総務省は15日までに、市町村合併に伴う現役議員の減少などで財政悪化が進む地方議員年金制度の改革法案について、18日召集の通常国会への提出を見送ることを決めた。制度の存廃について与党や地方議員側となお調整する必要があるためで、同省の小川淳也政務官は「(法案提出時期が)遅ければ来年の通常国会になる」と述べた。 

【関連ニュース】
制度廃止案など併記=公費負担増は不可避
財政支援盛り込まず=市町村合併新法で
どうなる地方議員年金=徳島・小松島市議員が掛け金拒否
党再生へ提言=自民大分県連
選挙戦、アイデア茶に商機!=特需にらみ「だるま」に「当煎」

天皇、皇后両陛下 恒例の「講書始の儀」行われる(毎日新聞)
日本の未来、8割「暗い」=自分については6割楽観-新成人調査(時事通信)
<日米外相会談>ヤシの木を背景に共同会見 ハワイ(毎日新聞)
寺からお布施など600万円盗まれる 静岡(産経新聞)
琵琶湖で釣り上げ、ブラックバス世界最大認定(読売新聞)
AD