2012-05-15 15:28:36

お誕生日に考える、オトモダチのこと。

テーマ:日々のできごと
$勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【今日のパスタ】

こんにちは。
今日の富山は雨ですね。
そして、寒いです。

家の中で作業していると、足元から冷え込んできます。
冬用のスリッパと冬用のフリースを慌てて着こんでおります。

写真は、今日のランチ。

ずっと休みがなかったのと、諸手続きなどで出かけることもあり、今日は事務所にはいかないことにしたため、ランチはお家で。
でも、休日ではないので、シェフは出動しません(笑)。

菜の花と鶏肉に、すりおろしたカブとゴルゴンゾーラを合わせたパスタです。隠し味は塩麹。

●今日はお誕生日。そこで考えるfacebookの使い方。

今日、お誕生日を迎えました。もう歳はいいたくない歳です(笑)。

昨年3月にfacebookをはじめてからは、以前とは情報交換や連絡、会議の仕方すらも変わった気がしますが、お誕生日には、ひときわその違いを実感できますね…。

メッセージやウォールに、たくさんのお祝いの言葉が(泣)。
今までこんなにたくさんの方にお誕生日をお祝いしていただいたことなんてないですから、人気者になったかのような錯覚に陥ります(笑)。

このfacebook、たくさんのお友達がいらっしゃる方などは、誕生日を公開されていない場合もあるようですが、私の場合は基本的に、一緒に作業をしたり、飲んだりしたことのある、氏素性の明確な方とのお付き合いに使っていますので、全部公開しています。

お会いしていない方でも、信頼できる親しい方からぜひに!と、ご紹介をいただいた場合などは、まれにお友達になっていただくということがありますけどね。

友達の交友関係がわかる、というのは画期的なシステムだと思うのですが、行きすぎると嫌な思いもしてしまうのではないか?と思ってしまうfacebookなのです。

…自分が好きだ、大切だ、と思える範囲を超えてしまうと、それは、自分でコントロールできない人間関係へと発展していきます。…ええ、私の場合は。

有名人や公人は、最初からその範囲を制限できませんし、その範囲に合わせて自分の器もどんどんデカくしていかねばならない人たちですが、私のような凡人は、もっと自分磨きに時間を使わねばならんはずだと思っております。

●それで思い出した。友達への嫉妬のこと。

きっと、女子なら経験があると思うのですが、
いちばん仲良しだ!と思っている友達が、自分以外の友達と仲良くしているのを見て、嫉妬したり、哀しくなったりしたことってないでしょうか?

小学校に上がる頃から、こういうのってありません?

カツオくんが中島くんと親友であることは、これからもずーっと変わらないということを、やたらと羨ましく思ったこともあります。

…何をかくそう、私も実際、20代前半くらいまでは、これに悩まされてました。

すごく面白くて大好きな親友には、たくさんたくさんステキな友達がいるけど、私は彼女ほどには友達がいない気がする。それは、私の友達としての魅力がないということじゃないだろうか?…彼女はほんとに私のこと親友だと思ってるんだろうか?…と。

でも、ある人が教えてくださったんですね。

「あなたが大切な友達だと思っていれば、相手が何番目に自分のことを大切だと思っていても、いいんじゃないの?」ということを。

「たとえ相手が、3番目にあなたを好きだと言ったからって、今の関係はかわらないでしょ?」と。

そこからは、とっても気持ちが楽になりました。
自分らしくつきあうことが、いちばんいいことなんだ、と。

前、本のことを書きましたけど、本をたくさん「読む」ことはいいことだけれど、ひとつひとつをちゃんと「味わえている」かどうかの方が大切だと思うのです。…それを理解する準備が、自分にできているかどうか。

お友達も同じこと。「知っている」というのと「大切に思っている」というのは、全然意味が違うと思うのです。そして、相手からも「大切だ」と思ってもらえるような自分であるのかどうか。…もちろん、人数ではないのだと思います。


改めて、

今までの、そしてこれからの、
大切な友人たちとそのご縁に、心からありがとう。

もし、あなたが、
私のことを大切だと思っていてくださるとしたら、
あなたのおかげで、私は成長させてもらい、
今の姿になったのです。

ほんとうに、ほんとうに、ありがとう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク