ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:

皆さん、こんにちは。

ベトナム・ハノイ駐在員の神田です。

 

質問)

ベトナムでのビザ・労働許可証(Work Permit)・一時在留許可証(Temporary Residence Card)の取得内容と取得時の注意点を教えて下さい。

 

回答)

ベトナムでの「ビザ・労働許可証(Work Permit)・一時在留許可証(Temporary Residence Card)の取得内容と取得時の注意点」について複数回にわたり回答していきます。第1回は「一時在留許可証の取得内容」と「一時在留許可証の未取得時に関する注意点」についてです。

 

外国人は取得すべきビザの種類に応じて、「一時在留許可書(Temporary Residence Card、以下「TRC」という)」を申請することができます。まず初めに、一時在留許可証(TRC)を取得するためには「特定のビザ」が存在します。※一時在留許可証(TRC)を取得するための原則として、「就労、商用、投資、親族訪問、教育、報道関係のビザを所有しているかどうか」が非常に大切になります。上記に関連するビザを所有している外国人(日本人)のみ、労働許可証(Work Permit「以下、WP」という)取得後、一時在留許可証(TRC)を取得することができます。

 

※一時在留許可証(TRC)の補足としては、以下のビザのうちの一つを保有していることが一時在留許可証(TRC)取得の前提条件となります。「LV1、LV2、ĐT、NN1、NN2、DH、PV1、LĐ、TT」に該当するビザを所有する外国人(日本人)のみ、労働許可証(WP)取得後に一時在留許可証(TRC)を取得することが可能となります。

 

一時在留許可証(TRC)の有効期間につきましては最長5年間となっておりますが、例外を除いて労働許可書(Work Permit、以下「WP」という)の取得対象者は「労働許可書(WP)の期限内」での取得となります。つまり、労働許可証(WP)の期限が2年間であれば、一時在留許可証(TRC)の期限の2年間ということになります。又、一時在留許可証(TRC)の有効期間中につきましては、ビザの取得が免除されるのも大きなTRCの大きな特徴の一つです。

 

ベトナムのビザは20種類あり、「査証コード」と呼ばれています。査証コードにつきましては下記の例文のように全て「2~3文字の英数字」で表記されています。

 

Ex. 「LD(査証コード)」 → 「就労用ビザ」

 

以下、一時在留許可証(TRC)の有効期限の詳細となります。

 

<一時在留許可証の有効期限>

 

「※最長5年」 ※一時在留許可証(TRC)の期限を指す。

査証コード   入国目的

・DH    研修・学習する者

・DT    外国人投資家、外国人弁護士

・NG3   外国の代表機関、領事機関、国連に属する機関等のメンバー、および その家族、使用人

・LV1   党中央に属する機関、国会、政府、祖国戦線、最高人民裁判所、最高人民検察院、国家監査院、中央省庁、中央直轄市・省の人民委員会 等で就労する者

・LV2   政治・社会組織、ベトナム商工会議所で就労する者

 

「※最長3年」 ※一時在留許可証(TRC)の期限を指す。

査証コード  入国目的

・TT    LV1、LV2、ĐT、 NN1、 NN2、 DH、PV1、LĐ。ビザが発給される外国人の配偶者、18 歳未満の子弟;ベトナム国民の父母、配偶者、子弟である者

・NN1   国際組織のプロジェクト、外国の非政府組織の駐在員事務所の所長

・NN2   外国企業の駐在員事務所、支店の代表者、外国の経済組織、文化組織、その他の専門組織の代表者

 

「※最長2年」 ※一時在留許可証(TRC)の期限を指す。

査証コード   入国目的

・LD    就労する者(就労用VISA)。 注:労働許可書を取得した後、長期間にわたりベトナムにおける企業、駐在員事務所で就労する者

・PV1    常駐するジャーナリスト

 

「※期限の記載なし」 ※一時在留許可証(TRC)の期限を指す。

査証コード   入国目的

NG1    共産党書記長、国家主席、国会議長、首相の招待する人

NG4    外国の代表機関、領事機関、国連に属する機関等で就労する者。これらの機関を訪問する者

DN     ベトナムにおける企業で就労する外国人(出張用VISA)(注:就労期間は 1 ヶ月から 3 ヶ月までの短期)

NN3    非政府組織、駐在員事務所、外国企業の支店、外国の経済組織、文化組織、その他の専門組織の駐在員事務所で就労する者(注:就労期間は 1 ヶ月から 3 ヶ月までの短期)

HN   会議、シンポジウムに参加する者

PV2   短期間の活動を行うジャーナリスト

DL   観光客

VR   親族訪問、その他の目的の者

SQ   同法第 17 条 3 項に該当する者

 

又、一時在留許可証(TRC)未取得時の処罰としては、出入国時に必要なビザを取得していない場合、300万~500万VNDの罰金、日本円に換算すると約2万5千円(2017年3月10日現在の換算レート「1円 = 202VND」)の罰金が科せられます。なお、一時在留許可(TRC)がない状態で(ビザを取得せずに)ベトナムに住んでいる外国人に対しては、3,000万~4,000万VNDの罰金、日本円に換算すると24万円ほどの罰金が科されるので注意が必要となります。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。