・10月30日 (月) 通常例会  IDM発表会

11月

・11月6日 (月) 月初例会  会員卓話

・11月13日 (月) 職場訪問例会

・11月20日 (月) 夜間例会 場所 こころび 吉成店 18:30-

11月27日は28日に変更 東部5クラブ合同例会(夜間)

 (ホテルモナーク鳥取にて)

12月

・12月4日 (月) 月初例会 年次総会

・12月11日 (月) 通常例会

12月18日は23日に変更 クリスマス家族例会

・12月25日 (月) 休会

 

・会長     道田 章仁

・副会長・クラブ奉仕委員長  中尾 修治郎

・幹事     山根秀之

・会計     森原 強

・SAA     山根 勝

・職業奉仕委員長  熊田 一隆

・社会奉仕委員長  西垣 佳則

・国際奉仕委員長  駒井 重忠

・ロータリー財団委員長 真嶋 茂

・ロータリー情報委員長 坂本 治 

・副幹事   安陪 幸伸

・副SAA   吉田 修 ・ 中川 琢三

 

クラブ奉仕グループ

会員増強リーダー 安陪 幸伸

出席親睦リーダー 荒田 潤之介

プログラムリーダー 西垣 藤雄

委員 松下 光昭 ・ 横山 秀樹 ・ 林 朱美・佐々木 知啓 ・ 籠原 弘文 ・ 射場 繁

 

職業奉仕グループ

職業奉仕・職業分類リーダー 森下 和人

委員  小椋 智好

 

社会奉仕グループ

社会奉仕・環境保全リーダー 植田 史郎

青少年奉仕リーダー 宇野 次典

委員 浜田 重喜

 

国際奉仕グループ

国際奉仕・米山奨学リーダー 亀井 長

委員 森本 雅義 ・ 川居 亘

 

ロータリー財団グループ

ロータリー財団リーダー 岸野 優

委員 若松 道明 ・ 玉川 海潤

 

ロータリー情報グループ

会員選考・情報・雑誌広報・会報リーダー 藤田 泰央

委員 平田奏一朗・植木 聡・谷岡 浩・上原 武

 

2017-2018  鳥取中央ロータリークラブテーマ

  30周年に向けてTAKE OFF

 

【運営方針】

 クラブ創立29年目を迎え、クラブテーマを「30周年に向けてTAKE  OFF」と定めました。「ロータリーは例会から」をモットーに、例会を楽しみながら親睦と友情を深め、全員参加による身の丈に合った奉仕活動を実践し、会員増強、会員の輪の拡大により30周年に繋げたいと思います。また、2690地区第一グループ田中清ガバナー補佐を全会員が一致団結して支えていかなければならないと思います。

7月6日に鳥取大学と当クラブの主催により、留学生を対象にした浴衣着付け教室を実施致しました。

当クラブの会員夫人に着付け方の説明を受けたあと、会員の手助けを借りながら自分自身での着付けに挑戦。

着付け後は七夕と盆踊りを体験して頂きました。

本事業は今年で17年目です。










・会長 坂本 治

・副会長 道田 章仁

・幹事 藤田 泰央

・副幹事 山根 秀之

・会計 森下 和人

SAA 安陪 幸伸

・副SAA 山根 勝

・副SAA 吉田 修


・クラブ奉仕グループ委員長 道田 章仁

 会員増強リーダー中尾 修治郎

 出席親睦リーダー西垣 藤雄

 プログラムリーダー宇野 次典


・職業奉仕グループ委員長 横山 秀樹

 職業奉仕・職業分類リーダー駒井 重忠


・社会奉仕グループ委員長 山本 哲己

 社会奉仕・環境保全リーダー荒田 潤之介

 青少年奉仕リーダー真島 茂


・国際奉仕グループ委員長 森原 強

 国際奉仕・米山奨学リーダー影井 喜代次


・ロータリー財団グループ委員長 熊田 一隆

 ロータリー財団リーダー浜田 重喜


・ロータリー情報グループ委員長 岸野 優

 会員選考・R情報・雑誌広報・会報リーダー 植田 史郎


 

   

 

 

 

 

 

kaichuo


2016-2017年度 鳥取中央ロータリークラブ クラブテーマ 「さあ、親睦と増強の輪を拡げよう」



本年度運営方針


本年度は、クラブ創立28周年を迎えます。クラブ会長の役割として、来る30周年へ向けて着実に活動を実施し、次年度会長へバトンを引き継ぐことにあると思います。

そこで、本年は、昨年当クラブのモットーである「あなたの優しさを行動に」を受けて「さあ、親睦と増強の輪を広げよう」と定めました。

・30周年時50名「チャレンジ50」を達成するためには本年度45名体制の実現を目指し増強活動を実施する。


・親睦和を広げるため夜間例会の充実を図ると同時に、年3回以上出席率100%例会を達成する。


・各委員会の事業は内容を精査して原則実施する。実施後の成果と反省点の洗い出しを行い次年度に備える。




・国際ロータリー、2690地区との連携し各種目標の達成に努力します。