1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-30 01:15:54

六甲の先生

テーマ:個人店

今、どうしてるんでしょうねぇ。。。


休日はいつもお世話になっていただけに、このところ休みの日が締まらないんだよなぁ。



某掲示板などでは、復活なんて書かれてるけど、どうもガセっぽいですよね?


どなたか消息ご存じないですか??

PR
2013-07-18 01:41:15

大阪北東部

テーマ:個人店

市外のお店に久々に。


おしゃべり好きな熟女です。

まずはうつ伏せ。

あれ?こんなだったかなぁ。けっこうキワ。。。というか、先っちょをかすめていきます。

で、付け根、お尻。。。

いいですねぇ。

下半身重点。

タオルもあってないようなもん(^_^;)


で、仰向けにチェンジ。

タオルを払われて、熟嬢の見ている前で、半起ちのジュニアをさらしながらにひひ


カエル足でソケイ部をしっかり流してもらって。

片足ずつ。

そして、おなか。


いやぁ。なかなか感じさせられます。


もうちょっと安かったら、しょっちゅう来るんだけどね。。。

PR
2012-09-03 22:49:50

またも、熟個人店閉店。。。

テーマ:個人店

かつて、まだ男性も受けられるオイルマッサージ店が少なかった頃。


男性が受けられる個人店!というのはとっても貴重な存在でした。


と、同時に。数少ないそんなお店は、われわれ愛好者の間に、口コミでその存在を知られるようになりました。

そして、在りし日の満蘭などでは、伏せ字やいくつかのキーワードを元に、半ば非公然で、施術の感想を交流したものでした。


東三国のお店の閉店、中百舌鳥のお店のフェードアウト、布施のお店の休業。。。

いずれも、いろんな意味でずいぶんとお世話になり、思い入れのあるお店の消滅でした。



ボクがもっとも愛した熟個人店。

北浜のGNがついに閉店となりました。

超熟(失礼(^_^;))ながら、かわいらしく、美しく、優しいセラピは、ボクの理想の熟女でした。。。


男性狙いでなく、それでいて微妙に伸びそうで伸びない手指。


ボクは彼女の指のトリコになり、何度も何度も足を運んだものでした。


最近、数年ぶりに再訪し、変わらぬ手技にリピートを誓ったばかりだったのに。。。

PR
2012-05-15 23:34:22

伝説の

テーマ:個人店

思えば、ボクのエステライフはここから始まったんじゃなかろうか!?


そう、東三国の。。。



あのお店が、ついに伝説になってしまった。


そう、お店、閉めちゃってたんですね。



60分5000円の格安でのスタート。


全裸タオル掛け。時々、竿の先に当たっては「すみません。。。」という刺激的なタッチ。



何度も、何度も通って。


いつのまにか、バスタオルから小さなタオルに。


そして、タオルも。。。



初期の頃のような手技は楽しめなくなって、でも替わりに。。。


全部を包み込んで呑み込んでしまう彼女の。。。



ボクはいつもあっという間に。。。



そんなあれこれも、すべては伝説という名の永遠の思い出に。


さようなら、伝説の東三国。

2012-05-13 01:01:02

再開

テーマ:個人店
2010-07-08 03:07:07

戻ってきました

テーマ:個人店
2010-01-23 21:15:16

この記事は表示できません

テーマ:個人店
2009-10-07 10:46:00

昨日の記事の。。。

テーマ:個人店

昨日書いた、個人店。

いくつかコメントやメッセもいただきましたが、もうちょっと扱いについては保留させてくださいm(_ _ )m

撤退するつもりなら、いくらでもオープンにできるんですけどね。


全然、ネットでもオープンになってないお店だし。

紹介するとなると、セラピの意向も聞いて、了承もらわないと。


となると、ある程度信頼のおけるブロガーさんでないと、となるし。


次に行ったときに、セラピに聞いてみますので、この件は、もうしばらくご猶予ください。

今のとこは、問い合わせいただいても、すぐにはお教えできませんので。


(あ!、それ以外のとこは、全然OKですよ。もともとは、店名完全オープンでやる気だったので。諸般の事情により、一部伏せてるとこもありますけど、気になるお店があれば、お問い合わせください)

2009-10-06 08:20:05

お気に入りの個人店

テーマ:個人店

家から近い、お気に入りの個人店。


まだ比較的新しいお店で、30代前半と思しき細身の美人セラピがワンルームマンションで一人でやってます。

最初は紙パンツだったのですが、お願いしてノーパンゲット。

その後、少しずつですがキワ度もアップ。

おなかの施術時には、竿先を何度も指が掠めていってくれます。

男心には少し理解もあるようです。

ただ、ロシツしても、すぐにタオルを戻されてしまうし、自分で触ることも許してはくれません。

かといって、そんなことをしたからといって、施術がトーンダウンしてしまうわけでも、対応が変わってしまうこともありません。


なんとも判断の難しいお店。

ある程度割り切って、サービスしてくれている。。。って感じでしょうかね。


ただ、このお店、はやってないようです。

HPはあるのですが、各種のサイトにも登録はなく。

先日も、休みの日だというのに、前日予約ですんなりOK。

その日、チラッとスケジュールを覗き見たら、土曜日は1人、日曜日は2人だけのお客でした。


一番お気に入りのお店なので、ネットで口外はしたくないし、

かといって、店をたたむようなことになったら困るし。


紹介で、お客が増えたら、施術がパワーアップしたりするのかな、なんて思ったり。


逆に変態が押しよせて、迷惑がられたら困るしな。


悩ましい。。。

2009-07-22 20:00:11

ゴールは。。。

テーマ:個人店

このお店のゴールはいったいどこなんでしょうか。


もう今では、90%くらいS感マッサと化した感もあります。

うつぶせではほとんどがお尻と股間への刺激です。

こちらも遠慮なく腰を浮かせます。

さすがに四つん這いにはなっていませんが、そのうちそうなっちゃうんでしょうかね。

僕があまりバックスタイルは得意じゃないので、そこまでしていませんが、今の先生は、四つん這いくらいものともしなさそうです(^_^;)

仰向けでは、申し訳程度首を触られたりもするのですが、それが終わると、急転回です。

以前なら、足の指先からスーッとあがってきていた先生の指なのですが、今はいきなり股間です(^_^;)

しかも、いきなり遠慮なく裾から入ってきた手は、竿を右へ左へ薙ぎ倒しながら、行ったり来たり。

そこは足じゃありません!

こうなれば、こちらも遠慮はしていられません。

思い切り腰を浮かせ、喘ぎながら先生の手の動きに逆らうように、腰を左右にグラインド。

以前は、足の施術から一呼吸あって、おなかの施術だったのですが、足元からそのまま右側に回り込んできておなかに。

おなかというよりも、完全に中華で言う前立腺、膀胱、です。

もともと履いている意味もないような透けパンも、邪魔になっちゃうので手の届く限りずり下げます。

先生の手は、根元の左右から、さらにタマの下へと入り込んできます。そして、ぶるぶると硬さを確かめるかのように竿を揺らします。

僕は、思い切り腰を浮かせ、先生に届けと竿を突き出します。

「先生。M先生。あぁ気持ちいい」

上腕部で思い切り竿の先を嬲ってくれる先生。

「あぁ、先生。イッちゃう。イッちゃう」

「M先生!」

先生の名を呼びながら、迸ります。

すると、先生はあれだけ集中攻撃していた股間からさっさと離れ、足元へ。

「身体をラクにしていてくださいね」と何事もなかったかのように、足の指先にマッサージを。

僕は目隠しをしたまま、クチャクチャと音を立てて、剥き出しのままで最後の一滴までしぼりあげます。

「では、今日はここまでで」

先生はさっとカーテンを引いて出て行かれます。


いったいどこまで進化していくのでしょうか。。。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>