目の疲れとストレスを理解する

テーマ:
■目の疲れとストレスを理解する



















視力低下の原因になるのが「ストレス」です。














急激に視力が悪くなった・・・と言う人は














ストレスが原因の可能性もあります。














わかりやすいのが「受験勉強」。














実は勉強をしているからではなく









「ストレスが原因」ということが言えるのです。














目の疲れや視力低下はストレス信号のひとつととらえるようにしてください。



















また、目の疲れには実は2種類あります。














寝たり、目を休めれば回復していく疲れは「目疲労」














何をしても治らない場合は「眼精疲労」と言います。














人間というのは、生まれもっての自然治癒力を持っていますが、









それによって目を回復していくことができます。














昼間は目を動かさないことが多く、ドライアイや眼精疲労に









なりますが、夜は睡眠でこれを解消していきます。














しかし、回復以上に疲れが溜まっていることを眼精疲労と言い、









中には病気が原因で起こっていることもあります。



















また、目も血液や血行は重要です。














運動不足や姿勢が悪かったり、食べ過ぎや便秘などでも









血液に関わってくる結果、目に悪影響を及ぼします。
























視力が低下するのは原因があるのですが…。



















詳しくはここをクリックしてください。



















AD