●儲けのサプリメント●節税と経営改善●甘党税理士の辛口コンサル●

社長、『儲かる会社』に変えましょう。
お金の流れを見える化しましょう。
ふんばる社長によく効く、【儲けのサプリメント】。提供は、笑顔の税理士はっとりです。

 数あるブログの中から、当ブログに訪問して頂き、本当にありがとうございます。


『預金残高シミュレーション』 『夢実現マネープラン』

まじめに踏ん張る社長に成功して欲しい。実績26年の経験をあなたの事業に生かしたい。

 株式会社ユメタス 東京都中央区銀座七丁目13番6号

  電話 03-6869-9471

 ホームページ http://yumetas.jp/   http://yumetas.com/

真剣に仕事に取り組む会社の参謀になりたい。熱い気持ちで業務に取り組んでいます。  

 服部税理士事務所は、あなたのお悩みやお困りに親身に対応し、解決します。


             c4c@hqexh


テーマ:
【小網神社】(東京都中央区)
   当神社はその御由緒から、「強運厄除の神さま」として崇められています。
 第二次世界大戦の際、戦地へ赴くことになった氏子の出征兵士に対し行った出征奉告祭に参列し、当神社の御守を受けた兵士が全員生還されました。また、昭和20年3月10日、東京下町地区に未曾有の災害をもたらした東京大空襲の際は、社殿を含む境内建物は奇跡的に戦災を免れています。旧社殿は大正12年9月1日の関東大震災において倒壊しましたが、当時の宮司は稲荷大神や弁財天等の御神体を抱え、近くの新大橋に避難しました。そこへ大挙して避難してきた人々に混乱がなく、また新大橋自体も落ちずに、大勢の人が助かったといわれています。当時の様子は新大橋の袂にある避難記念碑にも「小網神社の御神体を伏して拝み、加護を願った」と記されています。
 当神社の弁財天(市杵島比賣神)は、同じ境内にあった恵心僧都の開基と伝えられる万福寿寺に安置されていた弁財天です。明治初年、神仏分離令の施行後、当神社と寺院は分離しましたが、その後、計らずも寺院は廃絶したため、明治2年(西暦1869年)、当神社に遷座されました。同寺にちなみ、また像がお舟に乗られているため、万福舟乗弁財天と称しております。
  毎年10月28日は万福舟乗弁財天大祭が行われ、多くの参拝者で賑わいます。当日、社頭では、くじを授与し、お供え物などをお授けいたしております(10月28日が土曜日となった場合には27日、日曜日の際は29日に移動します)。
 また、境内の「銭洗いの井」で金銭などを清め、財布などに収めておくと財運を授かることから、現在は「東京銭洗い弁天」とも呼ばれ、崇敬を広げています。(ホームページより)

{98E7759B-1C63-4298-8283-D996A902A581}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。