「とにかくこの目で確かめたい!」と、遠路遥々、周南市緑地公園へと出向き、実際に野犬たちと接した行動的な女性のレポートです。

貴重な現地報告を紹介させていただきます。



『会話の中で「殺すのは可哀想だけど自治体で決まった事だからしょうがない」と。
ボランティアさんの「法律と一般市民の声どっちが大事か?」って質問に「一般市民じゃないかな」
唖然としました。
このおじいちゃんが変なわけではなく反対する意見を言えばこの場所では村八分になる恐れがあるからです。』


……………………………………………


https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1747200838929926&id=100009200818944

2000の野犬たちを救え!プロジェクトさん

1月19日



Ayako  Katoさんのレポートです。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1747237318926278&id=100009200818944


……………………………………………


Ayako  Katoさん

1月16日



「周南市緑地公園野良犬問題」①

虐待があるのか。野犬はどういう状況なのか。
会いに行ってびっくりしました。
私が想像していた状態と全く違ったからです。
もっと攻撃性があるのかと思ってました。
全く違いました………
餌をくれるボランティアさんが来ると近づいて来てくれました。
この子達はどの子も本当に本当に愛くるしくてなぜこの子達がこの様な状態でずっとほっとかされているのか………
餌をあげながら疑問でした。
餌をあげてる最中に住民らしき人が来ると逃げます。
襲うどころか逃げるんです!!
犬達が人間に怯える理由は犬達の気持ちになって考えたら解ると思います。
悪い事しか想像つきません。
餌をあげてる最中にある年配のおじいちゃんと話すきっかけがあり話しました。
そのおじいちゃんは野犬が居るのは反対だと。
理由は不衛生、邪魔だと。
ならなぜこの状態になるまで、なってからも何も対策を練らなかったのか!?
なぜこの周南市のこの地区では犬達を殺す事しか考えられないのか?
*[法律では愛護動物を殺したり傷つけたりすれば2年以下の懲役または200万円以下の罰金を科せられます]
会話の中で「殺すのは可哀想だけど自治体で決まった事だからしょうがない」と。
ボランティアさんの「法律と一般市民の声どっちが大事か?」って質問に「一般市民じゃないかな」
唖然としました。
このおじいちゃんが変なわけではなく反対する意見を言えばこの場所では村八分になる恐れがあるからです。
もちろん中には内緒で犬達を心配して協力してくれてる人も居ました。
おじいちゃんは話の中で戦争中の貧しい経験をした話をしました。
飢えの苦しさを話してくれました。
自分が戦争を経験し飢えの辛さを語っていました。なのに犬達には餌を与えるなと……
餌を与えなかったら飢えますよ。飢えて死ねって事?って問いにそれは犬の運命だと……
悲しくなりました。
涙が止まらなくなりました。
戦争という辛く悲しい経験を体験した人の答えがこれです。自分で体験した事なのに犬にはしょうがないと…
今、この日本に犬に餌を与えられない程この国は貧しいですか?
犬達が食べれて安心して眠れる場所すら出来ない状態ですか?
邪気にする前に野犬に対して殺す以外に策を考えもしない…そんな状況の中で数え切れない嫌がらせを受けながら何とか野犬達が生きていけるように身を削って頑張ってくれてるボランティアのKさんやTさん達が居ます。

どうかこのボランティアさん達の命懸けの努力を知って下さい!!!
そして命懸けで生きてる犬達が居る事を知って下さい!!!

あとネットの中だけでボランティアさんに誹謗中傷してる人が居ますが何がしたいんですか?
Kさんは現場を見て欲しい!そしたら分かる。いつでも会いに来て下さいって言ってましたよ。
会いに行って話せば良いじゃないですか?
ずっと着いていて感じましたが時間がもったいないのでやめてあげて下さいね。



























AD

リブログ(4)

コメント(2)