若手税理士の『5分でわかる税金の話』

知らずに損しないためのお役立ち情報を配信中です。

こんにちは。ようこそお越しくださいました。


東京都新宿区四谷の税理士・村田顕吉朗のブログです。



税金はとても身近なものですが、意外に知らないことが多いものです。


そして、知らなかったせいで損をすることも珍しくありません。


私たちは、


知っていれば・・・と後悔される方を減らしたい


そんな思いから、情報発信の場としてこのブログを始めました。


皆様に少しでも気づきや発見をお届けできればと思います。




会社や事業の経営・経理・人事労務等でお困りの方


新しく事業を始めたい方


相続や不動産についてお悩みの方


まずは一度ご相談ください。一緒に解決していきましょう。



連絡先はこちらです


電話 03-6457-7545 (平日9:00~17:00)


FAX  03-5360-8331


メール murata@taxmurata.com


ホームページはこちらです→ http://taxmurata.com


フェイスブックを見る→ http://www.facebook.com/taxmurata


ツイッターを見る→ http://www.twitter.com/taxmurata





【ブログランキング参加中です】


よろしければ応援の1クリックをお願いいたします!!
     ↓               ↓

     にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


※当ブログの内容は、税制の概要などの情報発信を目的としています。簡便性や分かりやすさを重視し、細かな適用要件などを省いている場合もあります。実際に申告等される際には、税理士または納税地の税務署にお問い合わせください。※


テーマ:

こんにちは!税理士の高山弥生です。

 
今日は比較的過ごしやすいです。
曇りで風があります。
 
 
立て続けに相続のお話が。
株がお好きな方だったようで…
 
上場株は評価は簡単。
証券会社が丁寧に評価額くれます。
 
ただし、これにのってこない
財産があるかもなんです。
 
 
相続開始前に
配当の権利確定日(決算日)が
来ていた場合、
お金が入金になっていなくても
受け取る権利を持っているので、
 
 
 
基準日の翌日から株主総会までは
配当期待権、
 
 
株主総会決議後から入金までは
未収配当
 
 
と名前が変わります。
 
評価額は配当の額から源泉を
引いた金額です。
 
 
 
結構忘れやすい論点です!
気をつけましょう。
 
 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!税理士の高山弥生です。

 

チビが熱を出してしまいました。

昨日保育園から帰宅して

元気にごはんを食べ、お風呂に入って

寝たのですが・・・

 

こどもの病状はすぐに変化する、って

ほんとなんですね。

 

今は病院から帰って、おひるごはんを

食べてお昼寝。

ちょっと食欲ないですね。

 

 

今日は誕生日祝い金です。

 

結婚祝い金はよく聞くと思います。

 

今回は誕生日です。

 

 

 

結婚祝い金は課税されていないのは

ご存じですよね。

 

これは、本来ならば給与であると

考えられますが、

所得税基本通達28-5、社会通念上相当と

認められるものには課税されないと

なっています。

 

所得税基本通達28-5 

使用者から役員又は使用人に対し

雇用契約等に基づいて支給される結婚、

出産等の祝金品は、給与等とする。

ただし、その金額が支給を受ける者の

地位等に照らし、社会通念上相当と

認められるものについては、

課税しなくて差し支えない。

 

 

会社からお金をもらうのは給与です。

 

 

でも、結婚祝い金は使用者と使用人との

間に限らず広く一般的な社会的慣習。

 

儀礼的な要素が強いものです。

 

これを会社からもらうお金は給与だとして

課税するのはいかがなものかとし、

 

通達で課税しないとしています。

 

 

で。

 

結婚祝い金は一般的に聞きますが

誕生日祝い金は?

 

・・・聞かないと思うんですよ。

 

 

親戚の方から結婚祝い金をもらうことは

ありますが、誕生日祝い金はないと

思うんですよね。

 

そんなところから、結婚祝い金は課税しない、

誕生日祝い金は給与として課税する、

 

とされています。というか、

こんな裁決事例があるんですね。

 

じゃあ、物品であげたら、とお考えの方。

 

それは現物給与になる可能性があります。

 

 

 

応援のクリックお願いします!

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!税理士の高山弥生です。



平成29年分確定申告から医療費控除は

 

領収書の提出ではなく
医療費の明細書

医療保険者等の医療費通知書

添付することになりました。

医療保険者、つまり健康保険組合のことですね。

 

どこの医療機関で診察を受けて

いくら支払ったか記載された

医療費通知書が届くと思うのですが

 

これを出せ、となりました。

 

この医療費通知書を出した場合、領収書の

保管は必要ありません。

 


医療費の明細書の分は、

レシート保管が必要です。

税務署が申告期限から5年間、

提示を求めることがあります。
 

 

ということで、保険診療の分は

レシート捨てても良くなったわけですが

 

自費負担と保険診療、同じ領収書に

印字されてる病院もあると思います。

 

健康保険組合の医療費通知書には

自費治療分はのりません。

 

医療費通知書があればOKと

レシートを捨ててしまってはマズイことになります。

自費治療分まで捨てちゃもったいない。


てことは、

医療費のレシート全部取っておいて、

自費治療分を抜き出し、

医療費の明細書を作成する、、、

 

前よりめんどくさくなってませんか^_^;
 

 

31年分の確定申告までは、

今までの医療費の領収書の添付

または提示でもOKです。

 

医療費がかさんだときはありがたい制度ですが、

税理士的にはもう勘弁してほしい制度ですね(T_T)

 

 

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。