政府高官は25日夜、米軍普天間飛行場移設問題に関し、名護市辺野古周辺に建設する代替滑走路の工法について「もう固まっている。どのタイミングで決定するかは情勢を見ながらだ」と述べ、米側と大筋で合意していることを明らかにした。
 政府は、環境に配慮したいとする鳩山由紀夫首相の意向で「くい打ち桟橋方式」による建設を求めていたが、米側がテロ攻撃へのぜい弱性などを理由に拒否した。このため、現行計画と同様、埋め立て方式とする方向だ。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

24歳夫婦、生後数か月の長女を暴行・重傷(読売新聞)
雑記帳 黒部ダムの流木使った文房具販売 関電の関連会社(毎日新聞)
<訃報>津浦嵩さん75歳=元住友商事副社長(毎日新聞)
日米合意文書、月内作成へ=桟橋工法、実現困難に―普天間移設(時事通信)
小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」(産経新聞)
AD