のーてんきぶろぐ

綺麗な景色を探しに行ったり、ゆるーく楽しむぶろぐ in 京都。 自転車、カメラ、旅とか日々のことを書いてます。


テーマ:
この日は大阪の池田市へ。
まずは「Lucci」というイタリアンのお店でお昼ご飯を食べることに。

カウンターに置いてあったパスタの本が面白くて、いろいろ読んでたらパスタが到着。

IMG_4605-003

このパスタめっちゃおいしかった(^-^)
その後出てきた桃のアイスもめちゃおいしかったし、お店の雰囲気も良かった。


お次は、この日のお目当てだった「インスタントラーメン発明記念館」へ。

IMG_4611

ここは、チキンラーメンの発明についての展示とか、実際にラーメンを作る体験もできる施設。


入って一目散に、自分だけのカップヌードルを作れるマイカップヌードルファクトリーへ。

IMG_1997


カップヌードルのカップを受け取って、まずはカップの外側にお絵かき。

チキンラーメンのキャラクターのひよこちゃんをもとに書いてみた。

IMG_1999-001

IMG_1998-001


ちなみに、ほんまものはこんな感じ。

IMG_4658


気を取り直して、カップヌードルの中身を詰める工程へ。

麺を投入。

IMG_4618


次は、スープ1つと具材4つを選ぶ。

IMG_4621

スープはチリトマト、具材は蒸し鶏、エビ、ネギ、ひよこちゃんナルトにしてみた。


最後は包装の工程。120℃の熱風でピタッと密閉される。

IMG_4627


そして出来上がり。

IMG_4628-001

右が自分のもの。こっち向きやとかっこいい。
賞味期限が1か月ほどらしいから、それまでに食べてみよ。この組み合わせは絶対おいしいはず。


近くの壁には、世界のカップヌードルのパッケージが一面に並んでる。

IMG_4633

なかなか圧巻の光景。


次は、歴代に販売されたインスタントラーメンを確認できるインスタントラーメン・トンネル。

IMG_4643

IMG_4645


パッケージの移り変わりとか、味のバリエーションを確認できて面白い。

IMG_4648


どん兵衛ってけっこう昔からあったのか。どん兵衛の関西の出汁はほんまおいしい。

IMG_4650

他にも懐かしい商品が展示されてて、当時を思い出してちょっと興奮した。
GooTa(グータ)とかおいしかったなぁ。

閉館時間が迫ってきて、見逃したところもあるし、食べ逃したものもあるからまたいつか来よっと。


その後の予定は何も考えてなかったけど、ネットで見つけてくれた場所へ行ってみた。
それが「伊丹スカイパーク」。

ここは、伊丹空港の滑走路と並行して伸びる長さ1.2kmの細長い公園。
めっちゃ広い公園やからのびのびできるだけじゃなくて、子供が遊ぶ遊具とか噴水とかもある。
けど、何よりの魅力は、すぐ近くで飛行機がばんばん離着陸してるところ!

IMG_4665-001


見晴らし良く飛行機を眺められるし、轟音を体で感じることができる。

IMG_4690-001

なんで飛行機の離着陸はずっと見てても全然飽きひんのやろ。


大型機は迫力あるし、飛び立つときの優雅さというか美しさが好き。

IMG_2027-002


だんだん暗くなってきた。

IMG_2031-001

暗くなると公園の道が星空みたいに光り輝いてる綺麗な所もあって、雰囲気も良かった。

全然知らなかった場所やし、駐車場代以外にお金もかからへんけど、めっちゃ良い所やった(^-^)



晩御飯は「JUNK」というお店で土鍋煮込みハンバーグシチューを食べた。

IMG_4714

これもおいしかったー!大満足な一日やった。

おわり
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日々のこと」 の記事

テーマ:
買うかどうか真剣に悩んだ結果、ポイントがたまってるのを良いことに注文したものがやってきた。


東洋リビング 防湿庫 オートクリーンドライ 116L ブラック ED-120CATP(B)

IMG_4569

これはカメラやレンズを収納しておく保管庫で、防湿庫というもの。
中の湿度を常に一定に保つ機能のおかげで、梅雨時でもレンズへのカビ発生を防げる。

とはいえ、この防湿庫も普通に買えばかなりええお値段のするもの。
ついにここまで手を出してしまった…。


目次


1. これまでの保管方法の問題



一眼レフを買ってからこれまで4年間は、ドライボックスという大きな密閉容器に乾燥剤やカビ防止剤を入れ、その中でカメラ・レンズを保管してきた。

IMG_1842

カメラ用の乾燥剤(キングドライ乾燥剤)を使えば乾燥しすぎることもなく、カメラに最適な40%前後の湿度を保ってくれる。(乾燥しすぎても特殊なカビが発生するらしい)
ドライボックスと乾燥剤・カビ防止剤のおかげで、これまでもカビ対策はしっかりできてたと思う。


けど、この方法には2つ面倒なことがある。

1つ目は、乾燥剤・カビ防止剤を定期的に交換する必要があること。

IMG_1834

乾燥剤もカビ防止剤も消耗品やから、限界を迎えるたびに新たな物を購入して交換しなあかんのが地味に面倒臭い。


2つ目は、機材が増えてくると機材の出し入れに手間取ること。

DSC_0107

限られたスペースに積み重ねてレンズを収納してると、どうしても下の方にあるカメラ・レンズを取り出すのが面倒臭くなる。しかも、精密機器のレンズを重ねて収納するというのもあまり良くないはず。
ドライボックス内に仕切りを付けることも考えたけど、いざ仕切りを入れてみると収納できなかった。



2. 防湿庫は必要?



防湿庫があると間違いなく便利ではある。

まず、電子ドライユニットという耐久性がある自動除湿器のおかげで、放っておいても勝手に湿度を一定に保ってくれる。

IMG_1906

防カビ効果のある光触媒機能もついてるから、乾燥剤もカビ防止剤も必要ない。
消耗品を交換する手間がないから、ただただ放置しておけばいい。


そのうえ、棚があって綺麗に整理できるから機材を重ねて収納する必要がない。

IMG_1908

引き出し式の棚は奥の方に入れた機材を取り出すのも簡単。

防湿庫を買えば、こういった便利さを手にすることができる。


とはいえ、消耗品交換の手間や機材取り出しの手間が省けるというのは、防湿庫があれば便利、という話。ドライボックス・乾燥剤・カビ防止剤のセットがあればカビ対策としては十分で、はっきり言えば、カビ対策だけが目的なら必ずしも防湿庫までは必要ない。

(ちなみに、下の写真は容量15Lのドライボックスと容量116Lの防湿庫を並べたもの)

IMG_4571

あくまで手間や面倒を解消するためだけに、かなり高い値段を払って防湿庫を買うべきか。
これが購入をためらう一番の理由やった。


あれこれ考えた結果、防湿庫を買うと決めた理由は以下の3点。

①ポイントがたまってて、使用期限が迫ってた
 (ポイントの利用方法としてカメラを買うことも考えたけど目ぼしいものがなかった)
②ドライボックスといういわばタッパーより見た目が断然かっこいい
③故障が少なく、故障してもメーカーの対応が丁寧そう
 (20年以上故障なく使えることもあるみたいで、長く使えそう)


ちなみに、防湿庫メーカーの二大大手である「東洋リビング」と「トーリ・ハン」以外なら安い防湿庫を販売してるところもある。けど、除湿方法が違うせいで、耐久性が低くあまり長くは使えなさそうやったり電気代が10倍(?)くらいになりそう。カビを抑制する光触媒機能もない。
どっちみち長く使う物なら良い物を買いたいし、二大メーカーのどちらかにすることに。


さらにちなみに、トーリ・ハンでなく東洋リビング製品を選んだ理由は以下3点。
①棚の色・質感が好み
②棚が引き出せる → 奥の物も取り出しやすそう
③ライトによる光触媒機能が長く使えそう → トーリ・ハンは棚への塗布



3. サイズ選びの問題



やっとこさ購入を決心して、さらにちょっと頭を悩ませたのがサイズの問題。

防湿庫を買ってからも機材が増えることを考えれば、一般論として、必要なサイズのワンサイズ上を購入しておくべきらしい。



サイズの差の割には値段差が少なくて大きいサイズの方がお得やし、設置する際に占める床面積は同じで違うのは高さだけ。そんなわけで、大きいサイズを選びやすい。


自分の場合、容量116L、137Lのどちらかで悩み、結局は116Lの方を選んだ。
大きい方が良いんやろけど、137L以上は扉が2つ付いてて、ガラス一枚板の116Lの方がかっこよく感じたから。それと、今後増える機材を考えても116Lで納まりそうやし、もし納まらなければあまり使わないレンズを今持ってるドライボックスに入れておけばいいかなと考えた。



4. やってきた防湿庫



付属品を挙げてみると、
・棚板×4
・棚板に敷くクッション用の平たいスポンジ×4
・棚板に敷くクッション用の波型レンズホルダ(4連)×1

それと、下の写真に写ってる
・取扱説明書
・LEDバーライト×1
・LEDバーライトのコード取り回し用フック×2
・鍵×2

IMG_1902


LEDバーライトを設置して点灯するとこんな感じ。

IMG_4582

庫内の壁のどこにでも、マグネットでライトを取り付けできる。


扉には標準でアナログの湿度計が付属。
ただ、後述するようにデジタルの湿度計に交換することもできる。

IMG_1907


防湿庫の背面。

IMG_1910


下の写真左から
・防湿庫自体の電源プラグ(黒オス)
・防湿庫の上で充電したり、庫内コンセント用電源プラグを接続するためのコンセント(黒メス)
・庫内にある2口コンセント用の電源プラグ(白オス)

IMG_1914
(コンセントを写真に写すためにテープを貼っただけで、標準でこんな汚いわけじゃない)

2口以上の電源タップを黒メスのコンセントに取り付ければ、防湿庫の上でカメラの電池を充電しつつ、防湿庫内のLEDバーライトを点灯させたりすることもできる。


到着して最初は半日~一日の間、まず試運転が必要。はじめは特に、庫内の湿度が全然下がらなくてちょっと焦った。その日が特に湿度の高い日やったのもあるかもしれんけど、夜に稼働して一晩おいても50%以上の湿度やった。

ただ、試運転を過ぎるとしっかり湿度が下がってくれてるし安心した。



5. オプション品と一工夫



オプション品一つ目は、デジタル湿度計。

東洋リビング 防湿庫オプション デジタル温湿度計 ブラック OP-AD-HD-BK

IMG_1917-001

デジタルの方が見易そうなのと、キャンペーンで安かったから自分はデジタル湿度計を別途購入した。


オプション品二つ目は、レンズを置く部分の隔が広めのレンズホルダ。

東洋リビング 防湿庫オプション 波形レンズホルダー L 3連 OP-AD-LH(L)3

IMG_1880

標準で付属するレンズホルダが4列なのに対してこれは3列で、1列ごとの幅が広め。
直径が太めのレンズの場合は、3列のこのレンズホルダを使った方が良さそう。これもキャンペーンで安かったからこの機会に買っておいた。


次はオプション品ではないけど、2つ目のLEDバーライト。

IMG_1931

非売品やから詳しくは書かないけど、下のページを見てから入手した。
 → ED-120CATP(B)(機種対応オプション)|


設置。両側から照らしてくれる方がなんか落ち着く。

IMG_4602


最後は、ちょっとした一工夫。

本来、庫内に設置したLEDバーライトの電源ON/OFFの切り替えは、防湿庫の扉を開けてバーライトに付属したスイッチで行う必要がある。ただ、わざわざ防湿庫の扉を開けなくてもライトの電源をON/OFFできるよう、コンセントを節電タップに接続してみた。

IMG_1940

後は節電タップのスイッチを押すことで庫内LEDライトのON/OFF切り替えが可能。(前提としてLEDバーライトに付属のスイッチはONの状態にしておく必要がある)

ちょっと丁寧めに書いておくと、LEDバーライトの電源プラグを庫内コンセントに接続、庫内コンセントの電源プラグを節電タップに接続という流れ。やってることは電源ONのままコンセント抜いてるようなもんやから、ライトにはあんまり良くないのかな…。その辺詳しくないからよく分からへんけど、とりあえず問題はない。


これでおわり。
また書きたいことがあったらここに追記していこう。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近100均のダイソーで見つけて、思わず買ってしまったのがこのパーツトレー。

ステンレスマグネット付皿

IMG_1803


自転車の整備をするとき、取り外したパーツを入れておくためのトレー。

IMG_1810

今まで整備してきたときは、取り外したパーツを地面とかタオルの上に転がしてた。
けど、ネジなどの小さい物は特に無くしそうで、トレーがあれば良いなと前々から思ってた。


市販のパーツトレーは1000円くらいする中、これはもちろん100円ほど。
しかも、裏についてるマグネットのおかげでネジなどが不意に飛んでいかないようになってる。

IMG_1813

マグネットでしっかりくっつくから、トレーを逆さにしてもネジが落ちない。


それと、自転車用品コーナーではない場所で発見したのがこれ。

ステンレス角型バット 少し深型(中)

IMG_1823

バットやから本来料理に使うためのもの。


けど、こんな風に大き目のパーツを乗せておくことができる。

IMG_1825

このバットにクリーナーを注いでおいて、チェーンのクリーニングなんかもできる。

うん、良い買い物ができた(^-^)


おわり
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。