てるブロ

不定期で更新しています。


テーマ:

低い雨雲に覆われた、5月のフラワーフェスティバルの会場にもなった広島・平和記念公園の空。

てるブロ-100711_151856.jpg

雨の予報だったにもかかわらず、朝のうちに降りしきっていた雨がいつしか(2人が到着された時分から?)時折雨がパラつく程度へと変わったのは、やはり茉奈 佳奈のお2人の持つパワーの成せる業でしょうか。

広島でのライブ会場となる、雨上がりのPARCO本館&クラブクアトロの入口。

てるブロ-100711_161044.jpg

入口を入ってすぐのエレベーターホールから、このような水着の女性のポスターをライブの案内を横目に見つつ、10階のクラブクアトロへ。

てるブロ-100711_161124.jpg

入口ではすでに観客の皆さんが整理番号順に並び始め、16:30からの入場へ向けての準備が始まってました。そして、入口のすぐ横にはお花と

てるブロ-100711_191939.jpg

その向かい側には毎度おなじみのお2人の手書きのメッセージ入りのポスターが貼られてました。

てるブロ-100711_192019.jpg


当日券の販売も若干あったようですが、京都MUSEをさらに横長にしたような(ついで言えばさらに小綺麗にしたような)コンパクトな会場はほぼ満員の観客で埋め尽くされていたように思われます。最前方の列では首が痛くなりそうな高いステージは距離もとても近くてお2人の表情が間近にハッキリと見えましたが、逆にステージから客席の表情もよく見えたそうで、小さなお子さんからお年寄りまで幅広い年代の観客が来てくださったとMCでお2人も指摘されていました。そして、アンコール後にお2人が紹介されるまで気付きませんでしたが、3列目には日テレ系「歌スタ!!」の企画で「ハートのエースが出てこない」を一緒に歌った大野智美さんの姿も。

お2人の衣装も茉奈さんのお団子の髪型も、そしてセットリストも(京都ライブでツアー初披露したあの曲を加えた)京都ライブとまったく同じ全19曲。思えば赤坂ライブを2日後に控えて、京都ライブの衣装がそれまでの3会場と違っていたのはもしや単に衣装のクリーニングの都合だったのでしょうか。(名古屋→福岡の時は大丈夫だったのでしょうか。)

MCでは、“実はギターの古賀さんはライブ冒頭のあのかわいらしい歌声のモノマネが上手で、楽屋で真似して歌ってるんです”とのフリに、“ムチャブリやな~”と言いながら古賀さんがモノマネで歌うという楽しいシーンも。バンドメンバーの皆さんともツアーが進む中でだいぶ打ち解けられているようで、そんなチームワークの良さを感じた一幕でした。(そんなチームでのライブも残すところ出雲1回のみ、なんだかさびしいような気もします。)京都以来の登場のあの曲の後では、ピタリと重なりあった2人の影が2つに分かれるあのSJライブの歌い出しのシーンをチラッと再現して、客席から喝采を受けてました。


また、お2人が5歳の時に出演されたチチヤスヨーグルトCMの広島の牧場での撮影の思い出について触れられ、連続テレビ小説「ふたりっ子」がお2人のドラマデビューであれば、お2人の役者デビューの地、マナカナの原点は広島にあると言われてました。

その広島生まれ広島育ちのドラムス・小島さんから前情報として“広島のお客さんは斜に構えて見るようなところがあるので、一見楽しんでないように見えても実は心の中でとても楽しんでるからね”というようなことを言われたそうで、その根拠のない(?)前情報(怪情報?)を大きく裏切るようなノリのよい客席からの熱い拍手、手拍子と歌声にお2人はとまどい、そしてしきりに感激された様子。(もしも前日の大阪ライブに比べて観客の反応が少なかった時に備えての、小島さんの優しい心遣いだったような気もします。)きっとお2人にとって満足度の高いとても楽しいライブになったことと思います。自分にとっても、(自分が座った座席の位置などの要素も大きいですが)これまでに拝見した福岡を除く6つのライブの中で断トツに楽しい、紛れもないベストライブになりました。前日の大阪からちょっぴり足を延ばして広島までやって来た甲斐がありました。

同じような大きさのライブハウスは日本各地にあるはずですし、大きなホールに一堂にたくさんの人を集めるよりも、あえて小規模のライブハウスで数多くのライブを開催することに魅力と可能性を感じたライブでした。もしかしたらお2人も同じようなことを感じられた…、かどうかは分かりませんが。




【おまけ1】

次々と更新されたバンドメンバーの皆さんのブログ。


こじんまりブログ

10年前は・・・


おけいこ日記@This Time ON LINE

クラブクアトロ@広島


kazunori koga official web site

ぐりんぐりん


どうやら“広島の観客は感情を表に出さない”という小島さんの怪情報前情報はしっかりと根拠があったみたいですが、そんな根拠をみごとに打ち破るような素晴らしいお2人のステージだったようですね。そして、けいこさんのブログには、嬉しいリハ中のお2人の姿の写真が。


それにしても、古賀さんといい、ベースの凡ちゃんさんのツイート といい、出雲のライブが終わるまで皆さんお体は大事にしていただきたいものです。(佳奈さんに見つかると、“体を壊すのはライブツアーの後にしてください”とつっこまれそうです。 笑)


それにしても、凡ちゃんさんのツイートにあったこの広島クラブクアトロの楽屋の本場広島焼き が美味しそう。お2人もきっと召し上がったのでしょうか。




【おまけ2】

PARCO本館前から広島本通商店街のアーケードを抜け、平和記念公園へと足を運んだのは、高校の修学旅行以来の?年ぶりでした。


てるブロ-100711_155334.jpg


爆心地にも初めて足を運んでみました。


てるブロ-爆心地


現実から目を背けるかのように、平和記念資料館の中には入ることができず…。近いうちに必ず、また改めて足を運びたいと思います。


たまたま先日借りたDVDで、原爆が終戦後から21世紀の現代にわたるまで後世へ残した爪痕を描いたこちらの作品を初めて見ました。

夕凪の街 桜の国 [DVD]/田中麗奈,藤村志保,伊崎充則
¥4,935
Amazon.co.jp

『半落ち』や下関三部作の佐々部清監督に、音楽は、あの連続テレビ小説『だんだん』の音楽も担当されたマナカナ兄の村松崇継さんが担当されています。


「夕凪の街 桜の国」オリジナル・サウンドトラック/サントラ
¥2,800
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

T-E-R-Uさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。