i

テーマ:

一文字づつ少なくなっていくシリーズ(勝手にやってましたが。)

も最終回です。


最終回は「i」というこで「胃」であり「自身」です。


自分には行きつけの店があるパー

「ウサギ茶屋」という名前で、茶屋にふさわしく60過ぎのお母さんがやっている歩いて3分のお店。


ここのお母さんが「チヨちゃん」というのだけど、

息子さんと年が近いこともあってとても可愛がってくれる。

自分が横浜に住み始めた同じタイミングで開店したお店だから愛着もあって

いつもお世話になってます走る人


<ここの良いところ>

①出してくれるつまみやご飯が基本的に裏メニュードキドキ


基本メニューはあるのだけど、

もはや常連さんはメニューを見ない(笑)


tksは美味しい夕ご飯が食べたくなると、

電話をいれて茶屋に行き白米と魚を焼いてくれる店に走る走る♪

今日は久しぶりに仕事が早く終わったので行ってきました。


今日は勿論メニューに無い夕ご飯セットを頂きました。

お刺身・焼き魚・煮物・たくあん・和え物・味噌汁・・・小食のtksは間違い無くまんぷくですおにぎり


②地域の先輩と仲良くなれる将棋


と言っても、みんな40-60くらいの「おっちゃん」や「おばちゃん」。

tksが最年少です。w


この店の価値は大きくここにあると思う。

先輩方の価値観を議論できる場があるのね。

今日も色々話をしてきて考えることが多かったです。


実は久しぶりだったんだけど知っている面子で盛り上がる。

 ・寅さんの「モノマネ」が上手なMさん

 ・先祖が徳川御三家の水戸家の大地主Sさん

 ・歌がひたすら上手な「お姉(?)さま」Mさん


特に戦後の日本に欠けたものは何か?という

ありきたりな内容の中から色んな考えが浮かぶ。

tksが考えたのは、いつの間にか「自分が自分であることへのプライド」を

「自分で見つける」から「国や環境から与えられるもの」という

受動的な概念にすり替わっているのではないかと。


「考える故に我あり」ではなくなっているのじゃないかと。


コレには日本が経済に目をやりすぎて、

どのように精神性を磨くかという議論が若干少なかったのではないかと

いう考え方等などいろいろ面白い話に広がった。


ウサギに行く面白さはここにある。


何を話すにしても、懐が深く、視点が違う。


そういう大人と付き合って行きたいし、

オトナという読み方だけの中身の無い成長はしたくないと改めて思う。


充実した一時間でした。

AD

テーマ:

日曜日は友人の結婚パーティーでした。



社会人になってからの大事な大事な友達のね。


色々あったけどステキな一枚が取れたのでUP。


なんか二人の背中から未来が輝いて見えるよね星空


kai


今回は、なんと幹事のお手伝いを頼んでもらえたので

喜んでお手伝いです!ブーケ1


ここで思ったのは、ヤッパリこういう時って性格がでるよね。

念入りに仕事をチェックする人、フラフラするけどしっかり仕事する人、トークが弾んじゃう人。


和やかなムードで進んでいるので何が悪いっていうわけではなくて、

面白いなと思ったのは、こういう場所だと自然にその人のスタンスがにじみ出てしまうって事。


とはいえ、式は大成功!

当日は100人くらいの人が集まって二人の門出を祝いました。

小物作りでがんばった嫁さんのガッツと旦那の人望は半端じゃない。

末永くおしあわせにね祝日


これからも楽しい付き合いができそうです虹

AD

たかい

テーマ:

特別なことはできなくともいい。


目指すところはハイスタンダード。


気がつけば特別になっているから。



大学の時からずっと思ってる。

今の会社に入って確信に近づいている。


右も左も分からなかった自分が国を動かす。

そんな時代が来たもんだ。


上には上がいて、一年目からコレをやっている人もいて。

どうすれば理解できるかもう少し時間がかかりそうで。

どうしても意思を伝えるのが苦手で遠回り。


上っ面で取りつくろう悪い子は最後に高くつく。

そんな役回りはいらないよ。


人に伝えるってのは今なお難しい。

AD

あたたかい

テーマ:

不意打ちの雨に洗濯物。


のすたるじーな匂いがする箱へ。

そうです。無人ランドリー。


ららら、無人君晴れ

行ったことないので、どんな人がいるかも分からないので

意味も無くメガネで変装。れっつごー。


とうちゃーく。怪しげな箱にどばっと、悲しい洗濯物達を投入。

sentaku

↑一番左は「故障中」と張ってある恋の矢


お金投入と同時に


うぃーーーん

がたっがたっっがたかた…ごうーん


洗濯主の意思を無視した自動スタート。

しかも何気にSONY製。

心配すぎる。(笑)



で、20分…


結果は、



ちゃらーん、意外と良いじゃん☆

なんか太陽のにおいがする晴れ

SONYタイマーが全然動いていないところが古き良き日本製。


無人ランドリーなんて、

タッチとかめぞん一刻とか昔の漫画とかしかでしか

でてこないと思っていたけどスッカリファンですグッド!



今日は嬉しい発見でした。


月夜の美人

テーマ:

福島の祖父の家にお盆で墓参りハロウィン


こっちは自分よりも背が高い草木が大きくてトトロを思い出しちゃうね。


おじさんとおばあちゃんと、迎え火の焚き方を教えてもらって、

夕ご飯を食べて楽しい夜が夜の街


お腹も満腹で一息ついていると

「tksきてきて!」とおばあちゃんの声。


行ってみると、月下美人が咲いてました!!!

bijin


はじめてみる月下美人の開花した姿。

近くによると甘くて品のある香。

見返り美人を思い出しだしました。


あかるい所に持ってくるとこんな感じ。

mikaeri


誰がこんな粋な名前をつけたんだろうと思って調べたら、

昭和天皇が綺麗な花だと感動した際、隣の総督に「月下の美人です」と

言われたことから月下美人と決まったらしい…んなぁ、あほな。



でも、そんな夢のあっても良いよね星空

武士は刀を持たねば

テーマ:

さっきまで、明日からお休みの部長と師匠と飲んでました。


色々ここには書けない話があったけども。


武士は刀を持たねばならぬ。と教わったと師匠は言ってたのね。


結局師匠の前職の会社は、PCを自分で買わせる為に

足軽がイキナリ刀を持てるわけはなく、勲功を上げてから初めて殿から

もらえるものだという洗脳をするために例えていたそうな。


でも、そういう意味では僕は刀をイキナリ持たなければ生きられぬフィールドにいるのだと

再認識した今日この頃です。


自分の刃は鋭いだろうか?


どこまで届くのだろうか?


自分が刃であると考えることがおこがましい。


ステキな師匠に恵まれた事に感謝。

Hajime Yoshizawa

テーマ:

ひさしぶりの更新です


先日友達のT氏と共にClub asiaに行ってきましたー。


目的は、吉澤はじめさんのリリースパーティーってことで

生ライブとリミックスしている沖野さんとCALMを見ることだったのですが。。。


やられました。


恥ずかしながら!?吉澤さんにやられましたロケット


最高虹


ライブもRiaさんが参加してライブを盛り上げて

バンドの全員がグルーブを作りまくり。


ドラムの音にいちいちビクッって反応しちゃうくらい爆弾


これが盛り上がり具合。すばらしすぎ。

ria


で、翌日には速攻でリミックスアルバムを買いにHMVダッシュ!

吉澤はじめ, Peter Erskine
Echo from Another Side of the Universe

とても聞きやすく、暖かくてほのかな黄色い幸せなイメージがわきます星空

やっぱり人と人が重なることで温かい音楽ってできるんだなーって久しぶりに感じました。


リミックスもDJ KAWASAKI等が参加していて

楽に踊れる感じでMIXにもいれられそう。


で、で、それでえおわらずなんと吉澤さんのブログ読者に登録させていただいたりして

幸せすぎる今日この頃。ありがとうございまーす!

http://ameblo.jp/hajime-yoshizawa/


久しぶりにステキな方にめぐりあえた日でした。