税理士登録 その2

テーマ:
今度は支部での面接。

夏の登録だったですが、えぇ、一応ネクタイ締めてジャケット着ていきましたよ。あつー。
結果、別にクールビズで行ってもよかったんじゃないの、てな雰囲気でしたが。


ネットで情報収集をしてみると、基本的に大したことは聞かれなさそう。なお、最近税理士灯篭をした友人に聞いてみたら「臨税」について聞かれた、と。

知らん。

臨時税理士・・・確定申告時期などに、市役所、農協、商工会などで臨時に無報酬で申告書作成を許可される制度、ほうほう。さすがに最近は離島などを除いては減ってきているよう。そりゃ、普段話題にもならないなぁ。とはいえ、こちらの仕事を取られてしまうわけなので、廃止の要望は今でも出されている模様。

まんまと聞かれた。「よくご存知ですねー」ってなリアクションでしたが。

ちなみに先方は支部長、副支部長、そして支部の税政連の方。基本的には書類の確認と内容の事実確認。お約束(なのか?)の、「何かスポーツしてる? 部活動もあるよ」的なお話で。

試験組だし、勤務先も税理士事務所なので、あまりいろいろと深く聞かれることはございませんでした。

これが終わると日税連に書類がまわって問題がなければ、そのまま税理士登録へ!

あとちょっと。
AD

税理士登録 その1

テーマ:
分厚い書類の作成と、登録免許税など払い込んだら、いざ税理士会に乗り込みますよ!
まあ、たいがい書類の不備はあるから、印鑑はお忘れなきよう♪(*^ ・^)ノ⌒☆

ワタクシは、事務所の所在地の書類が漏れておりました。補助税理士ならいらないのかと思ったんですもの。

しつこく言われたのは、後日の書類審査の際に問い合わせの電話があったら必ず出るように、と。後日折り返しても、審査日ではないと審査官がいないから対応できませんので、また一カ月後の審査日まで待たないといけません。

結局、ちょっとどきどきしながらその日程を待ちましたが、何事もなかったようで、支部から面接の連絡が参りました。

さあて、あとちょっと。

そういえば、東京税理士会へ提出に行った時に、退会の手続きをしに来ている方がいらっしゃいました。うーむ、潔い。
AD
試験には受かってましたが、すぐに独立という気もなかったので、税理士登録自体もまだ行っていない状態でございました。


いや、だって金かかるし。

書類いっぱいあって面倒だし。(とりあえず書類をもらってきてだけで萎えた)


とはいえ、さすがにそろそろ。

営業活動するにしても、やはり名刺に税理士と入っているのかどうかでだいぶ違うであろうと思ったわけです。


面倒な書類をたくさん書き、戸籍やら身分証明書やらを取りに実家のほうまで帰り、勤務先の先生に証明書をお願いし・・・

なにげにこのクソ暑い時期に、ジャケットネクタイでの証明写真撮影が一番めんどーでした。


そして!


そして何より!



登録免許税6万円!


登録手数料5万円!


まだまだ出費の序の口ですが、金が飛んでいくよー
AD