こんばんは、夫です。

以前
東京酒造組合さんのプレゼント企画 で頂いた

1969酒、2本セットで頂いたのですがそのうちの1本、

いわゆるアウェーボトルの米米酒1969の紹介が

まだでしたので今日ご紹介させて頂きたいと思います。

(1本目の清酒1969の紹介はコチラ


吟雪・米米酒1969


製造元である吟雪さんのHP ・ネットショップでの

紹介文は「これは清酒ではなく、雑酒になります。

体を労わるアルコール分7%のお酒です。白ワインの

味わいで、冷やしてお飲みください。」となっています。


米から抽出した体をいたわる成分、「ライスパワーエキス」が

入っており、そのためか原料は米のみですが分類上では

「その他の雑酒」扱いとなっています。


ボトルの色は真っ白ですがお酒そのものはにごり酒の

ような色は無く、無色透明。味に関しては甘口の白ワイン風、

やや酸味がありすっきりしています。


日本酒よりはだいぶアルコール分が低いので飲みやすく、

もう1本の1969酒である清酒1969とともに気軽に飲める

のではないでしょうか?興味のある方は吟雪さんのHP、

オンライン通販で購入する事が出来ます。


さて、明日はアウェー愛媛戦。久々に勝利の美酒が飲みたいものです。

そして、昨今飲酒運転による大きな事故がクローズアップされています。

車で愛媛に向かわれる方はどうぞお気をつけ下さい!

AD

吟雪・おり酒

今回は吟雪 さんで出しているにごり酒、

おり酒の紹介です。

吟雪・おり酒

このお酒の特徴はその値段にありまして、なんと

4合瓶で765円ととてもお値打ちな価格になっています。


その他の特徴としてはにごり酒という事でふたの部分に

ガス抜きの穴が開いています。このため横には絶対に

置けません。瓶の扱いにはくれぐれもご注意下さい!!

味の方はにごり酒らしいほのかな酸味と甘みを持つ

味わいで、この値段であればいい出来ではないかと

思います。惜しむらくは普通酒規格であるという所。


値段が高くなっても全然構わないので、是非本醸造や

純米でのにごり酒も造って頂きたいと思っております。

AD

今日は久々に吟雪 さんの日本酒を紹介します。
昨年の秋に出荷された純米ひやおろし。

ひやおろしとは春に出来た日本酒を夏の間
眠らせて

熟成させ、飲み頃になった秋に出荷させるお酒の事です。


吟雪・ひやおろし2005


味はやや辛口で、独特の後味があります。食べ物に

合わせる場合はあっさりしたものに合うと思います。

本来は秋に
出荷している製品なので蔵元さんでは

既に完売しているようです。

吟雪さんのサイトで完売と拝見した翌日、偶然近所の

お酒屋さんで見つけ、飲む事が出来ました。


値段もお手頃で1000円ちょっとで購入できます。

今を逃すと今年の秋まで入手できないようですよ!

もし見かけられたら、お試しになってみてはいかがでしょうか?

AD