■視力を治せる人と、治せない人の違い







秋が深まり、夜が長くなり、



暗いところは見にくくないですか?





勉強、読書などで、視力が落ちでいますよ。





今なら、回復のチャンスがあります。





裸眼が一番です。





これから、視力回復に付いて行きますので、訪問よろしくお願いします。







視力回復と言う言葉をよく聞きます。





最近では視力回復センターやレーシックなどが話題になって



いますが、それでも



「対応ができない人」



「手術を受けられない人」





と治せない人がいます。







例えば、目に病気や疾患がある人、糖尿病の人などは



レーシックを受けられません。





視力を治したいと思っても、遺伝性の人や極度の近視、



老眼などでも治せないと言われることがあるのです。





ただ、先天性の近視は5%ほどしかいないというのも現状です。





視力低下の原因は色々ありますが、現代社会には特に多く、



ゲームばかりをしていたり、遠くを見ずに近いところばかり見る、



ストレスや食生活などが原因になっています。





目が凝れば、肩も凝る。





体にも不調があらわれてきます。





しかし、視力が落ちてきた…と感じている人は、視力を治せる人、



つまり近視の症状がでたら、早めの回復を始めることで、早めの



改善をしていくことができるのです。





病気ではなく、視力が落ちていったと言う人と、



そうではない人というのが、視力を治せる人と





治せない人の違いなのです。







視力低下の原因を知り、改善していきませんか?







改善のレポートをプレゼント







AD