2014-02-09 09:30:22

料理の楽しみ

テーマ:日々のできごと

【もりもりフルーツ】

こんにちは。日曜の朝。

主人の熱もだいぶ下がったし、雪も小康状態なので、
午後からは事務所でお仕事です。

写真は、今朝のフルーツ。

リンゴやバナナはよく食べていますが、
最近は文旦が我が家のブーム。
酸味と甘味のバランスが大好きで、毎食、食前に食べてます。
(うちは果物を食事の前にいただく派なので)

ちょっと前まで、じょうのう(小袋)が大きく、みずみずしくて種の少ないものが出てたんですが、
今は種多め、小袋も細かくわかれている文旦が多くて、むくのに時間がかかります。

毎食毎食、文旦をむくのは面倒だけど、嬉しいこともあります。
手がいつもいいにおいなのと、冬の手荒れが緩和すること。

食べて摂取するのはもちろん、
調理の段階でもこういう風にカラダにいい効果をもたらしてくれる。
…すごいなぁ。

お野菜や果物を切ったときのにおいとか、
火を入れてだんだんと美味しそうになってくるのを確認するとか、

お料理の楽しさって、
そういうプロセスに自分が主体的に参加できるところにあるのかもなぁと思う。

そう思いながら、今日も「鬼スープ」を朝からグツグツ煮ている。


【今日の鬼スープ】

オニオンとショウガとニンニクをブイヨンで煮込んだスープ。
スパイスが鬼強いのと、鬼オンをいれているので、この名前。
風邪になると、これを食べさせることにしている。

今日はシイタケとキャベツ、鰹節も入れて、
とろとろになるまで煮込む。

ダイニングでPCを開く傍ら、
スープのいい香りがしてきて、
嗅ぐだけで鼻が通ってくるような気がする。

…さて、出来上がるまで、原稿書きしよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク