のーてんきぶろぐ

綺麗な景色を探しに行ったり、ゆるーく楽しむぶろぐ in 京都。 自転車、カメラ、旅とか日々のことを書いてます。


テーマ:

チェーンは今まで2回ほど交換したけど、駆動部の歯車などは摩耗したまま放置しっぱなしやった。

自転車を全部分解して清掃する、オーバーホールという作業も今まで一度もしてこなかったから、自転車購入6年目にして初めて駆動系を分解・清掃・交換してみた。(駆動系以外は部分的にばらしたりしたこともある)

ちなみに、この駆動系の以下のパーツをまとめてドライブトレインと呼ぶみたい。
・チェーン
・クランク(ペダルと繋がって回転する棒)
・チェーンリング(前の歯車、クランクに取り付け)
・スプロケット(後ろの歯車、後輪車軸に取り付け)

IMG_1322

今回の作業はまず駆動部の色々な物を取り外し、綺麗にしてグリスアップ。
同時に、前後の歯車(チェーンリングとスプロケット)、チェーンを交換する。


目次
1. チェーン取り外し
2. クランク取り外し
3. BB取り外し
4. スプロケット交換
5. チェーンリング交換
6. チェーン交換



1. チェーン取り外し



まずは針金ハンガーで作ったチェーンフックでチェーンをたるませておく。

IMG_1323

本来はここでチェーンを切断するためにチェーンカッターと呼ばれる工具を使う。


ただ自分の場合はミッシングリンクを使ってるから、こんな工具を使う。
PWT ミッシングリンク マスターリンクツール MLT335

IMG_9991


ミッシングリンクの部分を挟み込んで外す。

IMG_1324


あとはチェーンを引き抜けば取り外し完了。

IMG_1306





2. クランク取り外し



次はクランク、つまりペダルと繋がって回転する棒を取り外す。
先に取り外したクランクを載せておくと、こんな感じ↓

IMG_1316


取り外しは工具を使えば意外と簡単。
PARKTOOL(パークツール) ボトムブラケットツール シマノ"HOLLOWTECHII"用 BBT-9

IMG_1280


見るからに何かを回せそうな大きい側ではなく、黒く小さい側を使う。

IMG_1331

ちなみに、SHIMANO製品なら、TL-FC16で代わりがきく。


歯車のついてない側(左側)のクランクにある黒いフタに、

IMG_1325


工具の黒い部分をはめ込んで、反時計回りに回すとキャップが取れる。

IMG_1326

ちなみに、書いてる方法はSHIMANOのホローテックと呼ばれるタイプに限る。違う形のクランクであれば、コッタレスクランク抜きだとかそういうものが必要になるはず。


あとは、5mmのアーレンキーでネジを緩める。(下側にもネジあり)

IMG_1328

絞められたネジの先にあるクランクの切れ目にツメが挟まっていれば、爪楊枝などでこれを持ち上げておく。
そうすれば、左右クランクが外せる。もし右クランクが取り外しにくければ、プラスチックかゴムのハンマーで反対側から叩くと簡単に取り外せる。




3. BB取り外し



左右のクランクが回転する軸部分にあるパーツがボトムブラケット、通称BBと呼ばれるパーツ。
今回はこれも取り外して綺麗にしておく。

IMG_1315

このBBに設けられた溝に、さっきも出てきた工具の今度は大きい側をはめ込む。

これ↓
IMG_1280
ちなみにSHIMANOの工具で言えば、TL-FC36


注意が必要なのは、BBは左右でねじの向きが違うこと。
自転車にまたがり進行方向を向いた状態で、車体の左側のBBのネジは正ネジ(よくあるタイプのネジと同じ向き)なのに対し、右側のBBのネジは逆ネジになってる。

左:正ネジ=絞めるときは時計回り、緩めるときは反時計回りに回す。
右:逆ネジ=絞めるときは反時計回り、緩めるときは時計回りに回す。


このBBのネジがめっちゃめちゃ固くてなかなか回せへんかった。BBにセットした工具の端に座るような感じで体重をかけてようやく回りだした。ここまで固く締まってたのが正解やったのかはよく分からん。

とりあえずBBを外すと、フレームの内側が見える。

IMG_1318

黄土色でサビみたいな色が出てたから、放っておいたらサビが進行してやばかったかも。汚れを取ったあと、RESPOの防錆スプレーを振りまいておいた。
あとは、ネジの固着防止や水の侵入防止のため各部にグリスを塗りたくってから、これまでと反対の手順でBBを取り付けた。




4. スプロケット交換



お次は、後輪についてる歯車(スプロケット)の交換。今回一番したかった作業がこれ。

IMG_1307

まずはもともと付いてた、きったないスプロケットを取り外す。


使う工具はこれ。
PWT フリーホイールリムーバー/フリーホイールチューナーセット FWRSET

IMG_1177-001

左:フリーホイールチューナー(スプロケット戻し工具)、SHIMANOでいえばTL-SR23
右:フリーホイールリムーバー(ロックリング締付け工具)、SHIMANOでいえばTL-LR15


スプロケットを取り外す時には、このどちらの工具も必要。

IMG_1338

チェーンのついた工具(上)は時計回りに、もう片方の工具(下)は反時計回りに回す。
けっこう固いけど、力を入れると回り始める。


チェーン部分のかけ方はこんな感じ。なるべく大きいほうの歯車に合わせてかける。

IMG_1340
(古いスプロケットは汚すぎたから、写真は新しいスプロケットで後から撮ったもの)


そしてスプロケットを取り外し、ある程度きれいに拭いておく。

IMG_1311

ちなみに、自分の使ってるホイール(SHIMANO WH-RS21)は11速にも対応してるため、9速のスプロケットを使う際にはスペーサーが必要。写真真ん中あたりのスペーサーをなくさないようにしておく。


次に取り付ける新しいスプロケットはこれ。
SHIMANO CS-HG50-9(9S) スプロケット 12-25T [ICSHG509225]

IMG_1206


そして取り付け。
取り付ける時にはチェーンのついた工具は必要なく、もう片方の工具で時計回りに締めるだけ。

IMG_1312

めっちゃ綺麗になった。


(交換の経緯)

ペダルを踏み込むと、普通はペダルとつながった前の歯車が回転してチェーンがニューっとゆっくり回り始める。けど近頃は、ペダルを踏みこんだ瞬間にガッと音が鳴って、一瞬抵抗なくペダルが空回りすることがあった。
これは本来しっかり噛み合ってるべきチェーンと歯車の歯とが、その噛み合いから一瞬すっぽ抜けてしまう歯飛びという現象のせい。

この歯飛びは後ろの歯車(スプロケット)の5個目を使ってるときだけ発生してたから、たぶんスプロケット5速目の歯だけが摩耗してることが原因。そう分かってはいたものの、5速目を避けて他の歯を使えば走行に支障がなく1年以上この状態を放置してた。ただあえて5速目を避けて使うのが面倒くさくなってきたためようやく交換。





5. チェーンリング交換



スプロケットの交換に合わせて、前の歯車(チェーンリング)の一番よく使うものを一緒に交換することに。

IMG_1313

大中小3つの歯車があるうち、真ん中の歯車だけを交換したくて5つあるネジを外す。
ここは5mmのアーレンキーだけで外せた。


ネジを外せたのは良いものの…

IMG_1314

自転車に付けたままでは一番大きい歯車以外を取り外すことはできない。
そんなわけで、前の項目で書いたクランクの取り外しをまず先にした。


クランクを取り外して、新しく取り付けるチェーンリングはこれ。
SHIMANO FC-5703-S スパイク付チェーンリング 39T-D(シルバー) [Y1M498010]

IMG_1245

元々自転車についてたチェーンリングと同じ製品(FC-4503 39T Y1H798020)はもう生産完了してるのか、現状手に入れることはできない。
けどたぶん、下にも書くように、PCD130mmでクランクへの取り付け穴が5個あって39Tのものを選べば一応取り付けができるはず…という思惑のもとこれを買ってみた。


それと、チェーンリングの取り付けにはこんな工具が必要やった。
SHIMANO(シマノ) TL-FC21 [Y13009700] ペグスパナ

IMG_1226

5mmのアーレンキーでネジを回しつつ、ペグスパナで反対側から押さえれば取り付け完了。

メーカーが特に互換性を保証してるチェーンリングではないし、取り付けられるかちょっと不安やっただけに全く問題なく取り付けできて安心した。


ばらしたついでに普段拭けへん所まで拭けたからだいぶ綺麗になった。

IMG_1337

IMG_1333


(チェーンリングの互換性について)

チェーンリングなどの製品ではPCDというものが表示されてる。このPCDとは、クランクの回転軸(回転の中心点)からチェーンリング取り付け穴までを半径とする円の直径のこと。
Lupoの元々のクランクはノーマルクランクと呼ばれるものでPCDは130mm。これに対してコンパクトクランクと呼ばれるのはPCD110mm。

PCD130mmのクランクは110mmのクランクと比べて半径が長い分、チェーンリングの半径もこれに伴って長くなり、大きな歯数のチェーンリングしか取り付けることができない。具体的には、コンパクトクランクなら50-34以上の歯数が基本となるところ、ノーマルクランクなら52-39以上の歯数が基本となるみたい。

とりあえず交換用のチェーンリングを探す場合は、取り付け穴が5個あってPCD130mmのものから選べば一応取り付けができるんじゃないかなと思う。ちなみにフロント3速用のインナー(小さい歯車)はPCD74mm。





6. チェーン交換



最後にチェーンの取り付け。

SHIMANO CN-HG53 チェーン 9段対応 118L [ICNHG53118IG]

IMG_1249


もともと使ってたチェーンのコマの数を調べてから、同じ数になるように新しいチェーンを切断。
それから、ミッシングリンクを使ってチェーンを取り付け。

IMG_1322

以上でおわり。

分解するのは簡単やけど、掃除がなかなか面倒くさかったかな。
交換時点での総走行距離は9827km。
AD
いいね!(10)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
自転車のハンドルを支えるステムというパーツ。
そのパーツの中のトップキャップと言われる一部だけがめちゃめちゃ汚くなってた。

IMG_1166

他の部分はアルミの綺麗な銀色やのに、ここだけなんでか分からんけどえらい汚い。
色が違って統一感ないのが気になってたから、機能的にはなんも変わらんけど交換することに。


GIZA PRODUCTS TK-001S トップキャップ シルバー(HDA01301)

IMG_1167

トップキャップの他の候補としてはチタン製の2000円くらいの物も気にはなった。
けど値段高いし、またすぐ汚れてしまうかもしれんから、とりあえずその4分の1の値段のものを選択。


取り付けてみた。

IMG_1168

うん。だいぶ綺麗になったしすっきり。
もうちょっとすればまた自転車で出かけられる時間がとれるかな。

おわり
AD
いいね!(22)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
1か月前のことやけど、京都市動物園に行ってきた。

書くと長くなりそうやからまた後で書き足すとして、とりあえず写真だけ。

IMG_1078

IMG_1085

IMG_1098

IMG_1093

IMG_1119

IMG_1133

IMG_1158

AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。