政府の雇用戦略対話ワーキンググループは、6月をめどにまとめる新成長戦略のうち雇用・人材分野について、2020年までの目標案を19日決めた。目標案は08年に47.4%にとどまる有給休暇取得率を、20年に70%に引き上げることなどを明記。余暇増大による消費刺激効果を期待している。
 政府は今月下旬、鳩山由紀夫首相らをメンバーとする雇用戦略対話の会合を開き、目標案の論議に入り、5月下旬に正式決定する。新成長戦略では、雇用・人材戦略を柱の一つに据えた。 

愛子さま「毎日ご通学」(産経新聞)
支援法違憲訴訟 大阪も和解(産経新聞)
<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)
雑記帳 「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)
小沢流「引き締めの儀式」 両親偲ぶ会に2500人(産経新聞)
AD