証券取引等監視委員会は12日、IT関連会社「モジュレ」(東京都千代田区)に金融商品取引法違反(有価証券報告書等の虚偽記載)の疑いで課徴金900万円を科すよう金融庁に勧告した。

 監視委によると、同社は08年5月期決算で、貸し倒れ引当金を過少計上し、経常損益を5500万円、当期純損益を6000万円水増しした有価証券報告書を関東財務局に提出するなどした疑い。

 コンピューターサーバー購入代金の中に、本来は貸付金として処理すべきものを含めて水増しし、貸し倒れ引当金を少なく計上したという。

【関連ニュース】
トランスデジタル:投資会社元役員を逮捕 架空増資事件
トランスデジタル:社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑
トランスデジタル:元役員逮捕 架空増資容疑
ニイウスコー粉飾:日本IBMを強制調査 証券監視委
売上高水増し:容疑のニイウスコー元会長ら2人再逮捕

時効見直し 刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止(毎日新聞)
松田参院議員、自民会派を退会(時事通信)
長妻厚労相 年金事務所を視察 注文を連発(毎日新聞)
女性遺体 切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近(毎日新聞)
<自己破産>北海道のタツル総業 故中川氏親子の後援会幹部(毎日新聞)
AD