京都刑務所(京都市山科区)で今月17日、摂食障害と診断された30代の男性受刑者が死亡し、刑務所の治療に問題があった可能性があるとして、京都地検が業務上過失致死での立件を視野に捜査していることが24日、分かった。
 刑務所によると、受刑者は昨年6月に入所、今年2月に摂食障害の診断を受けて病棟に収容された。医師が栄養剤を投与するなど治療していたが、今月17日、意識不明の状態で発見され、外部の病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 地検によると、男性は体重が30キロ台になるまで衰弱しており、刑務所が外部の病院に診せるなど適切な治療を怠った可能性があるとみて捜査している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
逆走82歳男性、高速道で事故死=トラック2台と衝突
女性受刑者4人を傷害で書類送検=同室者に集団暴行
カテーテルに空気混入=入院患者が死亡
公立病院医師ら書類送検=薬誤投与の疑い

避難誘導マニュアル 市区町村67%未作成(産経新聞)
鳩山首相「デフレ克服に全力」(時事通信)
都監察医務院、遺体を取り違え解剖(産経新聞)
がん検診 受診率向上訴える 都内でフォーラム(毎日新聞)
施設所有会社役員を起訴へ=大成建設社員も-渋谷の温泉爆発・東京地検(時事通信)
AD