若手税理士の『5分でわかる税金の話』

知らずに損しないためのお役立ち情報を配信中です。

こんにちは。ようこそお越しくださいました。


東京都新宿区四谷の税理士・村田顕吉朗のブログです。



税金はとても身近なものですが、意外に知らないことが多いものです。


そして、知らなかったせいで損をすることも珍しくありません。


私たちは、


知っていれば・・・と後悔される方を減らしたい


そんな思いから、情報発信の場としてこのブログを始めました。


皆様に少しでも気づきや発見をお届けできればと思います。




会社や事業の経営・経理・人事労務等でお困りの方


新しく事業を始めたい方


相続や不動産についてお悩みの方


まずは一度ご相談ください。一緒に解決していきましょう。



連絡先はこちらです


電話 03-6457-7545 (平日9:00~17:00)


FAX  03-5360-8331


メール murata@taxmurata.com


ホームページはこちらです→ http://taxmurata.com


フェイスブックを見る→ http://www.facebook.com/taxmurata


ツイッターを見る→ http://www.twitter.com/taxmurata





【ブログランキング参加中です】


よろしければ応援の1クリックをお願いいたします!!
     ↓               ↓

     にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


※当ブログの内容は、税制の概要などの情報発信を目的としています。簡便性や分かりやすさを重視し、細かな適用要件などを省いている場合もあります。実際に申告等される際には、税理士または納税地の税務署にお問い合わせください。※


テーマ:
こんにちは!税理士の高山弥生です。


最近、あまり更新できなくて
ブログランキングの順位が
下がってきてしまっているのですが

なぜか読者数は増えていって
います。

読んでくださっている方が
いるんだなあ、
今後も読もうと読者登録
していただけるなんて
うれしいです。





消費税の負担がつらいねえ。
今年から課税事業者になったんだよ。



・・・焼石に水かもしれませんが
期首棚卸の分の消費税を
差し引いてないみたいなので
計算してみましょうか。

もう少し
税額下がります。






免税事業者が
課税事業者となる場合に、

免税のときからの
棚卸資産に係る消費税額は


課税事業者になった課税期間の
課税仕入れ等の税額とみなして
仕入税額控除の対象とできます。



この対象となる棚卸資産は


商品、製品、半製品、
仕掛品、原材料、貯蔵中の消耗品等

で、現に所有しているものをいいます。


8%は大きいですものね。
棚卸が結構あるならなおさらです。



これとは逆に
課税事業者が免税事業者となるときは、
課税事業者であった
課税期間の末日において
所有する棚卸資産のうち

その課税期間中に仕入れた
棚卸資産に係る消費税額は、

課税仕入れ等の税額には
含まれないこととされています。

お忘れなく!



免税と課税を行ったり来たり
してしまうと、消費税は面倒ですね



にほんブログ村



人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!税理士の高山弥生です。

先日、ベビーをだっこして
電車に乗って、座っていたところ、
となりに座ったおじいさんが
うちのベビーのほおをつまんで
「なんでこんなに柔らかいんだろうね~」
と酒臭い声で・・・

まだ夕方5時くらいだったのですが
もうお酒を召し上がっていたようです。

触りたくなるお気持ちは
わかるのですが、
酒臭いのはちょっと・・・(笑)

ベビーはそっぽを向いてしまいました。
こういうときって子供は正直なので
対応に困りますね




今日はニュースから。

法制審議会の民法部門が
民法改正について中間試案を
まとめたそうです。

遺産分割について、
配偶者の法定相続分を
現在の1/2から2/3に引き上げる
案が浮上しているそうです。

今後、法務省はパブリックコメントを
実施したうえで平成29年中に
改正法案の国会提出を目指すそうです。


パブリックコメントを実施する案との
ことなので、かなり確実路線であると
思われます。


面白いところでは、婚姻期間の長さに
よって、配偶者の相続分を増やす
見直しが盛り込まれているところ。


さらには、今までずっと問題視されていた
介護の問題にも踏み込んでいます。


現行法では、
だんなさんの両親を
看取ってもお嫁さんは
財産をもらえません

お嫁さんが養子になっているか
遺言があれば財産を
もらえますが、
飽くまで被相続人の意思の
もと、財産がもらえる。


改正案ではお嫁さんは
相続人に対して
金銭の要求ができるとしています。



とても興味深い内容です。
相続税にも影響がありそうなので
今後も関連ニュースが出たら
お知らせしたいと思います。





人気ブログランキングへ




にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!税理士の高山弥生です。

暑くなりましたね~
6月だというのに30度越えです。
熱中症に気を付けなくては。





なんで法人税って損金にならないの?



・・・戦前は損金になってたようですけどねえ。





損金というのは税法上
益金から差し引いていいもの。

税金を計算するときに
税金が減る方に作用するもの
ですね。



固定資産税なんかは
費用になりますし
もちろん損金になります。

延滞税は
費用になりますけど
損金にはなりません。


どちらも税金なんですけど

延滞税がダメなのは

悪いことをした
(期限までに納付しなかった)

それで払ったものを
損金にして
税金が減るのはおかしいから。


じゃあ、なんで法人税は
損金にならないのか?

悪いことをしたわけじゃないのに???


法人税が損金にならないのは
説として大きく二つあります。

①利益処分説

②所得波動説


①は、法人税は所得から
納めるもので、利益処分的な
性格を持つから損金にならない
とする説。


②は、法人税を損金と考えると

もうかって所得が発生、
多額の法人税が発生すると、

所得が減少する。
所得が減れば法人税が減少し、

法人税が減少すると損金が
減少して所得が多くなり
税額が大きくなり。。。


循環して利益が変動してしまいます。

所得の増減よりも税額に納税額が
振り回されるのは

国としては租税政策上好ましくない。

から。らしいです。


まあ、いろいろ理屈をこねまわしても
戦前昭和15年までは
損金算入だったそうで

戦争にお金がかかるので
課税ベースの拡大のために
損金不算入にしたのでしょう。


税金は政治に振り回される
運命のものですね。。。




人気ブログランキングへ




にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。