2016-06-27 23:22:24

お店の歴史、女の生きざま

テーマ:日々のできごと

【あら井ストアーにて】

朝から晩まで、
たくさんの人に出会って、
お話し聞いて、いっぱい笑った日。

写真は、事務所のご近所の
東新町商店街のお店。

創業70年のあら井ストアーは、
奥様のお父様が創業された食料品店。

創業当時からしている
豆の量り売りは今も健在だ。
(夏場は虫がつくのでしないそうです。
 秋以降に要チェック!)

めちゃめちゃ年季の入った計り枡が、
ほれぼれするほどかっこいい。
家族同然の付き合いの従業員さんは、
勤続なんと35年!

もう、往年の漫才コンビを見るような、
絶妙な間なのです。



【はまや昆布店にて】

はまや昆布店さんは、
軽く100年の歴史がある昆布専門店。

先代のご主人は、
毎年7月の終わりから2か月間、
大きなトラックで北海道をまわって、
昆布を買い付けに行っていたそうだ。


どちらのお店も、とっても老舗。

そしてどちらも、
超元気で楽しい女性たちが切り盛りしている。

たくさんの歴史が蓄積されているから、
もう、何から話していいかわからないから、

だからとりあえず、
日常会話で茶化して笑ってみる。
それだけでめっちゃ楽しい。


そして、すこし話すだけで、
すさまじきご苦労とまぶしい思い出…
女の生きざまの一端を

垣間見るような気がして、

たくさん笑っているのに、
なぜか涙が出そうになる。

感動と切なさと嬉しさが、
いっしょにやってくるみたいな感じ。


一言でなんて、表現できないな~。

魅力、ありすぎて。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク