2014-12-06 23:39:17

一日千秋

テーマ:日々のできごと

【父のお誕生日】

さかのぼってます。
12月6日は、父の誕生日。

事務所で心を込めてギリギリまで作業をして、
閉店まぎわのお花やさんでお花を買って、実家へ。

先月、ポリープ的なものを摘出するために手術し、
恐るべき回復力で予定よりも1週間早く退院してきたため、
退院祝いとお誕生日祝いを兼ねて。

一応は病み上がりなのですが、
お酒以外は何を食べてもよい父。
だから私たちもお酒なしの炭酸水で乾杯。

絶対何がなんでも毎年食べる大好物の「カキフライ」を食べ、
…アルコールを断ってからは
すっかり糖分に走っているようで、ケーキをお代わり。


【父のお誕生日】

大人になってからの入院は、
いろんな意味で時間を持てあましてしまう。
…私も20代のはじめに緊急入院したときの
退屈の1週間をすごく覚えている。

大しておいしくもない病院のごはんと面会者だけが楽しみで、
あとは死ぬほどヒマ。
本もいっぱい読んだけど、ベッドの中で読む本は、
どこか脳みそが覚醒しきっていないから楽しめない気がする。
同じ本でも電車の中で読む方が100倍楽しいのはそのせいかもしれない。

それに、ずっと寝てるから、
夜9時の消灯からまんじりともせず起きてしまうあの感じ。

…人一倍せっかちで、一刻も早く通常の生活がしたかった父としては、
どれだけ入院の一日一日が長く感じられたことだろうかと思った。

そんなわけで、あまりムリはしてほしくないけど、
楽しそうでよかったよかった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク