品目のお料理は、シェフ特性のヴィシソワーズ。滑らかな冷製スープをアウガルテンの美しいウィーンフラワーのスープチュリーンに盛りつけていただきました。昨今レストランでもお目にかかることのないアイテムだけに・・・生徒さんも「ダウントン・アビーみたいはーと」と大はしゃぎ。

 

 

スープカップにはエリザベートの夫フランツ・ヨーゼフ皇帝が朝食時に好んで使用していたとされるグレープ・リーフのカップを使用しました。アンティークのシルバープレートのレードルで、スープがチュリーンから注がれる姿にはうっとりキラキラ

 

 

位置皿は、アルペンフラワーシリーズをチョイスしました。カップ&ソーサーもプレートも、シェイプは私が最も好きなヴェルベデーレシェイプ。ウィーンの英雄プリンツ・オイゲン侯爵のお住まいヴェルベデーレ宮殿に縁のある形なんですよ。バロック時代のシェイプなので、男性にも使いやすい雰囲気です。重ねると重厚感も増して・・・より素敵。

 

 

カップをのぞくと・・・こんな風に愛らしいお花が登場。ボタニカル仕様で描かれたお花はもちろん手描きです。皆さま絵画を鑑賞するように・・・プレートに描かれた可憐なお花に見入っていましたよ。グラスは同じウィーン繋がりで、ロブマイヤーのアンティークグラスを。エングレーヴィングの美しい作品です。

 

 

二品目はクリーミーモッツァレラとパプリカのムースのトマトのマリネ添え。パプリカのムースはもちろん、バルサミコとオリーブオイル、塩でマリネされたトマトが絶品。「トマト美味しいとまと」みんなで叫んでしまいました~。

 

同じヴェルベデーレシェイプのウィンナーローズの深皿を合わせたり・・・。

 

 

生徒さんだけの貸し切りディナーなので、写真を撮るのも気楽に。お隣の方のお皿も気になっちゃいますよね~。乾杯のシーンもとても素敵でした♪絵になりますよね-。

 

 

この後、3品目のボンゴレビアンコのパスタ、そしてメインの鶉肉とフォアグラの春キャベツ包み、更に新茶と小菓子でティータイム・・・とまだまだディナーは続いたのですが、そちらのお写真はまた後日。火曜日にご予約いただいている皆さまも楽しみにしていて下さいね。お腹をたっぷりすかせていらして下さい。

 

火曜日の夜の回1つだけ空きが出ました。もしお時間ご都合つく方は是非♪

 

  ←最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろし願いします

★SNSもどうぞフォーローして下さい★

     

 

華やかなティーテーブル♪ 季節のフルーツが詰まったクレープをお茶請けに・・・ダージリン・セカンドフラッシュでティータイムです。カスタード系のクリームに、ダージリン・セカンドフラッシュはとても相性が良いんですよ-。幸せなお茶時間になりました。

 

 

シンプルな形状のお菓子には、華やかな器が合いますね。定番のウェッジウッドのワイルドストロベリーもいつも以上に可愛く見える気が 自家製の薔薇もテーブルに色を添えてくれています。

 

そんなティータイムにまた新たな楽しみを運んでくれる新茶が到着しました。第3段のダージリン・ファーストフラッシュ「キャッスルトン茶園DJ10」です。キャッスルトンらしいテロワール。複数の茶園のファーストフラッシュと合わせて、茶園名を伏せてテイスティングしたのですが・・・キャッスルトン茶園の作品は、すぐに分かる。

 

 

そんなキャッスルトン茶園のダージリン・ファーストフラッシュ、ロット違いで複数番飲み比べして。「DJ10」を選びました。これまでに入荷しているジュンパナ、タルボともまたテイストの違うファーストフラッシュ。茶園違いの個性の違いを楽しんで頂ければ嬉しい限りです。

 

ネットショップでも取り扱いが始まりました。ぜひご賞味下さいね。

http://tea-school.com/shop/11dj.htm#dj1s

 

  ←最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろし願いします

★SNSもどうぞフォーローして下さい★

     

 

マスタークラス「テーカップの形状と紅茶」たくさんの方にご参加いただいています。こちらのレッスンでは、春に入荷した新茶、ニルギリ、ヌワラエリヤ、ダージリン2種類、ディンブラ(ストレートとミルクティー)6種類の紅茶を、3つの形状違いのティーカップで試飲、評価していただいています。

 

とにかく飲め飲め講座なのですが・・・さすがマスタークラスのメンバー。お家でもたくさん紅茶を飲んでいるので、その飲みっぷりも頼もしい~ウインク

 

 

ティーカップの形状により変化していく紅茶の風味を知ることはもちろん大前提なのですが・・・今回の講座では、ご自身の嗜好が他者と近いものなのか、やや特質的なものなのか・・・それを意識していただくことも目的としています。

 

私自身もそうなのですが、職業柄渋慣れが強く・・・初心者からすると『渋い』と感じる紅茶も、お茶請けやミルクなしでも美味しく頂けてしまったりします あせる ですので、他者と紅茶を楽しむ時は、そのことを自覚して。よりライトに感じる形状のカップでお客様にも紅茶をサービスしたりすることも。

 

 

お教室内でも、柄重視で「好きなカップを選んではーと」という楽しみもありますが、カップの形状が異なると、それぞれが感じる味わいが異なってくるため・・・同一の味を楽しんでいただきたい時には、同じ形状のカップをお出ししています。

 

特に産地の特徴を覚えることが目的のレッスンでは、カップの形状のチョイスはとても大切。そして、生徒さんに「お教室で飲んだ時より、美味しく入らない」「家だと香りが立たない」などご相談を受けた際に、淹れ方が悪いのか、カップの形状がそのように感じさせているのか・・・補正のアドバイスをする必要も出てくるのです。

 

学んだ内容をぜひぜひご自宅で、より美味しいティータイムを楽しんで下さいね。

 

  ←最後まで読んで下さった方はポチッと応援よろし願いします