■目の使い方、休ませ方が大切です。







目の使い方によって、視力と言うのは変わってきます。







とはいっても、



学校では授業を受けて、ノートや教科書と見つめ合う時間は長いし、



仕事ではパソコンをしなくてはいけないし・・・。







そう思うかもしれませんが「視線」というのは変えられます。





長時間同じ物を見続けるのではなく、視線を動かせば良いのです。





そして、その視線を動かした先にピントを合わせてみて下さい。



授業中なら先生を見てノートを見る、友達を見つめてみるのもよいでしょう。



パソコンを見ていたら、時計を見たり、手元を見てみたりすること。







また集中してしまうと忘れてしまう「まばたき」をきちんとすること。



意識的にしてあげれば、ドライアイも防げるし、疲労を防ぐことにもなります。









後は30分に一度くらい遠くを見たり、疲れていると感じる時には目を冷やす。





集中していると血行も悪くなるので、首を回したり、



目の周りのくぼみの4点(目の上下、目頭、目じり)を軽く押してマッサージをしてあげてください。





目が疲れる人は、肩こりや首こりもあるので、



全体的に血行を良くしてあげることが視力低下を防ぎます。







視力回復は自力でできることを知っていますか?



この方法を知って視力を回復して下さい。







詳しくはここをクリックして下さい。






AD