不登校カウンセリング:2週間で解決した方法とは?

不登校・場面かんもくの悩みを早期に解決するカウンセリング
起立性調節障害でも心療内科に行っていても昼夜逆転・ゲーム依存でも解決の道が必ずあります!


テーマ:
● 【秋葉原満席】【スカイプ残2】場面かんもくを理解し対応法を学ぶ講座

こんにちは、山根貴子です。

おうちではおしゃべりなのに、園や学校などではしゃべれない場面緘黙(かんもく)

選択性緘黙とも言われています。

しゃべれないのをいいことに、時にいじめや嫌がらせにあったり、不登校の原因になることもあります。

私は、幼稚園から小学校卒業まで、場面かんもくでした。小学校では返事も発表もしていませんでした。

かんもく当時の心の動き、いまだにみずみずしく覚えていることがあります。

これが今、カウンセリングに役立っており、場面かんもくのご相談が増えています。

かんもくと視線恐怖、外出できないお悩みを抱えていた中学生の方から、こんなメールをいただきました。

緘黙が改善してから、変わりました。(学校に対しての考え方も)

まず緘黙は、「私は場面緘黙です」と断言しなくてもいいぐらいに改善しています。

今日も、新しく入った1年生が教室で隣に居ても、普通に先生と喋ったりできました。

先生から、号令を頼まれて、一瞬戸惑ったけど「ありがとうございました」と言ったときには、かつて先輩が言っていたことを今、後輩の先輩として「言えている」 ことに、驚きました。

何より、学校の先生方が優しい。担任も、校長も(もちろんその他の顔見知りの先生方も)サテライト(適応指導教室)に笑顔で挨拶しに来てくれる。
 
何より、サテライト担当の先生が、一番好きです。
 
私のことをサポートしてくれたり、つまづいたときには

「励ます」のではなく、あえて「何もしてあげない」ことで、私がゆっくりと考える時間を与えてくれてることに、最近気づいたんです。

だから、サテライト担当さんと一緒に成長している感じです。

外への不安も、気になる店にいってみたり、気にならなくても、自分のためにいってみたり。
 
ここ最近続けてたら、そう多くの店に行ってないのに「慣れてきた感」が着実に身についてるんです。

ここから、自分に期待してみます。

自分のために、と、徐々に行動できていることも、本当に素晴らしいですね!

お母さまからもメールをいただいております。

山根さま

先月から子供が「しばらく大丈夫。」とのことで、カウンセリングを一時中断させていただいております。

様子を見ていましたが、今月もそのように言っていますので、あらためてご挨拶のメールを書かせていただきました。

おかげさまで、サテライト教室の人数が増えてからも、なんとか毎日登校することができています。

不安・緊張は相変わらずあり、教室を抜けて別室で休んだり、家で溜息をついたりすることも多いのですが、自分で気持ちに折り合いをつけることができるようになったと思います。

落ち込んだり、イライラしたり、ポジティブになったり、反省したり、いろいろな経験を繰り返しながら、イヤだけど今の生活を続けてみるという忍耐力が身についてきたように思います。

感情に打ち勝つほどの意志の強さが時折見られるようになったのは、やはり心身ともに成長してきているのだなぁ、と思います。

子どもには、またいつでも山根さんに相談できるから、その時は言ってね。と話していて、安心している様子です。

これからいろいろな出来事と直面していくと思いますので、またお世話になります時には、どうぞよろしくお願い致します。

・・・・・

山根さま

我が子の成長・改善について、それほどまでに喜んでくださっていること、私の方こそ感謝しております。

私は山根さんと子どもとのやりとりについては内容を知らないので、どのような変化がメールに表れていたのかはよく分からないのですが、

私自身が、山根さんとのやりとりの中で、本当に安心し、励まされました。

かんもくの子をもつ親の会にも何度が参加したことがありますが、同じ悩みを分かち合えてよかったと思うと同時に、その悲しみや心配も痛いほどよく分かり、ますます気が重くなってしまったこともありました。

おじいちゃんやおばあちゃん、ご主人、兄弟たちとの葛藤まで抱え込みながら、どのお母さんたちも家庭で、地域で、孤独にたたかっているようなところがありました。

そんな中で、山根さんからいろいろなアドバイスを受け「お母さんがそう思うとだんだんとそうなっていくもの。絶対に大丈夫だから!」といつも背中をバンッと押された気がしていました。

かんもくの時期を過ごされた山根さんならではの説得力、言葉の力があったと思います。

我が子の事例が緘黙や不登校で苦しんでおられる方々の励みになるのなら、どうかいろいろな場所や方法で紹介して伝えていただきたいと思います。

初めの頃の様子から書いていただいたり、中学生の事例として話していただいたりしてもかまいません。

まだまだ、転んでは立ち上がり、2、3歩あるいては転び、という感じですが、これからどう力強く前を向いて進んでいくか、楽しみに思えるようになり、私自身も強くなった気がしています。

かんもくの人には、素晴らしい特性があります。

かんもくさんには、芸術的才能、意志がとっても強い、実は目立ちたがり屋、受容性がある、人を引き付けるパワーや才能などなど、たくさんあると思うのです。

そこを存分に伸ばして、ゆくゆくパワー全開にしていけたらいいですよね。

やまね流心理分析的に言えば、場面かんもくでお母さんができることって、たくさんあります。

でも、一生懸命お子さんのために、とみなさましていますが、そこが「あれれれ?」となっている方も多いんです。

場面かんもくも、引きこもりの対処法と似てるところがありますが、どちらも「快適過ぎては改善が難しい」のです^^;

そんなこと言ったら、いったいどうしたらいいのよ、という悩める方のために【場面かんもくを理解し対象法を学ぶ講座】を開催します。

東京:秋葉原で開催 2月17日(水)

どこにいても受講:スカイプ開催 2月29日(月)

【場面かんもくを理解し対象法を学ぶ講座】



・かんもくさんは意外にもこんなことを考えてる

・かんもくの人の特性を理解していいところを伸ばす法

・ママ友や子供の友達からの困った質問撃退法

・夫や家族が理解をしてくれない場合は?

・依存心との付き合い方

・頑固・ゴーマン心とどう付き合うか

・やったらいいことの事例

・小さい事を大きくとらえすぎる習性

・自分ワールドをどうするか

・言ってはいけないことなんてない?

・疲れたら自分を甘やかし癒す方法

【開催日時と場所】

【秋葉原セミナールーム】

日時:2016年2月17日(水)10:30開始 14:30終了

場所:秋葉原セミナールーム



おいしいお弁当つき

【どこにお住まいでも受けられる:スカイプ開催】

日時:2016年2月29日(月)9:00開始 13:00終了

スカイプのグループ通話で、おうちに居ながら楽しくお話ししながら学べます。



一対一のカウンセリングの時はこんな感じですが、



講座はこんな感じで4人程度でおこないます。(前に開催したスカイプ講座の写真がないので、Skypeのサイトから写真お借りしました)

【講座代金】

2万5000円

かんもくの人は、4月という環境の変化がとってもいいことがおきやすい時期なんですね♪

その前に、どういうこころもちでいたらいいのかを、しっかり身につけましょうね^^

【満席】2月17日かんもく講座 秋葉原 キャンセル待ち受付中
 
【残席2】2月29日スカイプ講座 9:00~13:00 の受付はこちら
 
■不登校・引きこもり・場面かんもくのカウンセリング■
葛西・西葛西・船堀・南砂町・市川・浦安・さいたま・茨城・長野・栃木・大阪・岐阜・福岡からお越しいただいてます。スカイプは全国、海外対応中!

不登校・引きこもり専門カウンセラー・登校拒否・場面緘黙(かんもく)・起立性調節障害・社会不安障害・視線・対人恐怖・保健室・五月雨・別室・相談室登校
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)