どう見える?

テーマ:
tks-mono-090427_1703~010001.jpg

本日は、とある案件を追っかけに広島出張。

スケジュールはカツカツだったけど客先が原爆ドームの目の前という幸運。

打合せ後のバス出発時刻まで短い間になんとかパシャリと一枚。ツツジがキレイで、惨劇の残響は殆ど感じない。

肝心の打ち合わせの方は、提案は理解して頂いたが、あまり色よい返事を頂けなかった。地方の経済が冷え込んでいることを現地のお客様から打ち合わせの度に聞く。

そんな中でもとあるシステムを増強する話があった。
しかし、増強の理由は常駐している社員が大手販売先から強制的に帰還させられるために、社内にいる人間が増えてしまった事に起因するという後ろ向きな理由。


不況という夢見がちな被害が山の様にでて、世界をふんわりと包み込んだ。まるでこの写真の様に見る側の人間の危機感を試しているかのような。

追伸
スケジュールがカツカツ過ぎてカキフライすら食べられませんでした(;_;)
AD

マーケティングマジック

テーマ:
あるのは知ってましたが

作る側になるとホント勉強不足です。


「お得」に見せるってかなり大変。


最近は悔しいの一点張り。


まずは、所詮パイのやり方を盗む

帰宅後にハンドブックを見る日々。
BOSSがすごいのか、自分がしょぼいのか。

んー、後者と思いたい。


数字のマジックは奥が深い。

フロント営業は、見えないバックアップを
たくさんもらっている事にやっと気がつく。

ま、商社なので為替という水物を
うまく使うのは言うまでもないのですが。
AD

概念ラッピング

テーマ:
連続性
自我
可能性という欲求

虚構という概念を構成する要素

知り合いにに高校に入るまで、自分以外が全てプログラムされた世界だと本気で信じていた人がいる。


彼女の考えが変わったキッカケは知らない


現実である必要性はなくて、
ただ逃げられる余地がない状況が

「どっちでもいいや」

を生み出した。

コントロールできないものに期待しない。有効なポジションに向かうのみ。


シンプルな考え方は時として、気が遠くなるほど悩んだ時間を一瞬で吹き飛ばす。

力強い。

半袖だとまだ少し寒い、
だけどワクワクするような暖かさの前触れ。

そんな夜は、
大分前の事を思い出す。

本日は少しエモいです

燃えろ!プロモーション担当

テーマ:
恋愛と同じで

好きと言う気持ち



パフォーマンス

は比例しないもんだね。


いかんいかん。


展示会向け製品説明用パネルの原稿が、本日締め切り。

広報のお姉様方に締切を延ばしてもらったり。


メッセージ、
コンセプト、
差別化要素、
ターゲット、
ソリューション、
ライフサイクル、
チャネルパートナー、

等々…アタマがグルグル。

システムではどうにもならない問題であり、純粋な自分との勝負。


有り難いことに環境は変わらず、
新しいミッションで
毎日新しい成長を感じ、
仕事人モードが再起動。


お休みが、来て欲しくない。


うん、workaholicッス。

4月所感

テーマ:
仕事は独りでは決してまわらない

だけども、

独りでも新規顧客やソリューションを開拓するという気概無いのは如何なものか。

自分の担当パートナーで数字を自分で作れない、

納期が守れない

といって、自分以外のせいにするのはいかがなものか。



担当パートナーをあっさり変える。

目の前の利益優先し、長い付き合いを考慮しない。

むしろこれを「ドラスティックだ」と賞賛する。



パートナーと一緒に動き、
パートナーとケンカし、
叱られ、最後は握手する
そしてお互いの成長を則す


そのプロセスで、なんだかんだ言って悪者になるのはアカウント営業。

だけど、最後まで行けたなら誰よりも賞賛も受けるべきだ。


パートナー担当とは、そう言うアツく崇高なものではないのか。

指導する方も

支援する方も

考えなおす必要がある。


自分は偉いわけではないけども、少なくとも業界の優秀なお客様に
そう言う事柄を学ばせて頂いたと思っているし感謝している。

今の状態を長い目で考えるべきだ。